美容・健康

健康管理アプリ「ON DIARY」を利用した、特定保健指導予備軍対策サービス提供開始

株式会社ジ・アイ
特定保健指導対象者の増加を抑え、生活習慣病の予防、医療費削減を図る「新規流入防止策」を設計。39歳以下の加入者に特定保健指導とスマートフォンアプリによるセルフ健康増進を組み合わせて健康保健組合に提供。

株式会社ジ・アイ(本社:東京都渋谷区、代表取締役CEO:中島大輔、以下:ジ・アイ)は、2021年4月より、健康保険組合等(共済組合、自治体含む)や健康経営に取り組む企業向けに、健康管理アプリON DIARY〈オンダイアリー〉を活用してサービスの提供を開始いたしました。 現在、ファーストユーザーとして日本精工健康保険組合様へ提供中です。スマートフォンアプリを活用したポピュレーションアプローチでは最大500名を対象に、管理栄養士によるハイリスクアプローチでは個別指導を最大50名に実施を予定しています。効果的な対策のベストミックスで、対象者が40歳以上になった時の特定保健指導への新規流入防止を図っていきます。 ICTによる完全リモート対応でコロナ禍においても、効果的な保健指導を実現します。


健康管理アプリ「ON DIARYを利用した特定保健指導予備軍対策サービス提供開始

■サービス概要
39歳以下の、健康な方から特定保健指導の対象者になるリスクを持っている方まで、幅広く「健康増進」を図ることをお手伝いするサービスです。
健康~低リスクの方にはスマートフォンアプリON DIARY〈オンダイアリー〉を使って自分で健康増進ができるサービスを提供します。中~高リスクの方には、ON DIARYの提供と併せて特定保健指導とほぼ同等の個別指導を完全リモートで実施します。

ジ・アイはこれまで、行動変容に欠かせない「動機付けと効果的な計画、継続する支援」を強みに、多くの特定保健指導を成功させてきました。その結果、完了率はもちろん、高い改善効果やリピーター防止効果が高く評価されています。
その成果とノウハウを活かし、次のステップとして本サービスを開始するに至りました。

(特定保健指導のご紹介はこちら)https://ondiary-kenkohoken.the-ai.co.jp/tokuhosidou/

特定保健指導で蓄積したノウハウと経験を39歳以下の若年層へ展開し、特定保健指導予備軍を減らすことで新規流入防止を図ります。

2021年4月より日本精工健康保険組合様において、最大550人規模での実施が始まっています。それに加え、すでにジ・アイと契約済の複数の健保へも、本ソリューションの提供の開始を予定中です。
ジ・アイでは今後2022年3月までに、40~50件の導入を目指します。


保健指導を成功させる3つのステップ

特定保健指導予備軍対策
目的:特定保健指導への新規流入防止
対象年齢:39歳以下
実施期間:約1年~(継続可能)
予備軍対策と特定保健指導との比較一覧

導入企業事例
日本精工健康保険組合
加入者:約3万2千人
開始時期:2021年4月
目標:アプリ利用500名、個別指導50名
サービス詳細はこちら↓
https://ondiary-kenkohoken.the-ai.co.jp/yobigun/


サービス提供の背景
特定保健指導では、新規流入や対象者のリピートにより、対象者が減らないという課題があります。ジ・アイの本サービスでは主要因である新規流入を防ぎ、将来の特定保健指導者数の低減を図ります。
予備軍が持つリスクに応じて「アプリによるポピュレーションアプローチ」と「個別指導によるハイリスクアプローチ」をバランス良く組み合わせて健康増進を図ることで、幅広い範囲で効果的に実施することを可能としました。
予備群対策は、特定保健指導で定められた範囲を超えた、新しい観点の保健事業です。年齢やリスクレベルを問わず、多くの従業員の健康増進を図る施策として、事業者が目指す健康経営にも効果的な施策となり得ます。
特定保健指導予備軍対策の効果イメージ

■本件に関するお問い合わせ
株式会社ジ・アイ
TEL:03-6452-5226
お問い合わせフォーム:https://willap.jp/p/acc_4032/01/
担当:福島


■会社概要
社名:株式会社ジ・アイ The AI Inc.
所在地:東京都渋谷区桜丘町ビューネ桜丘802
TEL:03-6452-5226
URL:https://the-ai.co.jp/

株式会社 ジ・アイは、フィットネスクラブ向けクラウド型運営プラットフォーム ON DIARY〈オンダイアリー〉の導入サポートをしています。オンダイアリーは、ダウンロードしてご自分で記録をするだけでなく、専門家が寄り添い伴走することで”続ける”をサポートするアプリです。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)