美容・健康 インテリア・雑貨

効きすぎるから15分以上の使用はNG!肩・首・後頭部のガッチガチな凝りを指圧マッサージ&血行改善

きびだんご株式会社
Kibidangoで、10月17日17:00~日本上陸プロジェクト開始!





「長時間のスマホ使用やデスクワークで首や肩が凝り固まっている」「頭が痛かったりぼ~っとしたりする」そんな現代人に付き物のお悩みを【Neck Pot】(ネックポット)が解消!首・肩・後頭部の3か所の指圧ストレッチ・血行促進を行うことができます。スマホの使い過ぎによるストレートネックの予防はもちろん、後頭部を刺激し凝りをほぐすことで疲れた首回りがすっきり。1日10分の使用で効果が実感できるため、忙しい人でも無理なく続けられる点も嬉しいポイントです!

この【Neck Pot】の日本上陸に向けたプロジェクトを、10月17日17:00~12月12日23:59まで、クラウドファンディングサイト「Kibidango」で展開。目標金額280,000円達成で、日本上陸が決定します。価格は、プロジェクト期間限定で5,980円(税・送料込)より提供します。

【商品詳細URL】https://kibi.co/neckpot

【Neck Potのここがスゴイ!】



首・肩・後頭部の3か所をマッサージ
毎日たったの10分で効果アリ
Neck Potの2通りの使い方


1. 首・肩・後頭部の3か所をマッサージ



【Neck Pot】を使用できる範囲は首・肩・後頭部の3か所。指圧マッサージで凝った肩や首などをほぐすと同時に、ストレッチで血流を促進します。血行促進の仕組みにはCSTという後頭部を刺激する医療時術が使用されています。









\こんな方におススメ/



2. 毎日たったの10分で効果アリ


マッサージを行う時間は10分でOK!仕事や家事で忙しくても、隙間時間で疲れを和らげることができるため効率的です。

3. Neck Potの2通りの使い方

1.首・肩を指圧マッサージ


1:Neck Potを首の後ろに置いて、まっすぐ横になります
2:Neck Potを固定した後、頭を動かしながら楽な姿勢を探します
3:顎が少し上がった状態で、全身の力を抜いて、深呼吸
4:使用後は横に頭を倒してゆっくりと起き上がります
※頭の後ろに【Neck Pot】が常に接した状態で利用



2.首や頭部をストレッチさせ血行促進



1:首は固定した状態で、体だけ1~2cm下に下がります
2:頭の後ろを少しあげて、顎が下の方向になるよう床の方に近づけます
3:首の伸びを十分に感じたら、全身の力を抜き深呼吸をします
4:使用後は、横に頭を倒しゆっくりと起き上がります
※頭の後ろと【Neck Pot】に少し隙間を空けた状態で使用します



<商品概要>




開発者の思い:「人々の健康的な生活へ、持続性のある効果を提供したい」


【Neck Pot】の開発者は、理学療法士、カイロプラクター、選手リハビリトレーナーなど、「体の構造」に関して誰よりも知識のある専門家たち。会社の設立前、彼らは多くの患者の治療に携わると同時に、健康的な生活について様々な意見を交わし合いました。その際に浮かび上がってきたのが、「治療をすると状態は良くなるが、その効果は一過性ではないか?」という疑問。そして「本当に求められるのは安定した持続的な管理」という彼らが導き出した答えのもと誕生したのが【Neck Pot】です。

●価格
・【超早割】Neck Pot:¥5,980 (20個限定)
・【早割】Neck Pot:¥6,500 (30個限定)
・【Kibidango特別価格】Neck Pot:¥6,970

・【2個セット・超早割】Neck Pot(48時間限定):¥11,500 (10セット限定)
・【2個セット・早割】Neck Pot:¥12,500 (20セット限定)
・【2個セット】Neck Pot:¥13,500

・【5個セット】Neck Pot:¥30,000

・【10個セット】Neck Pot:¥55,000

■Kibidangoの「きびだんご海外面白商品探索部(きびたん)事業」について
クラウドファンディングサイト「Kibidango(きびだんご)」は、海外のスタートアップやクリエイターの日本進出プロジェクトを運営する事業「きびだんご海外面白商品探索部(通称:きびたん)」をスタートし、これまでに80以上の海外プロダクトを日本国内に届けてきました。海外プロダクトを日本の皆様に安心して手にとって頂けるよう、技適認証や物流、カスタマーサポートまですべて自社で行える体制を持っています。
「Kibidango(きびだんご)」https://kibidango.com
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)

横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会