美容・健康

今年も登場!3種のアロエ成分85.2%配合。みずみずしい“アロエゲル”でサマーダメージにアプローチ『アクアコラーゲンゲル アロエクール』

株式会社ドクターシーラボ
国内No.1ドクターズコスメ※のドクターシーラボ(本社:東京都渋谷区 代表取締役社長:黒木昭彦)は、インナードライ、暑さや汗・皮脂による肌あれ、紫外線・エアコンによる乾燥などサマーダメージにアプローチする『アクアコラーゲンゲル アロエクール』(https://www.ci-labo.com/shop/OtherConditions/LimitedMerchandise/00062207.html)を2021年6月15日(火)より通信販売・期間限定で発売いたしました。





紫外線、エアコン、マスク蒸れなどによる夏のインナードライにセラミド*2補給。みずみずしいすこやか肌をキープ

年々暑くなる夏。紫外線量が急増したり、エアコンによって乾燥したりして、肌トラブルを起こしやすい時季を迎えますが、2021年は続くマスク生活の影響もあり、肌の水分が奪われやすい環境で肌の内側も乾燥するインナードライが一層懸念されます。
皮膚の専門家が開発するドクターシーラボは、この「インナードライ」に着目して昨年期間限定販売した『アクアコラーゲンゲル アロエクール』を今年も期間限定で発売。「パイナップル果実エキス*2」を配合し、夏のインナードライにアプローチしてすこやかでキメの整ったうるおい肌をキープします。また、3種のアロエ成分*1を85.2%高濃度配合。アロエが本来持つ保湿・美肌・あれケア効果を存分に発揮し、夏特有のダメージ肌をうるおいで包み込み、すこやか肌へ整えます。


美容皮膚科学発想のスキンケア処方で、うるおい続くすこやか肌に。サマーダメージを徹底ケア

インナードライをはじめとする「サマーダメージ」の原因となる、【気温差による肌の変化】【紫外線ダメージ】【汗・皮脂による肌あれ】【冷房による乾燥】にも多角的にアプローチ。国内No.1ドクターズコスメならではのスキンケア成分を豊富に配合しました。
「センナリホオズキエキス*2」や「ツボクサ葉エキス*2」などの「クールセンサー成分*3」が肌にひんやりなじんで、穏やかな肌をキープ。また「クマツヅラエキス*2」などの紫外線ダメージケア成分*4や、汗で流されにくく、保湿効果を⾧くキープする「吸着保湿成分*5」を配合。サマーダメージを徹底ケアし、健やかでクールな肌が⾧く続きます。
熱を帯びた肌をキュッと引き締める心地よいクールな使用感と、サラッとした仕上がりを実現し、夏のメイク崩れも防ぎます。男性の髭剃り後ケアにもおすすめです。植物由来の精油を使用した、やさしいフレッシュハーブの香り。


『アクアコラーゲンゲル アロエクール』



商 品 名   :アクアコラーゲンゲル アロエクール
https://www.ci-labo.com/shop/OtherConditions/LimitedMerchandise/00062207.html
価 格 :4,200円(税込4,620円)
内 容 量 :50g
使用期間 :1ヶ月程度
使用方法 :洗顔後、スパチュラに適量を取りお顔全体にのばします。仕上げに手のひらでお顔全体を包み込むようにおさえてなじませます。
フリー表示 :無香料・無着色・無鉱物油・パラベンフリー・アルコール無添加
(植物由来の精油を使用しています)
-----------------------------------------------

※ 2019年TPC マーケティングリサーチ(株)調べ「ドクターズコスメ企業別シェア」
サマーダメージ:インナードライ、暑さや、汗・皮脂による肌あれ、紫外線・エアコンによる乾燥 国内No.1ドクターズコスメ:2019年TPCマーケティングリサーチ
(株)調べ「ドクターズコスメ企業別シェア」高濃度:「シーラボACGAクールR18」比すみずみ:角層までダメージ:肌あれ、キメの乱れ
*1 アロエベラ葉水、アロエベラ液汁、アロエベラ葉エキス(整肌成分) *2 整肌成分*3 センナリホオズキエキス、ツボクサ葉エキス、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、カルナウバロウ、ヘリクリスムイタリクムエキス(整肌成分) *4 クマツヅラエキス、グリチルリチン酸2K、水溶性プロテオグリカン、イザヨイバラエキス、シイクワシャー果皮エキス、フラーレン(整肌成分) *5 ジヒドロキシプロピルアルギニンHCI(保湿成分)
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)