食品・飲料 自然・環境

調査「Q.日本茶(緑茶、番茶、玄米茶など)を飲む頻度は?」、フェリシモ モノコトづくりラボが結果発表。特別なお茶を楽しむ豊かな時間、セレクトショップFu's Noteで「健一自然農園」のお茶も販売中

株式会社フェリシモ
お茶を通じて見つける、すこやかで、自分らしい暮らし。耕作放棄地となった茶畑を画期的な農法でよみがえらせるお茶農家「健一自然農園」のお茶を販売中

フェリシモが展開する、「フェリシモ モノコトづくりラボ」は、お茶に関する調査を5月27日に発表、Q.「日本茶(緑茶、番茶、玄米茶など)」を飲む頻度は?」との質問に、56%の人が「1日に複数回」と回答、お茶好きが多い結果に。また、Q.紅茶や、ハーブティーを飲む頻度、さらにQ.プレミアム食品(飲料)の購入頻度も調査しています。リッチ、高級、贅沢と特別なお茶を楽しむのは豊かな時間となり、おうち時間を一層充実させることができそうです。フェリシモの「Fu's Note[フーズノート]」では、耕作放棄地となった茶畑を、画期的な農法でよみがえらせるお茶農家「健一自然農園」代表の伊川健一さんとのコラボで、キャンペーンでお得に、個性にあふれたさまざまな18種類のお茶を楽しめる定期便など、お茶をさまざまに楽しむ商品のウェブ販売を行っています。



【調査】Q.「日本茶(緑茶、番茶、玄米茶など)」を飲む頻度は?
・詳細をウェブで見る>> https://feli.jp/s/pr210625/1/


図上:Q.「日本茶(緑茶、番茶、玄米茶など)」を飲む頻度は?(インターネット調査)
A.1日に複数回56%、B.1日1回20%、C.週に4~5回3%、D.週に2~3回6%、E.週に1回5%、F.月に2~3回3%、G.月に1回1%、H.それ以下2%、I.飲まない1%、J.その他1%(SA,n=325)
アンケート回答期間 2021年4月19日~2021年5月27日

◆コメント
・たまたま飲まない日もありますが、ほっとしたいとき、和食のごはんのときはやっぱり緑茶です。健康にもよいとあらためて話題もありおいしくいただきたいと思っています。 (週に4~5回 )
・朝はぬるめの緑茶を飲み、お昼は室温の緑茶を飲み、夜はその他のものを飲みます。 (1日に複数回 )
・家庭でも職場でも夏でも冬でも緑茶を急須でいただきます。特に朝の一杯は格別です♪(1日に複数回 )
・朝ごはんと夜ごはんの時は必ず緑茶を飲みます。油っぽい物を食べる時にはほうじ茶を。日本茶が好きなのとコーヒーや紅茶に比べて手間がかからないのでたくさん飲みます。 (週に4~5回 )

◆フェリシモのFu's Note[フーズノート]のお茶アイテムをウェブで>> https://feli.jp/s/pr210625/5/



健一自然農園×フェリシモおいしくて奥深いお茶のとりこに
「耕作放棄地となった茶畑を、画期的な農法でよみがえらせるお茶農家さんが奈良にいる」と紹介していただいたのが「健一自然農園」の代表、伊川健一さん。そのご縁から「健一自然農園×フェリシモ」のプロジェクトが始動しました。お届けするのは、煎茶・番茶・ほうじ茶・玄米茶・紅茶・烏龍茶・桑の葉煎茶・大和当帰やホーリーバジル入りなど、おどろくほど個性にあふれたさまざまな18種類のお茶。「新茶」だけじゃない、さまざまな季節に収穫、生産された個性豊かなお茶の魅力、今まで飲んだことがなかったお茶との出会いをお楽しみください。どなたでも、いつでも気軽にお楽しみいただけるティーバッグタイプです。朝起きてゆっくりいれる一杯、夕食後にいれる濃い目の一杯……そのときどきの一杯のお茶が、小さなしあわせを運んでくれる気がします。お茶を通じて、心とからだを整える習慣づくりができたり、新しいお楽しみが見つかるといいな。【by 店主Fu(ふー)】


