医療・医薬・福祉

第9回「道修町たなみん寄席」道修町の薬屋が舞台の創作落語を公開!

田辺三菱製薬株式会社
~「上方落語×大阪まち歩き」をシリーズ化、オープニングは道修町~2021年7月1日(木)から配信開始、視聴料無料

田辺三菱製薬がメセナ活動として年2回開催する「道修町(どしょうまち)たなみん寄席」。7月1日にオンデマンド配信を開始する第9回から、大阪の町に繰り出し、大阪の町の歴史や落語ネタとのつながりを紹介する「上方落語×大阪まち歩き」シリーズをスタートします。シリーズのオープニングを飾るのは、もちろん道修町。道修町は、江戸時代から続く「くすりの町」で、今でも当社をはじめ50社近い製薬・薬品会社が本社を構えるほか、医薬品を起点とする各社の展示施設が並ぶエリアを「道修町ミュージアムストリート」と名付け、町を挙げてくすりの町をPRしています。今回の大阪まち歩きでは、出演者が道修町を歩きながら、トークを交えて町の歴史や道修町ミュージアムストリートを紹介します。続く上方落語では、道修町の薬屋を舞台とした創作落語を公開します。今後も大阪の各地を巡りながら、町の魅力を発信していきますので、どうぞご期待ください!


田辺三菱製薬株式会社(本社:大阪市)は、2017年から年2回、大阪の歴史と文化にふれるくすりの町の落語会「道修町(どしょうまち)たなみん寄席」をライブやオンデマンド配信形式で開催しており、本活動は公益社団法人企業メセナ協議会の「This is MECENAT 2020」に認定されています。7月1日からオンデマンド配信を開始する第9回では、道修町の薬屋を舞台とした、当社の歴史にもまつわる創作落語を公開します。
落語「薬屋俥」(桂福丸)
また、第9回から大阪の町に繰り出し、大阪の町の歴史や落語ネタとのつながりを紹介する「上方落語×大阪まち歩き」シリーズをスタートします。オープニングを飾るのは道修町です。道修町は、江戸時代から続く「くすりの町」で、今でも当社をはじめ50社近い製薬・薬品会社が本社を構えるほか、医薬品を起点とする各社の展示施設が並ぶエリアを「道修町ミュージアムストリート」と名付け、町を挙げてくすりの町をPRしています。今回の大阪まち歩きでは、出演者が道修町を歩きながら、トークを交えて町の歴史や道修町ミュージアムストリートを紹介します。今後も同様に、大阪の各地を巡りながら、町の魅力を発信していきます。

大阪まち歩き「道修町ミュージアムストリートを巡る」編(高島幸次×桂福丸×馬場尚子)
当社は「道修町たなみん寄席」を開催するほか、田辺三菱製薬史料館の公開を通して、大阪の歴史や伝統文化を身近に触れる機会を提供することで、多様な地域文化の継承や地域の振興など、社会課題の解決に向けたさまざまな取り組みを、これからも続けていきます。

第9回「道修町たなみん寄席」 オンデマンド配信概要 ※詳細は添付のチラシをご覧ください


配信開始日時:2021年7月1日(木) 10:00
タイトル:「上方落語で歩く大阪」道修町ミュージアムストリート編
配信サイト:道修町たなみん寄席ホームページ(https://www.tanamin-yose.net
視聴料:無料
演目1:大阪まち歩き「道修町ミュージアムストリートを巡る」編 高島幸次(龍谷大学REC顧問)×桂福丸(落語家)×馬場尚子(フリーアナウンサー)
演目2:上方落語    桂福丸「薬屋俥(くすりやぐるま)」(道修町の薬屋が舞台の創作落語

_______________________________________
道修町たなみん寄席について
「くすりの町」として知られる大阪・道修町に本社をおく田辺三菱製薬が、メセナ活動の一環として、2017年から年2回開催している落語会。大阪で人気の高い伝統芸能である上方落語の上演とともに、その背景となった大阪の歴史についての講演を通して、大阪の歴史や伝統文化に気軽に親しんでいただけます。これまで「水の都、大阪の夏」、「大阪人につける薬」、「落語は学んだもん勝ち」、「噺のプロフィール」、「落語は教科書より真なり」、「お説教から落語へ」、「天神祭の落語で疫病退散祈願!」、「神農さんで疫病退散祈願!」のタイトルで計8回し、ご好評いただいています。
道修町たなみん寄席ウェブサイト:https://tanamin-yose.net
_______________________________________
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)