医療・医薬・福祉 企業向けシステム・通信・機器

医療・ヘルスケア分野におけるスタートアップ支援プログラムの一環として医薬品データベースを1年間無償提供

データインデックス株式会社
~新しい医療・ヘルスケア関連のサービス創出を促進~


 医薬品情報データベース Drug Intelligence Reinforce(R)️(DIR)の開発・研究および販売を手がけるデータインデックス株式会社(所在地:東京都港区、代表取締役:提橋 由幾)は、医療・ヘルスケア分野におけるスタートアップ支援プログラムの一環として、創業2年以内のスタートアップ企業を対象に「医薬品情報データベース Drug Intelligence Reinforce(R)️(DIR)」を1年間無償で提供いたします。(*1) 

■医薬品情報データベース Drug Intelligence Reinforce(R)️(DIR)とは
医薬品情報データベース Drug Intelligence Reinforce(R)️(DIR)は、電子カルテ、電子薬歴、レセプトコンピュータといった医療機関で用いられる様々なシステムに搭載されています。全国で約45,000施設(*2)と、業界トップレベルの導入実績を誇り、多くの医療関係者やシステムベンダー様より高い評価をいただいています。更に、大学などの公的機関における医薬品に関わる研究にもご利用いただいています。

■特徴
1.高い信頼性
・薬剤師、医療情報技師、DBスペシャリスト等、高い専門スキルを有するチームの存在
2.データの即時性
・毎月最新のデータに更新、一部データはリアルタイムで配信
3.多様なラインアップと柔軟性
・国内最多(*3)の55種類のデータベースを保有(2019年10月現在)
医療用医薬品:約20,000品目(薬価基準収載医薬品およびワクチンをはじめとする薬価基準未収載医薬品)
OTC医薬品:約12,500品目
利用目的に応じデータベースの組み合わせが可能


■実績(2019年3月末現在)
・臨床現場における利用実績(電子カルテ/電子薬歴/レセプトコンピュータなど)
  病院:約2,500施設
  クリニック:約7,500施設
  調剤薬局:約35,000施設
・その他、データ解析やウェブコンテンツ、各種研究分野での利用実績を有する

■本プログラムリリースの背景
創業間もないスタートアップ企業では、予算の限られる中で、サービス設計やモックアップ制作を進めなければならず、試験段階でコストをかけて実際のデータを購入するのが難しいという背景がありました。
データインデックスは、医薬品データベース業界におけるリーディングカンパニーとして、医薬品情報を活用したWebサービス、スマートフォンアプリ、薬剤情報システム、PHR、医薬品情報の分析サービス等の事業創出を目指しているスタートアップ企業を支援することで、新しい医療・ヘルスケア関連のサービスが立ち上がり、人々の健康に寄与していくことを目指しています。

■今回対象となるデータベース
医薬品マスタDB、添付文書DB、先発後発一般名処方DB、後発医薬品DB、ハイリスク候補薬剤DB、長期投与制限DB等の基本的なマスタデータや添付文書データ(医療用医薬品のみ)

*1 データ提供にあたっては、社内の審査があります。また他社へのデータ販売等、データベース利用規約を超える用途に関しては対象外とします。
*2 2019年3月末現在
*3 弊社調べ
プレスリリースに掲載されている内容は発表時点の情報です。その後、予告せず変更となる場合があります。

【会社概要】
http://www.data-index.co.jp/
社名:データインデックス株式会社
設立:1990年3月9日
資本金:7,500万円
代表者:代表取締役 提橋由幾
事業内容: 医薬品情報データベース Drug Intelligence Reinforce(R)️ (略称 DIR)の開発・研究および販売、医療情報システムの開発・研究および販売
所在地:〒108-0014 東京都港区芝5-31-17 PMO田町11F 

【本プレスリリースに関するお問い合わせ先】
info@data-index.co.jp
データインデックス株式会社
担当:奥
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)

横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会