健一自然農園×フェリシモ 心とからだにそっと寄り添う お茶セット(ティーバッグ)の会
月1セット ¥1,350(+8% ¥1,458)⇒3回エントリーキャンペーン特別価格¥1,250(+8% ¥1,350)
商品の詳細・ウェブでのお申し込み>> https://feli.jp/s/pr210625/6/
・一度、「3回エントリーキャンペーン」で申し込むと、自動的に3回分(通常3ヵ月)の予約となります。
・キャンペーン申込期限:2021年9月30日
キャンペーン終了後のお申込み>> https://feli.jp/s/pr210625/7/

・1回のお届けセット例です。


・【在来三年晩茶】丸3年以上、収穫せずに育った高さ約1.5~2mのお茶の樹を、茶葉だけでなく枝も刻み薪で焙煎したユニークなお茶。※在来三年晩茶は収穫量が少ないため、「健一自然農園」だけでなく、伊川健一さんが「健一自然農園モデル」のお茶づくりを指導している、島根県や岐阜県の茶畑で収穫されたものもブレンドしています。
・【レモン和紅茶】ほのかな酸味が心地よいレモンを合わせた、さわやかな和紅茶。
・【ゆず煎茶】ゆずの香りと煎茶の風味が絶妙のコンビネーション。

◆健一自然農園
奈良県北東部に広がる「大和高原」にある健一自然農園は、2001年に、15年ほど放棄されていた耕作放棄農地を借り、ほぼ一人で開墾したところからはじまっています。その後も地域の方から茶園を受け継ぎ「自然栽培」でお茶を育てています。



◆Fu's Note[フーズノート]
ちょっといいもの。おいしいもの。おもしろいものを紹介したいと活動するFu's Note店主Fu(ふー)がセレクトした、日々の暮らしを楽しむとっておきアイテムをお楽しみいただける通販セレクトショップです。ユニークな物語を持つ社会派・個性派アイテムなどが揃っています。
・ウェブサイト>> https://feli.jp/s/pr210625/9/


◆「フェリシモ モノコトづくりラボ」お茶に関するそのほかの調査
Q.紅茶を飲む頻度をウェブで見る>> https://feli.jp/s/pr210625/2/


Q.ハーブティーを飲む頻度をウェブで見る>> https://feli.jp/s/pr210625/3/


Q.プレミアム食品(飲料)の購入頻度をウェブで見る>> https://feli.jp/s/pr210625/4/



◆お電話でのご注文・お問い合わせ
0120-055-820 (通話料無料)
0570-005-820 (通話料お客さま負担)
(受付時間:月曜~金曜/午前9時~午後5時)
※携帯電話など「0120」を利用できない場合は、「0570」で始まる番号をお使いください。
※お客さまからのお電話は、ご注文の内容を確認・記録するために録音させていただいております。
※「0570」通話料は20秒につき10円(税別)かかります。
※PHS・一部のIP電話ではご利用できない場合があります。

~ともにしあわせになるしあわせ「FELISSIMO [フェリシモ]」~
ファッションや雑貨などの企画・販売を行う神戸の通販会社です。ひとりひとりがしあわせ共創の担い手となること、人をしあわせにする、人としあわせになる。自然と、社会としあわせになる。その経験価値をコアバリューとした「ともにしあわせになるしあわせ」を具現化する“社会性” “独創性”“事業性”の3つが交わる領域での事業活動を行っています。
― 会社概要 ―
社名 : 株式会社フェリシモ
本社所在地 : 〒650-0035 神戸市中央区浪花町59番地
代表者 : 代表取締役社長 矢崎和彦
証券コード : 東証1部3396
創立 : 1965年5月
事業内容 : 自社開発商品をカタログやウェブサイトにて全国の生活者に販売するダイレクトマーケティング事業
◆ウェブサイト>> https://feli.jp/s/pr210620/1/
◆Instagram>> https://www.instagram.com/felissimo_official/
◆Twitter>> https://twitter.com/FELISSIMO_SANTA
◆Facebook>> https://www.facebook.com/felissimosanta/
◆会社案内(PDF)>> https://feli.jp/s/pr210620/2/
◆フェリシモの社会活動>> https://feli.jp/s/pr210620/3/
◆みなさまとともにしあわせ社会をめざす基金活動>> https://feli.jp/s/pr210620/4/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)