出版・アート・カルチャー 医療・医薬・福祉

世界初の1冊! デスカフェ  ガイドブックが登場! 

デスカフェサミット運営委員会
デスカフェ・ガイド  ~「場」と「人」と「可能性」~ 執筆代表・企画 吉川直人 /執筆・編集 萩原真由美 発行・クオリティケア (定価2,420円税込)





(好評発売中!)
クオリティケア 
https://quality-care.jp/

Amazon 
https://www.amazon.co.jp//dp/4904363906/

楽天ブックス 
https://books.rakuten.co.jp/rb/16757969/

デスカフェって何? 
だれが、どこで、どんな話を?


世界的に広がりを見せ、国内で独自の発展を遂げている「デスカフェ」の本邦初、おそらく世界初のガイドブックが登場! 「死」をタブー視せずに受け入れ、気楽に語り合うデスカフェとは、実際にどんなところなのかを具体的に解説し、様々なタイプのデスカフェの特徴やこだわり、雰囲気がとてもよく伝わってきます。
死を思うカードゲームあり、絵本あり、対話だけで語り合うデスカフェあり。そのほか、いろいろな形式で行われているデスカフェ。しかし形は違っても、十人十色、百人百様の死生観が混ざり合いながら深まっていき、誰にとっても2つとない「生と死」の価値と意味を、何かしら見つけるきっかけになる場所です。
 デスカフェには、参加資格も開催資格もありません。どんな職種の人でも、どの世代の人でも、体験も開催もできるのがデスカフェの魅力。それが今、草の根のムーブメントとして広がっている理由かもしれません。気になるけれど行動する勇気が出なかった人々には、行ってみたい気持ちを誘い、デスカフェを開催してみたいと思っていた人々には、楽に実行できる段取りや開催の要点を教えてくれるので、開催する気にさせる1冊です。

国内のデスカフェ情報ポータルサイトが出来ました!
https://deathcafe.jp


<目次>
第1章
デスカフェとはどんなところか 

第2章 
デスカフェ開催にあたって

第3章 
デスカフェでどんなことを行うのか

第4章 
デスカフェの事例紹介

第5章 
デスカフェサミット

第6章 
デスカフェとわたしたちの時代

デスカフェ開催者の選んだ
死を考えるための本 50冊 


<著者紹介>
●執筆代表
京都女子大学 家政学部
生活福祉学科 
助教 
吉川直人

社会福祉学・介護福祉学の助教で、デスカフェ研究に力を注ぐ。2018年に青森で初となるデスカフェの立ち上げに関わり、2019年より全国デスカフェのフィールドワークを開始してその多様性に着目、更なる発展とネットワークの構築のため、2020年9月にデスカフェサミットを企画開催した。

●執筆・編集
桜美林大学
老年学総合研究所連携研究員

社会保険出版社顧問                             
萩原真由美

編集者で日本医療ジャーナリスト協会会員でもあるジャーナリスト。多死社会の「生と死」の側面を見つめながら、死生学と老年学を取り入れて、デスカフェの啓蒙普及に努め、デスカフェ サミットの運営にも携わる。

●共同執筆
デスカフェサミットを運営し、
デスカフェ
を開催している主催者たち
本文の一部分担の他に、それぞれのデスカフェの事例紹介を行なっている。

小口 千英
デスカフェCafé Mortel主催
 看護師)


小平 知賀子
(マザーリーフ・デスカフェ主催
(有)ライフネット東京代表取締役)


高橋 進一
(デスカフェ
sanshien de café運営
 社会福祉法人中央福祉会
 
法人本部看護師長 兼 特別養護
 老人ホーム三思園
看護主任

田中
対話カフェTokyoYokohama主催
 図書館司書)


霍野 廣由
(ワカゾーDeathカフェ運営
 浄土真宗本願寺派覚円寺副住職)


中藤 崇
ス・カフェ@東京主催
 精神保健福祉士

藤井 一葉
(ワカゾー
Deathカフェ運営
 浄土真宗本願寺派
願壽寺僧侶)



お寺はデスカフェの場として親和性の高い所、安心して死を語れる場として人が集まります。



横浜で行われるデスカフェは、いつも海が見えるところで気持ちがよいと人気です。

死別の悲しみ(グリーフ)を分かち合うデスカフェは、少人数で行われるので安心して話が出来る場です。



大人数で行うデスカフェは、グループに分かれて多種多様な死への思いが浮き彫りになります。




老年学と死生学を学びながら、死を考えるデスカフェも行われています。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)