企業向けシステム・通信・機器 医療・医薬・福祉

「あなたの調剤薬局」、第52回日本薬剤師学術大会に出展

健康サロン株式会社
開催日:2019年10月13・14日(山口県下関市)

健康サロン株式会社(本社:東京都目黒区、代表取締役吉村一哉、以下、健康サロン)は、調剤薬局の課題を解決するトータルパッケージサービス「あなたの調剤薬局」を、10月13日(日)・14日(月)の2日間、山口県下関市で開催された第52回日本薬剤師学術大会に「あなたの調剤薬局」を出展いたしました。 弊社健康サロン株式会社のブースにおいては、来局時の面前以外における服薬指導の義務化による予想される深刻な薬剤師の業務負担に対し「ICT」による業務改善・業務効率化を図るためのソリューション「あなたの調剤薬局」を出展し、当日は350名を超える薬剤師様・業界関係者様にご来場いただきました。





イベント内容
来局時の面前以外における服薬指導の義務化による予想される深刻な 薬剤師の業務負担 に対し「 ICT 」による業務改善・業務効率化を図るためのソリューション「あなたの調剤薬局」を出展 。処方箋予約や LINE 連携による投薬後フォロー、健康相談、電子お薬手帳の自動連携を 「あなたの調剤薬局( 2019 年 10 月 10 日発表)」 のサービスで実際にそれらの機能を体験戴きました。

--------------------------------------------------------------------
参加者の声
患者さんにお薬を渡した後のフォローをどうしたらいいのか悩んでいたが、このサービスがあれば一気に解決できるのですぐにでも導入したい 。(山口県〇〇薬局 代表取締役 A 様)

薬機法の改正法案の服薬期間中の継続的な管理・指導にどう対応するかを検討していた。1つの対応策として考えてみたい 。(兵庫県調剤薬局チェーン 部長 B 様)

電話で投薬後フォローをしてみたが、「患者様とタイミングが合わず、効率が悪い。」と、感じていた。 LINE であればお互いに都合のよい時間に返信できるので画期的だと思う。(福岡県〇〇薬剤師会 会員 C 様)

個人LINE で200人以上の患者様とやり取りをしているが、対応する人数が増えてきてしまって、「このままで大丈夫だろうか。」と、漠然と不安に思っていた。しっかりとしたサービス上で対応できるので安心できる 。
(大分県〇〇薬局 管理薬剤師 D 様)

健康フェアやイベントを口伝えやチラシで告知していたが、LINE で繋がっている人にまとめて配信できるようになるので、是非活用したい。(愛知県調剤薬局チェーン 統括マネージャー E 様)

LINEで電子お薬手帳が簡単に使っていただけるようになるのはとても助かる。今までは、患者様に手帳アプリをダウンロードしてもらうまでのハードルが高くて、悩んでいた。(大阪府〇〇薬局 管理薬剤師 F 様)

電子お薬手帳をお持ちの患者様がいましたが、まだ対応できていないので、どうしようか悩んでいた。「あなたの調剤薬局」は、電子お薬手帳以外にも薬局に必要な機能が詰まっているので使ってみたい。(大分県〇〇薬局 取締役 G 様)

個人薬局で新しいシステム導入は費用が高くて躊躇してしまうことが多いが、「あなたの調剤薬局」1つで、薬局に必要な機能が詰まっているのは経営上助かる。(宮崎県〇〇薬局 代表取締役 H 様)

--------------------------------------------------------------------

次回イベント出展の予定
10月 19 日(土)・ 20 日(日)に兵庫県神戸市で開催される第 13 回日本薬局学会学術総会に「あなたの調剤薬局」を出展致します。当日は機能・サービスのご説明の他、体験版もご用意しております。
【第 13 回日本薬局学会学術総会 】
開催日
2019 年 10 月 19 日(土)・ 20 日(日)
開催地
〒 650 0046 神戸市中央区港島中町 6 9 1 神戸国際会議場
URL
https://secure.ps japan.org/forum2019/


--------------------------------------------------------------------
「あなたの調剤薬局」サービス紹介
1. 患者への服薬指導(投薬後フォロー)が、LINEで簡単・自動的に実施できます。患者はいつでも薬剤師にLINEで健康相談ができ、来局以外の継続的コミュニケーションをサポートします。
2. 薬局は自局の特徴・特色をカスタマイズできるマイページで患者に自局をアピールできます。
3. 患者は処方箋送信による来局予約ができ、薬局での待ち時間を短縮できます。
4. お薬手帳データをクラウド化。eお薬手帳により、患者のお薬手帳持参の煩わしさを解消、簡単に閲覧・追加入力も可能。既存の電子お薬手帳とも自動的に連携します。
5. 自局以外の薬局と在庫情報を共有し、仕入れコスト削減可能な共同購入や、不動薬を融通することで、適正在庫を保持します。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)

横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会