医療・医薬・福祉

オンラインフォーラム わたしの「心臓」大丈夫?! ~忍び寄る「弁膜症」を知る~

NEP


健康に長生きするには心臓のケアは欠かせません。心臓病の中でも近年「弁膜症」が日本の高齢化とともに急増しています。初期症状に気づきづらく、放っておくと重大な心不全につながるこの病気の最先端情報を、日本トップクラスの心臓専門医や経験者、ゲストとともにお伝えします。早期発見には?高齢者でも手術できる?コロナ禍で受診控えが加速する中、静かに忍び寄る「心臓弁膜症」についてとことん知っていただくオンラインフォーラムです。
 
【開催概要】
2021年8月21日(土) 13時30分~16時 終了予定(途中休憩あり)

参加費:無料(インターネットデータ通信料のみご負担ください)
インターネット環境下にあるパソコン、スマートフォン、タブレットで全国各地からご参加いただくことができます

申し込みフォーム https://www.npwo.or.jp/info/19181


募集期間】 2021年8月19日(木曜日)午後5時まで
※応募者多数の場合は先着順とし、締め切らせていただきますのでご了承ください。

【出演者】
●ゲストパネリスト
武田鉄矢(たけだ てつや) 歌手・俳優
1949年生まれ。「海援隊」でのヒット曲多数、「3年B組金八先生」などドラマも数多く出演。2011年に大動脈弁狭窄(きょうさく)症のため、手術を経験。

●パネリスト
林田健太郎(はやしだ けんたろう) 慶應義塾大学医学部循環器内科 特任准教授 
国内有数1000以上の症例実績を持つ心臓弁膜症のカテーテル治療専門医。日本人初の国際指導医資格をフランスにて取得。

●パネリスト
藤田知之(ふじた ともゆき) 国立循環器病研究センター 心臓血管外科 部門長
5,000例以上の心臓手術に携わり、特にロボット手術での弁形成では日本でも抜群の実績を持つ心臓外科医。2020年より現職。

●パネリスト
志村千陽(しむら ちはる) ピアニスト
1949年生まれ。60代後半に息切れの変化から大動脈弁狭窄(きょうさく)症発見。2019年にカテーテルにて生体弁を取り付ける。
 
●司会
笠井信輔(かさい しんすけ) フリーアナウンサー
フジテレビ時代は「とくダネ!」などで活躍。2019年悪性リンパ種と判明し治療の結果「完全寛解」。現在、医療関連にも活動の幅を広げている。

【主催】 
NHK厚生文化事業団 NHKエンタープライズ

【後援】
NHK 厚生労働省 一般社団法人日本循環器学会
公益財団法人日本心臓財団 一般社団法人日本循環器協会 一般社団法人心臓弁膜症ネットワーク

【協賛】
エドワーズライフサイエンス株式会社 アボットメディカルジャパン合同会社

【問い合わせ】
NHK厚生文化事業団「心臓フォーラム」係
電話 03-5728-6633(平日 午前10時~午後5時)
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)