医療・医薬・福祉

【岡山大学ヘルスイノベーション】マクロファージの働きを抑えて骨肉腫の増殖を抑制!~希少がんの新たな治療法の創出へ~

国立大学法人岡山大学

2021(令和3)年 6月 15日
国立大学法人岡山大学
https://www.okayama-u.ac.jp/


<発表のポイント>


骨肉腫は、さまざまなサイトカイン(液性因子)を分泌し、腫瘍の増殖を助ける「腫瘍随伴マクロファージ」を作り出していることが明らかになりました。
「腫瘍随伴マクロファージ」の数や働きを抑える治療薬で、骨肉腫の成長を抑えることができることを発見しました。
将来、骨肉腫の新しい治療法に発展することが期待されます。


◆概 要
 国立大学法人岡山大学(本部:岡山市北区、学長:槇野博史)の学術研究院医歯薬学域(医)・岡山大学病院整形外科の藤原智洋助教と尾崎敏文教授、同消化器外科の田澤大准教授と藤原俊義教授、アメリカのメモリアルスローン癌センターのジョン・ヒーリー(John Healey)医師、ホスピタル・フォー・スペシャル・サージェリーのエド・パードゥー(Ed Purdue)博士らの国際共同研究グループは、腫瘍内のマクロファージを狙った治療法により、骨肉腫の増殖抑制効果を発見しました。

 この研究成果は、2021年6月4日、米国の科学雑誌『Molecular Cancer Therapeutics』で公開されました。

 骨肉腫の患者の生存率は、約40年前に導入された抗がん剤治療により飛躍的に向上しました。その後、腫瘍細胞そのものを狙うさまざまな薬剤の開発が行われてきましたが、当初から用いられている薬剤の有効性を超えるものは発見されていません。今回新たに発見された治療法の効果は、腫瘍細胞の周囲のマクロファージの働きを抑えることで、腫瘍細胞の成長を促すシグナルを減少させたり、腫瘍細胞を攻撃する免疫細胞を増やすことにより見出されました。

 今後、これまで用いられてきた治療法と組み合わせることで、将来的に骨肉腫患者の生存率を改善できる新しい治療法の実現が期待されます。


図. CSF-1/CSF-1R阻害薬は、骨肉腫における腫瘍随伴マクロファージの浸潤を抑制し、キラーT細胞浸潤の促進・制御性T細胞浸潤の抑制にも寄与する


◆藤原智洋助教からのひとこと
 骨肉腫の患者は10代が多く、多感な青春期に肺などに転移して命を落とすこともあります。この40年間、効果のある新薬がでてきていませんでしたが、この研究成果がその現状を打開するきっかけになることを期待しています。
 私がアメリカ留学中に没頭した研究であり、骨肉腫の成長を抑える効果を発見したときは、将来の治療薬への発展を期待し、胸が熱くなりました。
藤原智洋 助教

◆論文情報
 論文名:CSF-1/CSF-1R Signaling Inhibitor Pexidartinib (PLX3397) Reprograms Tumor-Associated Macrophages and Stimulates T-Cell Infiltration in the Sarcoma Microenvironment
 邦題名「CSF-1/CSF-1R阻害薬であるペキシダルチニブ(PLX3397)は、肉腫の微小環境において腫瘍随伴マクロファージを再編成しT細胞の浸潤を促進する」
 掲載紙:Molecular Cancer Therapeutics
 著 者:Tomohiro Fujiwara, Mohamed A. Yakoub, Andrew Chandler, Alexander B. Christ, Guangli Yang, Ouathek Ouerfelli, Vinagolu K. Rajasekhar, Aki Yoshida, Hiroya Kondo, Toshiaki Hata, Hiroshi Tazawa, Yildirim Dogan, Malcom A.S. Moore, Toshiyoshi Fujiwara, Toshifumi Ozaki, Ed Purdue, John H. Healey
 DOI:10.1158/1535-7163.MCT-20-0591
 URL:https://mct.aacrjournals.org/content/early/2021/06/04/1535-7163.MCT-20-0591


◆詳しいプレスリリースについて
 マクロファージの働きを抑えて骨肉腫の増殖を抑制!~希少がんの新たな治療法の創出へ~
 https://www.okayama-u.ac.jp/up_load_files/press_r3/press20210615-2.pdf


◆参考情報
・岡山大学病院
 https://www.okayama-u.ac.jp/user/hospital/
・岡山大学大学院医歯薬学総合研究科
 http://www.hsc.okayama-u.ac.jp/mdps/
・岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 整形外科学分野
 https://www.okayama-ortho.jp/
・岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 消化器外科学分野
 http://www.ges-okayama-u.com/
・メモリアルスローン癌センター(Memorial Sloan Kettering Cancer Center)
 https://www.mskcc.org/

岡山大学病院(岡山市北区)

◆本件お問い合わせ先
 <本研究報告に関するお問い合わせ先>

 岡山大学 学術研究院 医歯薬学域(医)助教 藤原智洋
 〒700-8558 岡山県岡山市北区鹿田町2-5-1 岡山大学鹿田キャンパス
 TEL:086-235-7273
 FAX:086-223-9727
 https://www.okayama-ortho.jp/

 <岡山大学病院との連携等に関する件(製薬・医療機器企業関係者の方)>
 岡山大学病院 新医療研究開発センター
 〒700-8558 岡山県岡山市北区鹿田町2-5-1
 下記URLより該当する案件についてお問い合わせください
 http://shin-iryo.hospital.okayama-u.ac.jp/ph_company/

 <岡山大学病院との連携等に関する件(医療関係者・研究者の方)>
 岡山大学病院 研究推進課 産学官連携推進担当
 〒700-8558 岡山県岡山市北区鹿田町2-5-1
 TEL:086-235-7983
 E-mail:ouh-csnw◎adm.okayama-u.ac.jp
     ※ ◎を@に置き換えて下さい
 http://shin-iryo.hospital.okayama-u.ac.jp/medical/

 <岡山大学の産学連携などに関するお問い合わせ先>
 岡山大学研究推進機構 産学連携・知的財産本部
 〒700-8530 岡山県岡山市北区津島中1-1-1 岡山大学津島キャンパス 本部棟1階
 TEL:086-251-8463
 E-mail:sangaku◎okayama-u.ac.jp
     ※ ◎を@に置き換えて下さい
 https://www.orsd.okayama-u.ac.jp/

 岡山大学メディア「OTD」:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000011.000072793.html
 岡山大学SDGsホームページ:https://sdgs.okayama-u.ac.jp/
 岡山大学Image Movie (2020):https://youtu.be/pKMHm4XJLtw
 産学共創活動「岡山大学オープンイノベーションチャレンジ」2021年6月期共創活動パートナー募集中:
 https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000103.000072793.html

 岡山大学『企業の人事担当者から見た大学イメージ調査2022年度版』中国・四国1位!!
 https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000122.000072793.html
 岡山大学『THEインパクトランキング2021』総合ランキング 世界トップ200位以内、国内同列1位!!
 https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000070.000072793.html


国立大学法人岡山大学は、国連の「持続可能な開発目標(SDGs)」を支援しています。また、政府の第1回「ジャパンSDGsアワード」特別賞を受賞しています
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)