医療・医薬・福祉 ホテル・レジャー

『キレイキレイ』ブランドが清潔衛生環境づくりを支援  「はとバス」で「『キレイのリレー』プロジェクト」 開始

『キレイのリレー』プロジェクト
観光者と地域の人々との「触れ合いにあふれる」社会を目指して

ライオン株式会社(本社:東京都墨田区、以下ライオン)は、ハンドソープブランド『キレイキレイ』において実施している、「『キレイのリレー』プロジェクト」(以下、本プロジェクト)を2021年6月24日(木)から、はとバス(株式会社はとバス)で開始します。


本プロジェクトは、ライオンが「“大切な誰かを想い、清潔衛生行動をとる”ことで、人との触れ合いにあふれた社会を目指す」という趣旨で進めているものです。観光を通して様々な人々と地域を繋げてきたはとバスが、本プロジェクトの趣旨に賛同いただけることになり、協働に至りました。本プロジェクトを通して、より多くのお客様がはとバスでお出かけすることをサポートすると共に、観光者と地域の人々との触れ合いにあふれ、寄り添いながら、もっと前向きに過ごせる社会を目指してまいります。

はとバスにおける本プロジェクトの活動では、ご利用のお客様およびスタッフのために、『キレイキレイ』のハンドソープや手指用消毒剤などを無償提供すると共に、清潔衛生に関する専門知識を持つ衛生マイスターによる、はとバスならではの「出張清潔衛生授業」などを予定しています。

『キレイキレイ』ブランドは今後継続的に、本プロジェクトを通じて、趣旨にご賛同いただいた全国の事業者をはじめとしたみなさまと共に、人々が笑顔で触れ合える豊かな暮らしを守り、もっと前向きに過ごせる社会の実現に向けて活動してまいります。



プロジェクトの最新情報は下記『キレイキレイ』ブランドサイトで発信します
https://kireikirei.lion.co.jp/


【「『キレイのリレー』プロジェクト」 はとバスでの実施予定内容】

『キレイキレイ』ブランド製品のはとバス営業所内への設置
はとバス営業所内に『キレイキレイ』ブランドのハンドソープや手指用消毒剤などを設置し、お客様にご自由にお使い頂くと共に、はとバススタッフの方に清潔衛生環境に配慮した行動を実践して頂きます。はとバススタッフ直筆のメッセージやイラストが描かれたハンドソープも設置予定で、スタッフからお客様へ『キレイのリレー』を繋ぎます。


はとバススタッフへの「出張清潔衛生授業」(予定)
清潔衛生に関する専門知識を持つ当社の「衛生マイスター」より、スタッフに対して、正しい手洗い方法のレクチャーや、はとバスならではの注意すべき除菌のポイントなどをレクチャーします。『キレイキレイ』ブランドが誕生以来24年間にわたって培ってきた清潔衛生のノウハウを通して、はとバスの清潔衛生環境を支援します。


オリジナル手洗いソング『ぼくが手をあらったら~はとバスさんと一緒に~』動画放映(予定)
本プロジェクトのコンセプトを歌にした『ぼくが手をあらったら~つながる手洗い歌~』のはとバスバージョン『ぼくが手をあらったら~はとバスさんと一緒に~』動画を車内で放映する予定です。
動画URL:https://youtu.be/9X0jvicQFlU


『キレイのリレー』冊子の提供(予定)
本プロジェクトの趣旨とともに、はとバススタッフそれぞれの「大切な誰かを想い、清潔衛生行動をとる」取り組みをご利用されたお客様にお伝えする冊子を製作しました。冊子を通してはとバススタッフからお客様へ『キレイのリレー』を繋ぎます。




【「『キレイのリレー』プロジェクト」とは】

 手洗いなどの清潔衛生行動は自分や家族はもちろん、友人や会社の人など身近な大切な人を守るために行っていることが多いと思われます。しかし私たちは、自身が清潔衛生に気をつけることが、家族や友だち、身近な関係者の方はもちろん、毎日買い物をする店舗で働く方々や、多くの人の移動を助ける仕事に携わる方々、みんなに楽しい思い出を提供してくれる場所で働く方々など、私たちの生活を陰で支えてくださっているたくさんの方々の笑顔へつながっていると考えています。

 「『キレイのリレー』プロジェクト」は、様々な事業者との協働により“大切な誰かを想い、清潔衛生行動をとることが、自分の生活を支える誰かの笑顔を生み出していく”という考えを伝えるために、本プロジェクトの趣旨にご賛同頂いた事業者の方々と一緒になって、人と人との触れ合いにあふれ、人と寄り添いながら、もっと前向きに過ごせる社会を目指していくプロジェクトです。
▲『キレイのリレー』概念図
▲『キレイのリレー』今後の展開イメージ
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)