医療・医薬・福祉

宮城県内初※ アイリスオーヤマ 角田I.T.P./角田工場にて 新型コロナウイルスワクチン職域接種を開始

アイリスオーヤマ株式会社
 アイリスオーヤマ株式会社(本社:宮城県仙台市、代表取締役社長:大山 晃弘)は、本日6月21日より、国内の各拠点に先駆けて角田I.T.P./角田工場(宮城県角田市)において、アイリスグループ従業員および家族の希望者に対する新型コロナウイルスワクチンの職域接種を開始しましたので、お知らせします。  なお、宮城県内における新型コロナウイルスワクチンの職域接種は、民間企業では今回が初めての事例となりました。


■ワクチン接種・会場の様子

ワクチン接種の様子


会場の様子

【代表取締役社長 大山 晃弘より】
 経済産業省並びに宮城県、角田市など、関係各所のご協力によって本日の職域接種を開始することができました。まずは角田I.T.P./角田工場から接種を始めましたが、6月29日にはアイリス青葉ビル(仙台市)でも接種を始める予定であり、今後は他の拠点も含めて接種を広げていくことで、従業員及び家族が安心して働ける環境を整えていきます。

 今後も新型コロナウイルス感染拡大の早期終息に向けて、行政ならびに業界団体と連携を図りながら、角田I.T.P./角田工場以外の拠点についても接種に向けた準備を進め、グループ従業員及び家族の健康と安全の確保に努めると共に、安心安全な社会の実現に貢献します。

※ 民間企業として初。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)