広告・マーケティング 医療・医薬・福祉

不安障害治療市場ー薬剤カテゴリー別、治療カテゴリー別(経頭蓋磁気刺激装置、電気けいれん療法(ECT)、認知行動療法など)、および地域別-分析、シェア、トレンド、サイズ、予測2022-2030年

Kenneth Research
Kenneth Researchは調査レポート「不安障害治療市場:世界的な需要の分析及び機会展望2030年」を2021年06月 22日に発刊しました。これは、予測期間中に、市場の詳細な分析とともに、業界の詳細な洞察を提供します。 レポートのサンプルURL: https://www.kennethresearch.com/sample-request-10293950


レポートは、市場規模と決定に基づいてさまざまなパラメーターについて説明します。これらには、市場価値、年間成長、セグメント、成長ドライバーと課題、および市場における主要企業などが含まれます。

不安障害治療市場は、2030年末までに19,892憶米ドルに達すると予測されます。また、予測期間中に2.2%のCAGRで拡大すると予測されます。

不安は、通常の状況に対する過度の恐怖または恐怖に対する誇張された反応として定義されます。不安神経症は、主に若い人口の間で、世界中で急速に広がる障害の1つです。しかし、人々はしばしば不安障害を診断または治療する前に何年もの間不安障害を抱えて生きています。その要因は、市場の成長を妨げると予測されます。

アメリカ精神医学会によると、不安は恐怖症、急性ストレス障害、パニック障害、強迫性障害、全般性不安障害、心的外傷後ストレス障害に分類できます。不安関連障害の有病率の増加は、市場で利用可能なさまざまな治療法や治療法の採用に対する高い臨床的緊急性をもたらしています。これは、今後数年間で成長を促進すると予想されます。世界保健機関(WHO)によると、不安神経症やその他の形態のうつ病は、世界中で3億人以上が罹患している最も一般的な精神障害の1つです。

市場セグメンテーション洞察





医薬品のカテゴリー

医薬品のカテゴリーに関して、市場は選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)、三環系抗うつ薬(TCA)、セロトニン-ノルエピネフリン再取り込み阻害薬(SNRI)、モノアミン酸化酵素阻害薬(MAOI)、抗けいれん薬などに分割されます。それらの中で、SSRIとSNRIは最大の市場シェアに貢献しており、世界市場の約60%のシェアを獲得しています。


治療カテゴリー

治療カテゴリーに基づいて、市場は経頭蓋磁気刺激装置、電気けいれん療法(ECT)、認知行動療法(CBT)、フィッシャーウォレス刺激装置などに分析されます。フィッシャーウォレス刺激装置と経頭蓋磁気刺激装置は、最大の収益を生み出すセグメントです。合計すると、これら2つのセグメントは15億米ドルを超える収益を記録し、予測期間中の市場成長を支配すると予測されています。

レポートは、各セグメントの成長機会とともに、成長を促進する要因について説明しています。さらに、Y-o-Y成長(%)収益(USD百万単位)は、各セグメントの市場成長を牽引する要因と共にレポートに記載されています。

北米とヨーロッパは、予測期間中に市場を支配すると予測

不安障害治療市場は、北米、ラテンアメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、中東、アフリカなど地域によって分割されています。

地域的には、北米とヨーロッパの先進国が市場を支配し、世界市場の70%以上のシェアを獲得しました。新規の不安神経症治療薬を導入するための主要な事業会社による研究開発活動の促進、エンドユーザーの間で効果的な不安神経症治療薬の需要の急増が市場の成長を促進します。

さらに、北米とヨーロッパで臨床研究中の多数の治療薬が市場の成長をさらに支えています。スイスを拠点とするAddeTherapeuticsは、Janssen Pharmaceuticals, Inc. と共同で、大うつ病性障害に罹患した成人を対象に、ADX71149の多施設第II相試験を開始しました。これらのタイプのイニシアチブは、市場の成長を大いにサポートします。

不安障害治療市場は、地域に基づいてさらに区分されます。


北米(米国およびカナダ)市場規模、Y-O-Y成長、機会分析。
ラテンアメリカ(ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、ラテンアメリカのその他の地域)市場規模、Y-O-Y成長及び機会分析。
アジア太平洋(中国、インド、日本、韓国、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、ニュージーランド、アジア太平洋)市場規模、Y-O-Y成長及び機会分析。
中東及びアフリカ(イスラエル、GCC(サウジアラビア、アラブ首長国連邦、バーレーン、クウェート、カタール、オマーン)、北アフリカ、南アフリカ、中東およびアフリカのその他の地域)市場規模、Y-O-Y成長及び機会分析。

レポートのデータは、正確な統計を確保するために、一次と二次の両方の調査方法を通じて収集されます。

主要企業

不安障害治療市場における業界のリーダーはEli Lilly and Company (米国)、Forest Laboratories、AstraZeneca PLC (英国)、Sanofi-Aventis (フランス)、Merck & Co.、Pfizer、GlaxoSmithKline PLC (米国)、Johnson & Johnson (米国)、Lundbeck A/S、Bristol-Myers Squibb Company (米国)などです。これらの各主要企業のプロファイルは、会社の財務、収益、分析、バリューチェーン分析、その他のパラメーターを提供します。さらに、レポートは、主要なプレーヤーの収益、企業が提供する製品、およびいくつかの主要な財務指標に関する計算分析を提供します。また、企業の本社、設立年、従業員の総数、企業の概要、企業が取った事業戦略など、その他のいくつかの支援情報も市場のレポートに含まれています。

[調査レポートの詳細内容について]

https://www.kennethresearch.com/report-details/anxiety-disorders-treatment-market/10293950

Kenneth Research会社概要
Kenneth Researchは、マルチクライアントの市場調査レポートのディストリビューターで、ビジネスプロフェッショナルが将来の拡張に向けたビジネスプランの戦略を立てるのを支援します。シンジケートされた市場調査レポートの大規模なデータベースの存在とレポートのカスタマイズの範囲の助けを借りて、プラットフォームは、業界の専門家が最終目標を達成するための幅広い機会を提供します。Kenneth Researchは、消費財や食品、ヘルスケア、情報通信技術、エネルギーと電力、化学など、さまざまなレベルの業界にサービスを提供しています。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)