美容・健康 その他

「新型コロナウイルス感染症と身体活動・運動」についての国内外の研究紹介を開始

日本運動疫学会
行政や企業の健康づくり担当者や運動指導者向けの情報発信

日本運動疫学会(理事長:岡浩一朗、早稲田大学 教授)は、新型コロナウイルス感染症と身体活動・運動に関する学術論文や事例を国内外から収集し、ホームページで紹介する取り組みを開始しました。紹介する情報は、主に行政や企業の健康づくり担当者や、運動指導者の皆様にご活用いただくことを想定しています。


新型コロナウイルス感染症と身体活動に関する研究を紹介するページ



新型コロナウイルス感染症と身体活動に関する研究をHPで紹介

新型コロナウイルス感染症(以下、COVID-19)によって、多くの人々の身体活動が減少し、それによる健康二次被害が懸念されています。本学会でも2020年4月に「公式声明:新型コロナウイルス感染症流行下の身体活動不足・座りすぎ対策」を発表しました。
行政や企業の健康づくり担当者が施策を考えたり、運動指導者が効果的な健康支援をするにはエビデンス(科学的根拠)の理解が必要です。COVID-19と身体活動・運動の関係については、世界中で急速にエビデンスが蓄積されていますが、情報が一元化されていません。特に学術論文は英語で書かれているため、研究者以外はアクセスしにくい状況です。
日本運動疫学会には、身体活動や運動に関する疫学研究を行う研究者が所属しています。本学会では、昨年度より「COVID-19と身体活動ワーキンググループ(以下、WG)」を立ち上げました(代表:小熊祐子、慶應義塾大学 准教授)。本WGのメンバーを中心に、COVID-19と身体活動に関する情報が収集され、学会ホームページでリストとして公開されています(Excelファイルでダウンロード可能)。
2021年6月23日時点で、38編の論文や事例が紹介されています。これらの情報は、今後も随時アップデートを予定しています。

■研究紹介ページ:日本運動疫学会ホームページ
新型コロナウイルス感染症と身体活動に関する研究の紹介
http://jaee.umin.jp/news210420.html

■紹介している情報
以下のテーマに関する、国内外の学術論文、レポート、ガイドライン、事例など
1.COVID-19の身体活動への影響を検討した研究
概要:COVID-19によって、多くの集団(子ども、勤労者、高齢者、障碍者など)で身体活動が減少し、座位時間が増加していることが報告されています。
2.身体活動の変化による健康への影響を検討した研究
概要:身体活動が減ったことで、心身の健康に悪影響が出ていることが報告されています。特にメンタルヘルスに対する影響は大きいようです。
3.身体活動のCOVID-19への影響を検討した研究
概要:身体活動量が多い人は、COVID-19の重症化や死亡リスクが低い可能性が報告されています。
4.その他(解決策など)
概要:例えば、自宅での運動による健康効果が報告されています。また、様々な団体から身体活動やスポーツに関するガイドラインが出ています。

■お問い合わせ先
日本運動疫学会 事務局
早稲田大学スポーツ科学学術院内
日本運動疫学会 理事長:岡 浩一朗(おか こういちろう)
 TEL : 04-2947-7189
 E-mail : jaee.info@gmail.com
 学会ホームページ : http://jaee.umin.jp/index.html

■COVID-19と身体活動ワーキンググループ メンバー
小熊 祐子(代表、慶應義塾大学)、天笠 志保(東京医科大学)、岡田 真平(身体教育医学研究所)、甲斐 裕子(公財・明治安田厚生事業団体力医学研究所)、菊池 宏幸(東京医科大学)、北湯口 純(身体教育医学研究所うんなん)、香村 恵介(名城大学)、齋藤 義信(神奈川県立保健福祉大学)、清野 諭(東京都健康長寿医療センター研究所)、武田 典子(工学院大学)、田島 敬之(東京都立大学)、中田 由夫(筑波大学)、難波 秀行(日本大学)、根本 裕太(東京都健康長寿医療センター研究所)、松下 宗洋(東海大学)、宮脇 梨奈(明治大学)


学術総会で「COVID-19と身体活動に関するシンポジウム」を開催

本学会の学術総会(2021年6月26~27日)では、COVID-19に関するシンポジウムが企画されています。学術総会はオンラインと対面のハイブリッドで開催され、学会員以外の参加やメディア取材も可能です。取材をご希望される場合は、6月24日までに事務局にご連絡をお願いいたします。

■第23回日本運動疫学会学術総会
 日時: 2021年6月26日(土)・27日(日)
 会場: 武庫川女子大学 中央キャンパス 公江記念館他
    ※現地参加とWEB配信を併用したハイブリッド型で開催
 学術総会URL:http://jaee.umin.jp/meeting_23.html

■シンポジウム2「COVID-19による身体活動への影響」
 日時:2021年6月26日(土)14:50~16:20
 演者:天笠 志保(東京医科大学)
    山田 実(筑波大学)
    坪井 大和((株)バックテック)
 座長:中田 由夫(筑波大学)
※他にも、「厚生労働省における運動・身体活動奨励の取り組み」や「運動による整形外科の病気の予防」など、多数の講演やシンポジウムが企画されています。

■学術総会に関する取材申し込みやお問い合わせ
 第23回日本運動疫学会学術総会事務局
 E-mail : jaee@mukogawa-u.ac.jp
 取材申し込みについて:http://jaee.umin.jp/doc/meeting_23_%E5%8F%96%E6%9D%90%E7%94%B3%E3%81%97%E8%BE%BC%E3%81%BF.pdf
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)