医療・医薬・福祉 ネットサービス・アプリ

登校前に子どもの体温・体調・出欠席報告ができるリーバー、プール問診の導入受付を開始

株式会社リーバー
同アプリ内で、児童の体温管理とプール問診が可能に。

株式会社リーバー(茨城県つくば市、代表取締役:伊藤俊一郎)は、医療相談アプリ「リーバー」を利用した体温・体調管理機能「LEBER for School」(リーバー・フォー・スクール)に、「プール問診機能」を追加しました。毎朝、アプリで体温・体調を学校に送信する際に、出欠席の連絡とプール授業への参加有無を連絡することができます。


LEBER for School は、体温・体調の記録と「出席」「欠席」の通知機能を学校への報告セットにしています。入力された体温・体調情報・出欠席を自動的に学校側に送信する既存のシステムに、新たに「プール問診、参加可否連絡」の通知機能を追加しました。スマートフォン用アプリ「リーバー」のバージョンアップ(無料)により新機能を利用できます。

■プール問診通知機能追加の背景
警察庁生活安全局生活安全企画課の調査によると、令和2年の水難事故発生件数は504件で、前年対比 +43件と増加しています。また、2020年の水難者616人を年齢層別にみると、子どもは101人(16.4%)であることがわかりました。(*1)水難の背景として、新型コロナウイルス感染拡大の影響により本来であれば実施される「プール授業」があいついで休止したことが影響していると言われています。
これらの影響を受け多くの教育機関では、感染予防を配慮し子どもたちに「プール授業を開始したい」という声が挙がっています。弊社はこれまで、体温・体調管理に加え学校への「出欠席連絡通知機能」を追加し、校内クラスター感染を防ぐ支援を行ってきました。これまでの知見を活かし2021年6月10日(木)より各教育機関より、プール問診機能の受付を開始いたします。
(*1)警察庁生活安全局生活安全企画課:令和2年夏期における水難の概況




■毎日の体調・体温管理と出欠席に加え「プール授業の参加連絡を一括管理」で教職員の負担を軽減
LEBER for Schoolの利用にあたっては学校側と弊社が利用契約を結び、生徒側(保護者側)は医療相談アプリ・リーバーを通じて登録、学校側(管理者側)は専用の管理システムを利用します。料金は1名11円/月となっており、手頃なコストで生徒の健康管理に貢献し、同時に教職員の集計の手間を大幅に省くことが可能です。教職員が健康観察票など紙で集計する手間を大幅に省くことが可能で、学校全体の体温・体調の状況をグラフなどで確認できると同時に、欠席者の把握、プール授業への参加有無の管理が一括で対応できます。

<申し込み連絡先>
電話番号:029-896-6263
FAX番号:029-307-8363

■株式会社リーバーについて
株式会社リーバー(旧社名AGREE)は2017年2月に遠隔医療相談サービスを行う目的にて創立されました。
私達は「いつでも。どこでも。誰にでも。」を信念を掲げ、すべての人々に適切な医療が行き渡るよう努めています。




〈会社概要〉
会社名:株式会社リーバー
所在地:茨城県つくば市高野1155-2
代表者:伊藤俊一郎
設立:2017年2月
URL:https://www.leber.jp
事業内容:アプリの企画・開発・運営
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)