医療・医薬・福祉

日本調剤グループ新型コロナワクチン接種の加速に向けた職域接種実施について~他企業との共同接種運営も実施~

日本調剤株式会社
日本調剤株式会社ニュースリリース

 全国47都道府県で調剤薬局を展開する日本調剤株式会社(本社所在地:東京都千代田区丸の内、代表取締役社長:三津原 庸介、以下「日本調剤」)、並びに日本調剤グループは、新型コロナワクチンの接種加速化に向けて、職域接種体制の構築を進めております。


 当グループではワクチン接種に関する地域の負担を軽減し、接種の加速化を図るため、企業や学校等の、職域単位でワクチンの接種を行う職域接種の体制構築を進めており、他企業と接種会場や担い手の確保などで連携しながら、共同で接種を実施していくことを予定しております。手始めに日本調剤グループ本社が入居する「グラントウキョウノースタワー」内で他企業との共同接種運営を実施予定です。また接種体制の構築に向けては、当グループ会社で医療従事者派遣・紹介事業を担う株式会社メディカルリソース(以下、「メディカルリソース」)が医師や看護師の手配を行います。

 メディカルリソースは各自治体が運営するワクチン集団接種に向け、医師をはじめとした医療従事者の紹介を実施してきましたが、職域接種を検討する企業に向けた医師や看護師の紹介も行っております。

 今後は、準備が整い次第、他の拠点で従事する当社グループ従業員の職域接種を進めていくとともに、当社と合同接種を希望される他企業との共同接種につきましても、メディカルリソースと連携し、できる限り調整する次第です。

 日本調剤グループでは、新型コロナワクチンの接種の加速化に向けて、様々な体制構築や協力・支援を積極的に行うことで、コロナ禍の収束に向けて全力で貢献してまいります。

グラントウキョウノースタワー全景
【当社職域接種の概要について】
・接種対象者:希望する従業員の全員
・実施日時:2021年6月28日以降、準備が整い次第実施。
・接種場所:当社グループ本社(グラントウキョウノースタワー)ほか
・ワクチン:モデルナ製ワクチン(予定)


【日本調剤株式会社について】 https://www.nicho.co.jp/
1980年の創業以来、一貫して国の健康保険制度を支える調剤薬局のあるべき機能・役割を全うすべく「医薬分業」を追求し、調剤薬局展開を積極的に行っています。現在では、全都道府県に調剤薬局を展開し約3,000名の薬剤師を有する、日本を代表する調剤薬局企業として評価を得ています。また、ジェネリック医薬品の普及や在宅医療への取り組みを積極的に進めており、さらに超高齢社会に必要とされる良質な医療サービスの提供を行ってまいります。

【株式会社メディカルリソース】 https://www.medical-res.co.jp/
「日本の医療に従事する人材不足、ミスマッチの課題解決」に向け、2000年2月に日本調剤の100%子会社の日本調剤ファルマスタッフ(株)としてスタート。2008年7月、拡大する医療業界での人材ニーズに応えることを目指し、(株)メディカルリソースに社名変更。薬剤師・医師・看護師・コメディカルの方々と、医療機関・薬局・企業等へ「多種多用な医療人材のご紹介・派遣」、「働き方改革など社会情勢にマッチした人材サービスのご相談」で貢献してまいります。

【本ニュースリリースに関するお問い合わせ先】
日本調剤株式会社 広報部 広報担当
TEL:03-6810-0826 FAX:03-3201-1510
E-Mail:pr-info@nicho.co.jp
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)