医療・医薬・福祉

「脳画像解析プログラムBraineer(ブレイニア)」が認知症診断を支援するソフトウェアとして薬事認可を取得

株式会社Splink
脳形態に着目し、頭部MRIデータより脳の萎縮を定量・数値化し、診断に役立つ情報を提供

ブレインヘルスケア事業を展開する株式会社Splink(本社:東京都千代田区、代表取締役:青山 裕紀、以下「Splink」)は、「脳画像解析プログラムBraineer(ブレイニア)」(以下、「Braineer」)が認知症診断を支援するソフトウェアとして薬事認可を取得したことをお知らせいたします。






認知症について

先日、認知症の原因疾患の一つであるアルツハイマー病(AD)治療薬の承認が、米国食品医薬品局(FDA)から発表されました。根治薬がないと言われてきた認知症が「治らない病気」から「治る病気」として、認知症領域の革新的なパラダイムシフトが起きるといわれています。そして、早期発見や正確な診断の重要性も同時に増していくことが予想されます。

認知症は複雑な疾患であり、その診断は難しく、医師の経験や主観が大きく影響します。その為、早期発見や疾患鑑別では必ずしも全ての人が同じ医療機会に恵まれるとは限らず、見落としも起こりうる病気です。



脳画像解析プログラムBraineer について

医師の知識・経験によるブレが生じ認知症が見逃されることを防ぐためには、脳の客観バイオマーカーを定量化し、再現性をもたせることがその大前提にあると考えています。

Braineerは、脳形態に着目し、頭部MRIデータより脳の萎縮を定量・数値化することで診断に役立つ情報を提供し、診断の支援をおこなう医療機器プログラムです。目視では気づくことが難しい脳の状態や、認知症に関連する萎縮を簡便に評価できるようになります。

■主な機能


重要な脳部位の萎縮の定量・数値表示
脳全体の萎縮パターンの表示


私たちSplinkは、認知症という職人技の側面が強い医療サービスをBraineerによって、医師の方々の適切な認知症診断インフラの一助となることを目指します。今まで病気が見逃されていたケース、または早期発見がなされていなかったケースがなくなり、人々の脳の健康状態がより身近に把握され、100歳まで自分らしく人と人が繋がれるような医療エコシステムの構築に貢献していきます。



Splinkについて




Splinkは、中枢神経領域における医療AIを提供するテクノロジー・スタートアップです。「ブレインヘルスケアを世界の当たり前に」というミッションのもと、注力領域である認知症における医療機器プログラムの開発、提供を進めています。

創業当初からAIを用いた脳ドック用プログラムを都内を中心に様々な医療機関やクリニックでご利用いただいており、予防・早期発見フェーズにおける先行サービスで得られた知見を活用し、「脳画像解析プログラムBraineer」は、診断・治療フェーズにおける認知症見逃しを防ぐために開発されました。

認知症という高齢化社会における大きな課題に対し、健常段階の予防から発症後の病気と共生できる社会に寄与すべく、認知症の予防から診断まで一貫したソリューションをワンストップで提供していきます。



会社概要

会社名    :株式会社Splink
本社所在地  :東京都千代田区霞が関3丁目3−2 新霞が関ビル18階
事業内容   :ブレインヘルスケア事業、医療データ基盤事業
設立     :2017年1月
代表取締役  :青山 裕紀
URL     :https://www.splinkns.com/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)