美容・健康 ネットサービス・アプリ

低コストでハイパフォーマンス!スクール管理システムを実際に利用するスイミングスクールの導入事例を初公開

VISH株式会社
~パソコン1つでスタッフ・コーチ・保護者と情報共有ができるようになりました~

VISH株式会社(本社:愛知県名古屋市、代表取締役:太田 信夫)は、自社が開発・提供する「バスキャッチ」スイミングスクール向け会員管理システムの導入事例を初めて公開いたしました。




初めての導入事例となる今回は、1964年に名古屋市で発足し、初心者から世界のトップスイマーまでの一貫指導を行ってきた名古屋スイミングクラブ様です。黎明期である7年前の2012年に「バスキャッチ」を導入、VISH株式会社のスタッフとともに開発に多大なる協力をいただいた加藤大貴氏(写真左)・勝井良子氏(写真右)にインタビューを行い、バスキャッチの導入効果をお話しいただきました。

■現在、バスキャッチをどのように活用されていますか?
「スクール管理機能、WEB振替・欠席連絡、メール配信、短期申し込み、会費管理・口座引落、入退館チェックイン、バス位置情報配信・バス乗車メールを活用しています。私たち名古屋スイミンググラブ側のスタッフやコーチだけでなく、保護者も含めて情報共有ができますから、とても助かっています。」

施設ウェブ管理画面

■バスキャッチを導入されて、保護者の反応などはいかがでしたか?
「例えば振替・欠席に関しては一目でわかり、保護者の方もスマホアプリを通じて、同じ情報をご覧いただくことができます。先にお話しした何日休んで何回振替を行ったかという問い合わせはなくなりました。振替はスマホアプリで保護者の方が振替可能な日程から選んで申し込むことができるので、電話による振替の連絡はなくなり、お互い楽になりました。」

利用者専用スマホアプリ


■バスキャッチの導入効果を教えてください。
◎電話対応から解放された
「以前は振替も欠席も電話連絡のため、電話が多い日は、その日にやらなければならない業務を終えることができたこともありました。 それがすべてバスキャッチになり電話対応がなくなった分、入会申し込みのご相談や物品販売の対応などにきちんと時間を割くことができます。」

◎緊急連絡がメール配信で可能に
「例えば台風が上陸することがわかり休校になる場合、以前はお子さんのクラス約1,600名、大人のクラス300名の全員に電話で連絡をしていました。最近は警報が早く出る傾向があり、まだ雨が降っていなくとも警報により休校となる場合もあります。すると、電話連絡の前に、来られてしまう方がいました。現在はほとんどがメールの配信での連絡になりましたので、そうした心配はありませんし、電話をかけるという労力もなくなりました。 また、明日は警報が出そうという場合は、退社する前にメール文を用意して登録しておけば、翌朝、警報の状況で自宅からメールを配信してお知らせすることも可能です。すると、警報が解除されるまで、ほとんどのスタッフは出社せずに待機していることができますから、危険も減りますし、効率的になりました。」

◎低コストでハイパフォーマンス
「バスキャッチには、会員情報から振替・欠席、会費管理までスイミングクラブを運営する上で必要となる情報すべてを集約することができます。そして集約された情報を社内のスタッフやコーチだけでなく、保護者とも共有できますから、お支払いしているコストを考えると、かなりハイパフォーマンスなシステムといっていいと思います。」

その他、欠席・振替連絡システムの開発の苦労話を含めた詳しいインタビュー内容、店舗での具体的な活用事例については、導入事例ページをご覧ください。

名古屋スイミングクラブ様導入事例https://www.buscatch.com/voice/nsc/

■「バスキャッチ」スイミングスクール向け会員管理システムとは?
「バスキャッチ」とはVISH株式会社が開発・運営をしている送迎バス運行状況配信サービスです。2013年頃からスイミングスクール・フィットネスクラブの現場の皆様の声を反映した会員管理システムの提供を開始し、2019年10月16日時点で、全国471施設の導入実績があります。スマホからの欠席連絡、振替予約、メール配信、バス運行状況配信など、スイミングスクールに特化した便利な機能を、低価格で利用可能です。

URL:https://www.buscatch.com/solution/lesson/




■スイミングスクール向け会員管理システムでできること
・会員情報・クラス、進級処理などスクール管理機能
・スマホ・携帯からの振替/欠席連絡の自動受付
・お知らせ、緊急メールの一斉配信
・インターネットからの体験申し込み
・短期教室・イベント受付機能
・会費請求の口座引き落とし
・入退館チェックインメール
・店頭で商品の販売を行うPOSレジ機能
・GPSによるバス位置情報配信・接近遅延状況配信
・乗車を保護者へ連絡するバス乗車メール

■利用料金について
利用したい機能の内容によって料金は異なります。公式サイトの料金シミュレーションでは、電話相談・訪問営業を介さずに導入費用をひと目で把握することが可能ですので、是非ご利用下さい。個人情報の入力ももちろん必要ありません。

料金シミュレーション:https://www.buscatch.com/solution/lesson/simulator/

■会社概要
会社名    : VISH株式会社(ヴィッシュ株式会社)
代表者    : 代表取締役 太田 信夫
本社所在地  : 愛知県名古屋市中区錦二丁目10番13号 SC錦ANNEX 5F
企業ページURL: http://www.vish.co.jp/
Facebook URL : https://www.facebook.com/vishinc/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)

横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会