医療・医薬・福祉

「115 PANEL BOOTH」での陰圧ブース作成を承ります!!

株式会社プレシード
115PANEL BOOTHは様々な形態のブースを組立可能です

陰圧ブースはブース内部の空気をフィルタを通して清浄化した上で外部に放出します。 これにより感染予防や緊急時の救護室などにご利用できます。 弊社では115 PANEL BOOTHを利用した陰圧ブース作成を承っております。




115 PANEL BOOTH特設サイト!
https://preceed.com/index-115booth.html


陰圧ブースとは
下図のようにブース内部に取り込んだ空気をHEPAフィルタを通して外部に放出するため、外部への感染予防や救護室として使用が可能です。


※HEPAフィルターとは、High Efficiency Particulate Air Filterの略で、「0.3μmの粒子に対して99.7%以上の粒子捕集率を持つフィルタ」のことです。半導体工場や先端医療分野で多用されています。


構成例(写真)

オプションの循環ユニット、フィルタユニットを組み合わせベッドを設置して作業スペースもある陰圧ブースが完成いたしました。ごく短期間で組立可能です。




この他にも、115 PANEL BOOTHをご注文いただきますと、さまざまな形態のブースや大型パーテーション等を作成可能です!ぜひこの機会にご用命ください。


【お客様からのお問い合わせ先】
《株式会社プレシード 総合管理本部 経営企画室》
TEL:096-235-7727 (平日08:30~17:00(土日祝除く))
e-mail:info@preceed.co.jp

【本リリースに関する報道お問い合わせ先】
《株式会社プレシード》、《総合管理本部 経営企画室 デジタル化推進室》、《佐藤》
TEL:096-235-7727
e-mail:info@preceed.co.jp

まで
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)