広告・マーケティング 医療・医薬・福祉

清潔・簡単な「SMART TOUCH」仕様の1日使い捨て乱視用コンタクトレンズ「Magic toric」 軸追加のご案内

株式会社メニコン



株式会社メニコン(本社:名古屋市中区葵三丁目21-19、代表執行役社長:田中英成)は、1日使い捨て乱視用コンタクトレンズ「Magic toric」の乱視軸を追加し、6月14日より発売することをお知らせいたします。

「Magic toric」は、レンズ内面にふれずにレンズを取り出せる「スマートタッチ」と、従来のコンタクトレンズとは全く異なるユニークな形状で薄型レンズ容器を実現した「フラットパック」という当社独自の特長を併せ持つ1日使い捨てコンタクトレンズ「Magic」シリーズの乱視用タイプです。レンズ内面にふれずに清潔に装着でき、レンズの表裏確認が不要で、2011年に近視用を、2020年に乱視用を発売後、それぞれお客様より好評を得ております。

乱視とは、角膜や水晶体のゆがみにより網膜上に正しく像を結ばない状態をいい、モノが二重に見えたりにじんで見えてしまいます。矯正のためには、特定の方向の光だけを屈折させる必要があり、Magic toricでは従来、乱視軸を180°と90°をご用意しておりましたが、この度、新たに15°と165°をラインアップに追加いたしました。

一般的に、近視用レンズと比較して乱視用レンズの価格は高く設定されているため、乱視用レンズを装用した方がよりはっきり見える場合でも、近視用レンズを使用しているケースが多いと考えております。Magicシリーズは定額制システムのメルスプランにラインアップしており、メルスプランの会員様においては、近視用レンズ・乱視用レンズともに同一月会費となっている為、お気軽に乱視用レンズをご利用いただけます。

1DAYコンタクトレンズの市場は増加傾向にあり、その中でも若年層の1DAYタイプ装用者割合が高く、10代のコンタクトレンズ装用者における1DAYタイプ使用割合は約50%となっております。また、10代の学生がコンタクトレンズを装用し始めるきっかけとして、授業やスポーツ時の見づらさを解消したいという理由が多く、乱視矯正が必要な方には乱視用レンズを装用することで、より良い学生生活、コンタクトレンズライフをお過ごしいただきたいです。Magicシリーズは清潔・簡単な「SMART TOUCH」仕様ですので、コンタクトレンズを使用し始めたばかりで、レンズ装用に不慣れな方にも安心して使用いただくことができます。

Magicシリーズは、レンズ容器のプラスチック使用量を、当社従来品と比べて約80%削減しております。またパッケージは、レンズ製造時に不要となった成形プラスチックをリサイクルして生産しており、環境にも配慮した製品となっております。

メニコンは、お客様一人ひとりのライフスタイルやニーズに応じた製品のご提供を通じ、これからも「より良い視力」と「見える喜び」の提供に寄与してまいります。

(数値はいずれもメニコン調べ)
※「Magic」は包装から派生した製品ブランドであり、コンタクトレンズの視覚的機能・効果ではありません。
販売名:メニコン1DAY フラットパック / 医療機器承認番号:22100BZX01098000

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)