医療・医薬・福祉

定期巡回・随時対応サービスの業務支援システム『SmaCare(スマケア)』介護業務支援ソフト「トリケアトプス」連携

ホームネット
高齢者の居住/生活/終活支援を通じて地域包括ケアシステム構築を推進するホームネットグループ(東京都新宿区、代表取締役 藤田潔)で居住支援事業等を手掛けるホームネット株式会社が提供する、定期巡回・随時対応サービスの業務支援システム「SmaCare」(以下「スマケア」)は、介護保険に対応した介護業務支援ソフト「トリケアトプス」と連携しました。





 トリケアトプスは、現場の声から生まれた介護業務支援ソフトです。スマケアを利用する事業所では、スマケア上で介護保険請求が出来ないため、スマケアで取得したサービス提供の記録をみて、別の介護業務支援システムに実績を入力し、請求業務を行っていました。この作業が業務上の負担となっていましたが、この度、スマケアとトリケアトプスが連携することで、スマケアで取得したサービス提供の記録が自動的にトリケアトプスに反映され、サービス提供の記録と請求業務がシームレスに繋がるようになりました。スマケアユーザーの請求業務の負担が軽減し、利便性の向上及び、業務効率化が期待できます。

トリケアトプス特長(一部抜粋)
1.従量制で業界最安値の利用料
初期費用無料、利用者1名あたり400円、1サービス当たり最大8,000円の利用料で、請求システムにかかる金銭的な負担が軽減できます。

2.クラウドシステム
スマケアと同じクラウドシステムで、インターネット環境があれば、いつでもどこでも利用でき、作業の効率化に繋がります。

3.国保連合会データ伝送代行サービス
標準機能で国保連合会へインターネット請求できます。

4.充実した利用料請求管理
利用料の請求書/領収書の発行だけでなく、標準機能で利用料の口座振替データ(全銀協手順対応)を作成できます。入金管理もできるため、請求忘れや漏れを防止します。

5.AI(人工知能)を活用したサポート機能
計画書類の入力画面では、音声入力を可能とし、入力時間を短縮します。また、各画面に配置された「Q&Aサポート」にて質問に対する回答を得られるため、即座に解決できます。(AIが学習することで、入力変換率や回答の精度が高まります)

スマケア
全国400以上の事業所でご利用頂いている、定期巡回・随時対応型訪問介護看護事業向け支援システムです。スマートフォンアプリで予定の確認やサービス記録を残すことができます。緊急コール時には、利用者情報や訪問予定の確認ができるため、迅速な対応が可能になります。また、サービス記録はシステム内に蓄積されるため、帳票類の作成やデータ分析を行うことで業務軽減できます。「定期巡回・随時対応サービス」の適切な運用と事務作業をサポートするICTツールです。URL :http://www.smacare.jp/

本件に関するお問合せ
ホームネット株式会社 地域包括ケア推進事業部
03-6630-7485

【ホームネットグループ概要】
設立 :1991年12月(ホームネット(株))
本社所在地 :〒169-0072 東京都新宿区大久保3-8-2 新宿ガーデンタワー13階
資本金 :9700万円(ホームネット(株))
代表取締役 :藤田 潔
当グループは不動産オーナー向け家賃債務保証サービスを通した高齢者の居住支援、24時間365日体制での地域密着型見守りサービス、ICTによる定期巡回・随時対応サービス支援による高齢者の生活支援、更に家財整理や葬儀相談による 終活支援を通じ、厚生労働省が提唱する「地域包括ケアシステム」の構築を支援することで、「空室問題」と「高齢者住居問題」の解決に寄与します。https://www.hng.bz/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)

横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会