美容・健康

MSCI日本株女性活躍指数(WIN)の構成銘柄に3年連続で選定

株式会社ファンケル
 株式会社ファンケルはこのたび、米国のMSCI社がESG投資のために開発した「MSCI日本株女性活躍指数(WIN)」の構成銘柄に3年連続で選定されました。


 「MSCI日本株女性活躍指数(WIN)」は、「女性活躍推進法」に基づく性別多様性に関するデータベースにおけるデータと企業の開示情報からスコアリングし、女性の労働参加と昇進を支持し、多様性に関するポリシーを持つリーダー企業を選定するものです。本指数は、年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)のESG投資の指数として採用されています。

 当社は創業以来、女性従業員が中心となり活躍する風土が根付いており、女性が能力を発揮できる職場づくりを推進してまいりました。2020年度の女性管理職比率は46.5%と、前年度よりも約3%向上しました。
今年度は、世の中の変化に合わせてサステナブル宣言「未来を希望に」に基づく重点的な取り組みテーマを見直しました。重点テーマの一つに「地域社会と従業員」を掲げ、女性、障がい者活躍の場の拡大に取り組み、さらなるダイバーシティ&インクルージョンを推進してまいります。
 今後もダイバーシティ推進のスローガン「みんな違ってあたりまえ」のもと、女性に限らず、様々な価値観や考え方を持つ多様な人材が個性や能力を発揮し、活躍できる職場づくりに努めてまいります。

MSCI日本株女性活躍指数(WIN)
https://www.msci.com/msci-japan-empowering-women-index-jp

■ファンケルグループ サステナビリティサイト
https://www.fancl.jp/sustainable/
■重点テーマ「地域社会と従業員」の取り組み
https://www.fancl.jp/sustainable/society/

■女性活躍推進の取り組みに関する主な実績と目標 ※2021年3月時点
(1)女性従業員比率:63.5%
(2)女性管理職比率:46.5%、目標2023年度に50%
(3)育児休業復帰率:100%
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)