住宅・建築・建設 美容・健康

不動産業界初のスピリチュアルケアサービス「聴く耳」を導入。玉置妙憂とのタッグで、コロナ禍による単身世帯の孤独に寄り添い孤独死防止を図る

株式会社フロンティアハウス
株式会社フロンティアハウス(本社:横浜市神奈川区 代表取締役社長CEO:佐藤勝彦、以下当社)は、⽟置妙憂氏が代表理事を務める、一般社団法人大慈学苑とタッグを組み、若年層の孤独死未然防止サービス「聴く⽿」を導入しました。当社の管理する物件の入居者は、大半が若年の単身者です。本サービスは、コロナ禍の影響で深刻化する単身世帯の健康不安や孤独に寄り添い、当社管理物件の入居者の快活な生活を応援します。



■サービス導入の背景
コロナ禍で、経済的な困窮だけでなく、外部との交流機会の減少傾向による”望まない孤独”が深刻な問題となっています。警視庁と厚生労働省が発表した、2020年の自殺者は、リーマン・ショック後の2009年以来、11年ぶりに増加しました。特に20~30代における増加が目立つ中、若年の単身者が入居する物件を管理する当社として、日頃より入居者の孤立や孤独に寄り添う方法を模索した結果、本サービスの導入を決定しました。
玉置妙憂氏が代表理事を務める、一般社団法人大慈学苑は、台北の大悲学苑をモデルに訪問スピリチュアルケアを実施しています。これまでの経験から、孤独死に至るケースには 家族構成、経済事情、社会関係、本人のパーソナリティなど、 いくつかの特徴があることを把握しているため、スピリチュアルケアの観点から問題点を早期に抽出し、孤独死の予防につなげることが可能です。

■一般社団法人大慈学苑について
大慈学苑は、その人がその人らしく生きること死ぬことを支える、慈悲の精神を理念とし、人間が根源的に抱える心の苦悩をケアするスピリチュアルケアを主たる活動内容としています。その中で、生前においては、医療・介護 保険外生活支援、介護・療養状況下の支援から看取り支援、さらに、死後委任契約を受け、死後の行政手続き、納⾻・供養まで、点ではなく線でつながる総合的支援を提供しています。
https://myouyu.net/index.html

〇代表理事 玉置妙憂氏 (看護師・僧侶・スピリチュアルケア師・ケアマネ−ジャー・看護教員)
東京都中野区生まれ。専修大学法学部卒業。夫の“自然死”という死にざまがあまりに美しかったことから開眼し出家。高野山真言宗にて修行を積み僧侶となる。現在は⾮営利一般社団法人「大慈学苑」を設立し、終末期からひきこもり、不登校、子育て、希死念慮、自死ご遺族まで幅広く対象としたスピリチュアルケア活動を実施している。また、子世代が親の介護と看取りについて学ぶ「養老指南塾」や、看護師、ケアマネジャー、介護士、僧侶をはじめスピリチュアルケアに興味のある人が学ぶ「訪問スピリチュアルケア専門講座」、「訪問スピリチュアルケア専門オンライン講座」等を開催。さらに、講演会やシンポジウムなどで幅広くスピリチュアルケア啓発活動に努めている。

◇代表著書◇
『まずは、あなたのコップを満たしましょう』(飛鳥新社)
『困ったら、やめる。迷ったら、離れる。』(大和出版)
『死にゆく人の心に寄りそう 医療と宗教の間のケア』(光文社新書)
『死にゆく人の身体と心に起こること』 (宝島社新書)

■「聴く耳」サービス内容
玉置妙憂氏に日々の悩みや不安など、どんなお話しでも、直接オンラインでお話しすることが可能です。今回は当社管理物件の入居者限定で、先着3名様に限り、30分間無料キャンペーンを実施します。

■今後の展望
誰もが必要とする”住まい”を通した「聴く耳」サービスで、孤独感を持つ若者の心の拠り所を目指します。「聴く耳」サービスだけではなく、定期訪問サービスの拡充も視野に企画しています。入居者の快活な生活はもちろんのこと、不動産オーナーへの不安払拭を両立していきます。

■株式会社フロンティアハウスについて
名称   :株式会社フロンティアハウス
設立   :1999年4月
代表取締役:佐藤勝彦
住所   :神奈川県横浜市神奈川区東神奈川1-11-8 FHレガーレ
事業内容 :「不動産投資をより身近に、より多くの方に。」をミッションに、アパート・マンション等の収益用物件の開発・分譲を中心に、土地仕入、建築、販売、リーシング、賃貸管理までをワンストップスキームでお客様へのお役立ちを目指す、総合不動産サービス事業を展開しております。
会社HP  :https://www.frontier-house.co.jp/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)