医療・医薬・福祉 企業向けシステム・通信・機器

メディカルケアステーション(MCS)、聖マリアンナ医科大学病院とともに「新型コロナウイルス感染症後外来に通院する患者見守りICT」を提供開始

エンブレース株式会社
~ 感染後の不調・不安を抱える患者さんを見守る 「しんしんあんしんアプリ」~

聖マリアンナ医科大学病院(所在地:神奈川県川崎市宮前区菅生2-16-1、病院長:大坪 毅人)と、エンブレース株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:伊藤 忍)は、エンブレースが提供する医療介護連携SNS「メディカルケアステーション(MCS)」を活用して、通院間の心身の症状変化を記録でき、必要に応じて医療者に共有できる見守りの仕組み『しんしんあんしんアプリ』を共同企画・開発し、2021年5月中旬より同院の新型コロナウイルス感染症後外来に通院する患者さんへの提供を開始しましたので、お知らせいたします。


『しんしんあんしんアプリ』イメージ


新型コロナウイルス感染症は、国内の陽性者数が70万人※を超えるなど、全国で予断を許さない状況が続いています。聖マリアンナ医科大学病院では、2021年1月より、新型コロナウイルス感染症診断後も症状が持続する方のための専門外来「新型コロナウイルス感染症後外来」を設置し、症状に応じた評価や、各専門医との連携、心のケアや漢方の治療を含めた対応を行っていますが、限られた医療資源のなかで、患者さん一人ひとりに安心して治療を続けてもらうための新たな方法として、エンブレースとともに『しんしんあんしんアプリ』を企画・開発しました。

『しんしんあんしんアプリ』は、新型コロナウイルス感染症後の代表的かつ日々変化する体調や症状を、患者さん自身が日々かんたんに記録でき、必要に応じて通院している医療機関のスタッフに共有できる仕組みです。患者さんが本仕組みを利用することで、医療機関のスタッフは、通院間でも距離の制約なく、非同期で効率的な見守りを行うことが可能になります。本仕組みは、患者さんの症状や体調など機微な個人情報を扱うため、医療介護連携SNSとして約14万人以上の医療介護従事者の利用実績のある「メディカルケアステーション(MCS)」を利用し、セキュリティ面に配慮した取組みとして実施しています。

今後も、聖マリアンナ医科大学病院とエンブレースは、本取組みを通じて、新型コロナウイルスの後遺症に悩む患者さんへの安心と、日々新型コロナウイルス感染症対策に対応している医療機関・医療従事者の業務負荷の軽減の両立を目指して参ります。また、医療機関・医療者の業務負荷と、いまだ前例の少ない感染症に罹患した患者の心身のケア・見守りは全国共通の課題であるという考えから、同院の利用を皮切りに、ご利用を希望する全国の医療機関に、エンブレースより無料で提供して参ります。

※令和3年5月24日時点

▼聖マリアンナ医科大学 総合診療内科 土田知也医師 のコメント


「新型コロナウイルス感染後に、様々な症状を呈するいわゆる後遺症は、感染者の7割、軽症者でも3割に及ぶという調査報告がなされました。これからは急性期のみならず、後遺症で悩む患者さんへの対応が必要です。後遺症には、倦怠感や呼吸困難感、咳や味覚嗅覚障害、脱毛、記憶力の低下などといった症状がありますが、その原因や治療法についてはまだよくわかっておらず、医療機関における対応も困難かと思われます。

聖マリアンナ医科大学病院では総合診療内科を中心として新型コロナウイルス感染症後外来を2021年1月18日から開始し、5月21日現在、全国から約120名の患者が来院されております。基本的には当科で対応いたしますが、症状に応じて各専門診療科へ依頼を行います。味覚嗅覚障害が強い場合には耳鼻咽喉科、肺障害があるようであれば呼吸器内科、精神的なサポートが必要な場合には専門看護師や精神神経科と連携しております。また、金銭面などの社会的な不安が大きい場合には、ソーシャルワーカーも介入いたします。

MCSと連携して作成した『しんしんあんしん』アプリを用いて患者さんの家庭内の状況を適時ご連絡頂くことで、コロナ後遺症の全容をみることができ、その後の治療にも役立っております。今後も各診療科と連携し、知見を深めて情報を発信していきたいと思います。」

▼法人概要
設立主体: 学校法人 聖マリアンナ医科大学
名称  : 聖マリアンナ医科大学病院
病院長 : 大坪 毅人
所在地 : 神奈川県川崎市宮前区菅生2-16-1
URL  : https://www.marianna-u.ac.jp/hospital/


▼『しんしんあんしんアプリ』とは
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)診断後も症状がつづく患者さんのための、通院間の体調や気になる症状を記録できます。本アプリはMCSで利用できる追加機能です。



※本アプリは非医療機器プログラムであり、本アプリのみで診断・治療を行うものではありません

【ご利用方法】
MCSならびに「しんしんあんしんアプリ」は、希望する医療機関に無料で提供しています。
患者さんは、通院されている医療機関のご案内により、ご利用開始いただける仕組みとなっています。

ご利用を希望される医療機関の方は、エンブレース株式会社までお問合せください。
▶お問合せフォーム:https://www.medical-care.net/html/contact/

▼医療介護連携SNS「メディカルケアステーション(MCS)」について
MCSは、エンブレースが提供している非公開型 医療介護連携SNSです。病院、クリニック、薬局、介護施設などで働く医療介護従事者の多職種連携や患者・家族とのコミュニケーションツールとして、全国14万人以上の医療介護従事者にご利用いただいております。導入から運用までトータルでサポートしていますので、安心してご利用いただけます。
・MCSのご紹介:https://www.medical-care.net/html/
・活用事例のご紹介: https://post.medicalcare-station.com

MCSの画面イメージ

▼エンブレース株式会社 概要
会社名:エンブレース株式会社
所在地:東京都千代田区有楽町2-7-1 有楽町イトシア12F
設立:2001年11月6日
代表取締役社長:伊藤 忍
事業内容:ソーシャル医療介護プラットフォーム事業、医療介護ケアアプリ、サービスの提供支援
URL: https://www.embrace.co.jp
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)