出版・アート・カルチャー デジタル製品・家電

1万人以上の「まくらの悩み」を解決! 快眠セラピスト三橋美穂プロデュース【「寝返りしやすい」にとことんこだわったまくら】発売

株式会社主婦と生活社
株式会社主婦と生活社は「寝返りしやすい」にとことんこだわったまくら【「極」熟睡ワイドまくら】を発売しました。血液やリンパの流れを改善し疲れをとる、筋肉や体のゆがみを調整するなど快適な睡眠に欠かせない「寝返り」。寝返りしても頭が落ちない幅広さ、横向き寝になったときも圧迫感を感じさせない設計です。形、高さ、大きさと、まさに理想のまくらの完成形をお試しください。 6月30日(水)、全国の書店・ネット書店にて発売。






「よく眠れる まくら」のポイントは?

「スムーズな寝返りができること」
 人は睡眠中に20~30回ほど寝返りをうって、血流を促進、体温や体のゆがみを調整しています。このほか、睡眠段階を切り替えるスイッチのような役割もあります。つまり、スムーズに寝返りが行えれば、睡眠の質は向上するというわけです。
 最適な「まくら」とは、この寝返りが余裕をもってできる大きさであることが重要です。また、横向き寝のときに肩に圧迫感があると、途中で目がさめてしまいます。あお向けでも横向きでも姿勢が楽で、自由に寝返りをうてることが大切です。


【寝返りの役割】


血液やリンパの流れをよくして疲れをとる
体のむれを防いで体温をコントロール
筋肉や体のゆがみを調整



まくらに手を置けば、胸の圧迫が解消
横向きになったとき、背骨から頭にかけてまっすぐな姿勢になるとよい。また、幅が広いまくらだと腕もまくらの上に置けるので、胸や肩が圧迫されず、呼吸や体制が楽になる。「極」熟睡ワイドまくらの両サイドは、横向き寝が快適になるように設計さてれいます。



あなたの「まくらの悩み」を解決したい! という思いで開発

【「極」熟睡ワイドまくら】は、累計13万部! 大好評「極・快眠まくら」の進化版
“日本人の頭の形”にぴったりの、空気のようなフィット感もさらに高まりました。最大の特徴は、どんなに寝返りしても頭が落ちない、そのワイドな幅広さ。横向き寝になったときにも圧迫感を感じさせないように設計されています。まくらの形、高さ、そして大きさと、理想のまくらの完成です。
眠りが浅い、首・肩がこる、首のシワが気になる、疲れがとれない……という人は、まくらを変えてみるといいかもしれません。




【睡眠Q&A BOOK】付き
まくらのこと、寝具のこと、「眠り」のこと快眠セラピストが解決します!!

よく眠れるまくらポイントは?
最適なまくらの高さとは?
硬いまくらと柔らかいまくら、どちらがよい?
寝巻きで注意することはある?
敷寝具を選ぶときのポイントは?
どうしても眠れないときの解決策は?
朝起きても疲れがとれない…解決策は?







【睡眠Q&A BOOK】で日々の睡眠について一度チェックをしてみてはいかがでしょうか?
睡眠を改善して健やかな毎日を送るキッカケづくりにお役立てください!



【商品概要】





「寝返りしやすい!」日本人の平均的肩幅に適応するまくら幅63cmをキープ
・ウレタン素材の新感覚・低反発まくら
・サイズ 縦30cm×横63cm×高さ6.4~9.8cm
・洗濯できるカバー付。色はおしゃれなツートンカラー(スカイブルー×ライトグレー)
・まくら以外の眠りの悩みも解決「睡眠Q&A BOOK」付



【監修】 三橋美穂(みはし みほ)

寝具メーカーの研究開発部長を経て独立。講演や執筆、快眠グッズのプロデュースなどに携わり、テレビや雑誌など多方面で活躍中。頭を触るだけで、その人にピッタリと合うまくらがわかる「眠り」のスペシャリスト。主な著書に、『眠トレ! ぐっすり眠ってすっきり目覚める66の新習慣』(三笠書房)、などがある。そのほか、シリーズ累計115万部越えの『おやすみ、ロジャー魔法のぐっすり絵本』(飛鳥新社)の監修者としても知られる。

三橋美穂の睡眠情報サイト[Sleepeace Cafe] https://www.sleepeace.com/


●商品名:「寝返りしやすい!」にとことんこだわった「極」熟睡ワイドまくらpremium
●発売日:2021年6月30日(水)
●監修・開発:三橋美穂
●定価:2,970円(本体2,700円+税10%)
●ISBN:9784391155853
●発行所:株式会社主婦と生活社
〈主婦と生活社HP〉https://www.shufu.co.jp/bookmook/detail/978-4-391-15585-3/

[Amazon] https://amzn.to/35pJNw0
[楽天ブックス] https://bit.ly/3xmvIeZ
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)