医療・医薬・福祉 広告・マーケティング

【GLOBAL TREE × NODOKA】心を尽くし、通わせる。お茶の世界が表現する、精神性の高い理想の社会へ。アライアンスパートナーシップ契約締結のお知らせ

GLOBAL TREE
人生のあらゆる場面で必要とされる福祉サービスを展開するGLOBALTREE・ハッピーライフケア株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:吉村 益樹)は、2021年6月16日(水)より、オーガニック日本茶パウダー専門ブランド「NODOKA」とアライアンスパートナーシップ契約を締結いたしました。



アライアンスパートナー







協働背景

NODOKAは、東京で生まれ育った洪 秀日(ホン スイル)氏の、「本物の日本茶を海外へ伝えたい」という純粋な想いから生まれたお茶です。日本人にとってのお茶が、いつも暮らしの隣にあるように…私たちが目指すのは、障がいのある方への理解が生活の中に自然に溶け込み、必要とされる社会の実現です。「一期一会」の時間・空間に心を尽くし、人と人が心を通わせる、そんな高い精神性が集約されたお茶の世界とは、目指すべき社会の理想像と言えるかもしれません。


今後の取り組みについて

日本人にとっての「お茶」とは、冠婚葬祭・ビジネス商談時・食前食後など、「お茶で始まりお茶で終わる」もはや当たり前の存在です。ただしその一方で、客人への最高レベルの敬意を表す演出家としての役割をも果たします。日常に溶け込みながらも、時に高い表現力を兼ね備える「日本茶」のように…「障がい者」の存在がより自然に、より身近に在りながらも、時に驚くようなポテンシャルを発揮する、そんな社会が私たちの目標です。


株式会社NODOKAについて

ニューヨーク・ブルックリンで創設されたオーガニック日本茶パウダー専門ブランド「NODOKA」は、「本物の日本茶を海外へ伝えたい」という想いから生まれ、国内でわずか3%の有機認証を取得した希少価値の高い茶葉です。産地は標高600mの山間部に位置する、自然環境に恵まれた静岡県の茶畑です。短い日照時間、朝夕の寒暖差が大きいなど、無農薬有機栽培の条件が揃った環境になります。緻密な土壌づくりやこだわりの栽培方法により、ワンランク上の茶葉が出来上がりました。主張しすぎることのない、爽やかでまろやかな味わいは、まるで体の細胞が喜んでいるような感覚を覚えます。現代の感覚で、日本の茶農家が丹精込めて作った日本茶の新しい魅力・楽しみ方を海外、そして日本でも広めていきます。


GLOBALTREEについて

多様な人々が共存する社会において、サポートを必要としている年代を定めるとするならば、私たちは「すべて」と答えます。物心ついた幼児からシニアに至るまで、それぞれの年代で、必要となる環境やサポート体制があります。弊社では、児童発達支援、放課後等デイサービス、就労移行支援、就労継続支援B型、共同生活援助など、より多くの人々をサポートすべく、そのステージごとで最適な支援サービスを展開しています。また直接的な支援のみならず、この社会の体制が変わるよう、外部との連携事業も積極的に行っています。




会社名:GLOBALTREE・ハッピーライフケア株式会社
設立 :2014年3月13日
代表者:吉村 益樹
事業内容:児童発達支援/放課後等デイサービス
メディア:
- Official Website:https://global-tree.jp
- Instagram:
▪放課後等デイサービス・グローバルキッズメソッド
https://www.instagram.com/globalkidsmethod_gallery
▪児童発達支援・グローバルキッズパーク
https://www.instagram.com/globalkidspark_gallery

<リリースに関するお問い合わせ先>
ハッピーライフケア株式会社
広報部・担当:木村
メールアドレス: kouhou@global-tree.jp
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)