教育・資格・人材 美容・健康

小学生のためのオンライン鉄棒教室|7/3(土)10:00~無料開催

クルル株式会社
【フィットネスメディアVells主催】ボディイメージを描き、体の使い方を覚えることで鉄棒・運動嫌いを緩和!誰でも逆上がりがマスターできる1時間のオンラインの鉄棒教室を開催します。




クルル株式会社(本社:東京都港区東麻布3-2-1狸穴アークビル2F、代表者:山田一平)が運営するフィットネスメディアVells(ヴェルス)では、7月3日(土)に全国の小学生を対象とした1時間の無料オンライン鉄棒教室を開催いたします。体育の授業で基礎体力向上のために必須の鉄棒。しかし、鉄棒は腕力・握力・背筋力など様々な筋肉を複雑に動かすため、筋力が少なかったり、体の使い方がわからないお子さんは諦めてしまうことも多いのではないでしょうか。本講座で指導するのは、何百人のプロアスリートを支援してきたエグゼクティブトレーナーの小山啓太。身体の動かし方や運動の教え方を熟知した講師が、鉄棒の中でも最難関と言われる逆上がりのコツを伝授しながら、お子さんの運動嫌いや鉄棒への抵抗感を減らします。



【プログラム詳細】
申込先  :https://vells.jp/tetsubo21
対 象  :小学生(7歳~12歳)
日 時  :7月3日(土)10時~11時 ※20時までは当日限定公開で録画動画を配信します。
視聴方法 :ZOOM、YouTube配信。
参加費  :0円
人 数  :定員制(上限100名)
事前準備 :2畳くらいのスペース、運動できる服装、80cmくらいのフェイスタオル(トレーニング器具として使います。)、飲み物
※ジャンプなど大きな音を立てる種目は入っておりませんので、マンションなどにお住まいの方でもお気軽にご参加いただけます。

【こんなお子さん(と親御さん)におすすめ!】
・逆上がりができない子
・運動が苦手、嫌いな子
・鉄棒が怖いと感じている子


※過去に行ったオンラインイベントの様子

【プログラム内容】
1.ボディイメージを磨くトレーニング
体の大きさ輪郭などのボディイメージを把握することで複雑な動きができます。お子さんがイメージしている身体の感覚と、実際の身体の動き方を一致させるトレーニングをいたします。これにより自分のイメージするように身体を動かせるようになります。

2.足を保つための体幹力とバランスを知るトレーニング
手足を自由に動かすためのバランス感覚は鉄棒に欠かせないもの。そのために体幹やバランス感覚を身に着けるトレーニングをいたします。動きを安定させる体幹やバランス感覚を掴むことで、無駄なく最小の力で体を引き上げることができるようになります。

3.蹴り上げの力と柔軟性を鍛えるトレーニング
足で地面をタイミングよく蹴って両足を高く持ち上げる。鉄棒には上手な足の動きが欠かせません。こうした脚の瞬発力と柔軟性を鍛えるトレーニングをすることで、よりスムーズに身体を持ち上げることが出来るようになります。

4.腕の力をタイミングよく上手に使うトレーニング
最後に握る力と支える力を身に着けること。脚の動きをマスターした後は、いよいよ上半身である腕のトレーニング。腕の力をタイミングよく上手に使えるようになることで、鉄棒から身体が離れずに、安全に、きれいに逆上がりができるようになります。



【世界最先端の運動研究者 小山啓太(こやま けいた)】
エンポリア州立大学大学院スポーツ医学課程修了、セントラルミシガン大学大学院運動科学専攻課程修了。米国公認アスレティック・トレーナー(BOC-ATC)。現在、群馬大学大学院医学系研究科にてスポーツ障害予防、ボール運動と子どもの発達発育をテーマに研究を行っている。2018世界教育会議(ケンブリッジ大学)最優秀研究発表賞受賞。一般社団法人運動発達支援研究センター代表理事。主な著書として、『現代社会のスポーツ総合学I』(成文堂、2012年)、『0歳からのボール遊び運動』(ベースボールマガジン社、2018年)他。現在はパーソナルジムのeviGymでトレーナーも務める。HP:https://evigym.com/trainers/koyama




【フィットネスメディア Vells】
HP:https://vells.jp
Vellsはフィットネスや筋トレ、食生活やサプリメントなどの情報を中心に美容や健康に至るまで、日々の暮らしを気持ちよく過ごすためのヒントとなるような情報をお届けしています。



【運営:クルル株式会社】
HP:https://qururu.jp/
クルル株式会社は、パーソナルジムやフィットネスメディアを運営しています。運動を通じてすべての人が自分らしく素敵な人生を送れることを目指しています。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)