美容・健康

山田養蜂場のプロポリス含有食品:認知機能改善作用に関する臨床研究: ミレニアの「あたまの健康チェック(R)」が評価スケールとして効果を立証

株式会社ミレニア
言語記憶力改善効果を示す: 科学雑誌「Japanese Pharmacology & Therapeutics」掲載

 セントケア・グループ(東証2374)の株式会社ミレニア(東京都港区)が提供する認知機能スケール「あたまの健康チェック(R) 【英名:The MCI Screen】」が、株式会社山田養蜂場(岡山県苫田郡鏡野町、以下「山田養蜂場」という)が保有するプロポリス含有食品(以下、「ノンアルツBee」という)の認知機能改善作用に関する臨床研究において、被験者の認知機能変動の評価スケールとして採用され、認知機能改善作用の立証に寄与すると共に、山田養蜂場が、新たにノンアルツBeeを認知機能領域において機能性表示取得する際の根拠データとして用いられましたことを報告いたします。  なお本研究成果は、科学雑誌「Japanese Pharmacology & Therapeutics Volume 48, Issue 10, 1805 - 1819 (2020)」に掲載されております。





山田養蜂場のノンアルツBeeに関する臨床研究: 顕著な言語記憶力改善効果を示す





【プラセボ対照二重盲検試験(RCT)】

 40歳以上79歳以下で物忘れを自覚する健常な日本人男女(MMSEのスコアが24~29点の範囲内で、認知機能の低下が気になる、または他人から物忘れなどを注意されたことがあるが、認知症ではない人)82名に対して、ノンアルツBeeを摂取させる群(40名:平均65.3歳)、プラセボを摂取させる群(42名:平均65.1歳)に分けて12週間摂取させ、MCI Screenで認知機能を評価した。
 ノンアルツBeeを摂取した群は、プラセボ群と比較して、言語記憶力や注意力に関わるMCI Screenの総合スコアや即時記憶課題であるMPI値の変化量が有意に増加した。



機能性表示食品 「ノンアルツBee」



 今回の臨床研究で認知機能の改善作用が確認された、認知機能低下を及ぼす複数の原因にアプローチする機能性表示食品。プロポリスをはじめ、認知症の世界的権威デール・ブレデセン博士が監修した成分など5つの機能性関与成分を配合しています。

【ヘルスクレーム】
年齢とともに低下する認知機能のうち、記憶力(日常生活において会話や読み書きなどの基礎となる言葉や文字、行動を記憶し、思い出す力)や注意力・集中力(必要とする情報に意識を向け、正確に対処する力)、判断力(情報を処理し正確に判断する力)を維持する機能。

【山田養蜂場 オンラインストア】
https://www.3838.com/kenko/item/01007/


認知機能スケール「あたまの健康チェック(R)(英名:The MCI Screen)」 とは



 認知機能低下の訴えのない健康な方(対象年齢30歳~99歳)から受けられる、国内では初めての簡易認知機能チェックであり、健常~MCI群における認知機能の定量的経時評価が可能なスケールで、被検者の微細な認知機能の状態を0~100の指数値で分かりやすく経時評価します。国内では、国の認知症予防事業の公式認知機能検査に選択されていることをはじめ、全国の脳ドック学会認定施設やその他健診施設、地方自治体、大学・研究機関、トラック協会等の業界団体、食品メーカーなど広域に採用されている新しい認知機能スケールです。一般的な認知機能評価法とは異なり、職能を問わず、対面実施の必要もなく、電話やビデオ通話を通じたリモート運用が可能である点が特徴。 ※ MMSE等、従前の認知症の有無や症状を評価するための神経心理検査(いわゆる認知症検査、2018年度からは保険適用)とは評価領域が異なります


<本件、あたまの健康チェック(R)に関するお問い合わせ>
セントケア・グループ(東証2374) 株式会社ミレニア
東京都港区東新橋2-5-14 MSK新橋ビル4F
TEL:03-5408-7770
Mail: info@millennia-corporation.jp
URL: www.millennia-corporation.jp

<株式会社山田養蜂場、ノンアルツBeeに関するお問い合わせ>
株式会社山田養蜂場 戦略広報室
TEL:03-5410-3838
MAIL:pr-syagai@yamada-bee.com
URL:https://www.3838.com/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)