出版・アート・カルチャー 医療・医薬・福祉

子どもの素朴な疑問に答える母親との会話を描きながら、献血の大切さを伝えるオリジナル絵本『けんけつの はなし』を学研プラスが発行。全国の小学校・図書館・児童館や幼稚園・保育園などに寄贈いたしました。

株式会社 学研ホールディングス
日本赤十字社の監修のもと、作に中川ひろたかさん、絵にえがしらみちこさんを起用して、本格的なオリジナル献血絵本を制作。全国の図書館や児童館、献血ルームなどで手に取って読むことができます。

株式会社 学研ホールディングス(東京・品川/代表取締役社長:宮原博昭)のグループ会社、株式会社 学研プラス(東京・品川/代表取締役社長:碇 秀行)は、日本赤十字社(東京・港区)からの依頼を受けて、子どもたちに献血について興味関心を抱くきっかけを与え、その保護者には献血への認知や協力を促すためのオリジナル献血絵本『けんけつの はなし』(作 中川ひろたか/絵 えがしらみちこ)を発行。全国の幼稚園・保育園・小学校・図書館・児童館などの32,500箇所に寄贈いたしました。


学研プラスでは、このたび、日本赤十字社の監修のもと、数々の絵本作品で活躍している絵本作家の中川ひろたかさんとえがしらみちこさんに、それぞれ「作」と「絵」を担当してもらいながら、献血推進を目的としながら、読み物としても本格的な、オリジナル献血絵本を制作いたしました。
▲絵本『けんけつの はなし』表紙

絵本の本編では、読者の共感を呼ぶような、等身大の小学生の男の子とその母親が登場。「どうして血が出るの?」という、子どもの素朴な疑問から始まり、それに答える親子の会話を通して、血液や献血の大切さについて、そして、献血による人と人とのつながりについて、興味を持ち、関心を広げていく様を描いた、心温まる読み物となっています。
▲血液に興味を持ち始める、小学生低学年の男の子(左)が主人公
▲献血の大切さや献血による人と人とのつながりを徐々に感じ始める

また、見返し部分には、献血についての正しい知識を解説するコーナーも設けられています。絵本を通じて、子どもたちには、幼少期から献血というものに興味関心を持つきっかけを与え、保護者に対しては、献血の現状に関する認知と献血への協力を促すことを目指した一冊となっています。子どもはもちろん、保護者の方にも一緒に読んでもらいたい絵本です。
▲見返しでは、絵本の世界観を生かしながら、献血について解説を展開

さらに今回、より多くの人に読んでもらうべく、本書のハードカバー版を、全国の公立小学校・公立図書館・児童館などの27,500箇所や、幼稚園・保育園5,000箇所に寄贈いたしました。本書は非売品であり、いまのところ一般販売の予定はありませんが、こういった寄贈先で手に取れるほか、全国の献血ルームでも読むことができます。また、献血に関するイベント会場にてソフトカバー版(簡易冊子版)が配布される予定です。
▲絵本の裏表紙は、物語の中で主人公の男の子が気づかう、入院中のお友達の絵で締めくくられる

また、絵本の内容は映像化され、日本赤十字社の「みんなの献血」Webサイト(https://www.min-ketsu.jp/theater/ehon/)やYou Tube(https://www.youtube.com/watch?v=TkzCEguXtIc)にて配信されています。加えて、来年の3月までの間、全国各地で日本赤十字社主催による絵本の読み聞かせなどを行う親子向けイベントの開催が決定いたしました。イベント当日は、NHK Eテレ「いないいないばあっ!」5代目おんなのことして出演していた‘ゆうなちゃん’でお馴染み、杉山優奈さんが登場。10月12日(土)の札幌開催を皮切りに、広島県、宮城県、神奈川県、岐阜県、福岡県、和歌山県の全国7箇所を巡り、各地で献血の大切さを伝えて回る予定です。

イベントに関する詳細は「みんなの献血」Webサイト(https://www.min-ketsu.jp/park/tsunagarou/)にて確認できます。

全国の子どもやその保護者が、さまざまな機会を通してこの絵本の内容に触れ、献血への興味関心や理解、そして行動が進んでいくことを、日本赤十字社とともに応援してまいります。

■書籍情報
書名:『けんけつの はなし』
作:中川ひろたか
絵:えがしらみちこ
監修:日本赤十字社
判型:ハードカバー版B5判正寸/ソフトカバー版A5判正寸
頁数:24頁(ハードカバー版、ソフトカバー版、いずれも)
発行日:2019年9月17日
発行所:学研プラス
価格:非売品
(全国の小学校・図書館・児童館・幼稚園・保育園などに配架、献血所などで配布)
NDC(図書分類コード):913

■著者プロフィール
作:中川ひろたか
絵本作家。1954年、埼玉県生まれ。絵本作家の他にもシンガーソングライター、ラジオDJ、カフェ店主など、多方面で活躍中。上智大学中退後、千早子どもの家保育園で日本初の男性保育士として勤務。1987年、みんなのバンド「トラや帽子店」を結成。「世界中のこどもたちが」「ともだちになるために」など、子どもたちに親しまれる楽曲を多数く手掛ける。1995年『さつまのおいも』(童心社)で絵本作家デビュー。主な絵本作品に「ピーマン村」シリーズ(童心社)など。2005年、『ないた』(金の星社)で第10回日本絵本賞大賞を受賞。2019年、『おおかみさんいまなんじ?』(絵・山村浩二 / 学研プラス)の作を担当。

絵:えがしらみちこ
絵本作家。1978年 福岡県生まれ。静岡県三島市在住。 熊本大学教育学部卒業。透明水彩画を得意としている。主な絵本作品に『あめふりさんぽ』『さんさんさんぽ』『ゆきみちさんぽ』『はるかぜさんぽ』(講談社 / 全国学校図書館協議会選定図書)、『なきごえバス』『なきごえたくはいびん』(白泉社)、『いろいろおしたく』『いろいろおてがみ』(小学館 / 全国学校図書館協議会選定図書)などのほか、『せんそうしない』(作:谷川俊太郎 / 講談社)、『おかあさんのいのり』(作・武鹿悦子 / 岩崎書店)、『まだかなまだかな』(作・竹下文子 / ポプラ社)、2019年、『しょうがっこうがだいすき』(作・うい / 学研プラス)の絵を担当。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)

横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会