美容・健康 ビジネス・コンサルティング

医療データ分析SaaS「SelfBase」を提供するテックドクターが、ウェアラブルデバイスのデータを分析した「社員のストレス状態の見える化」に関するデータを公開

株式会社TechDoctor
ストレスや睡眠に関するスコアを可視化することが、生活習慣の行動変容を促進することを確認

「データで“調子”を良くする」をミッションに掲げ、医療・製薬関連をはじめとする研究機関向けに、特にメンタル不調や精神疾患専用の医療データ分析SaaS「SelfBase(セルフベース)」を提供する株式会社テックドクター(代表取締役:湊 和修、本社:東京都港区、以下:テックドクター)は、ウェアラブルデバイスであるFitbitから取得したデータを分析し、ストレスや睡眠に関するスコアを可視化する独自の取り組みを開始いたしました。また、本取り組みが社員の健康意識の向上と行動変容を促すことをを確認し、外部の企業様でも活用可能なフォーマットを作成・公開するにいたりました。 ・下記URLフォームより詳細レポート入手可能:https://forms.gle/Uswp9XYM2NDWjEZs5


1.本取り組みの目的
リモートワークが常態化し、医療を取り巻く環境も変化している中で、社員や従業員が日常における自分の状態に関して把握することが、重要になってくると考えられます。特に、日々の生活におけるストレスは、人によっては自分では気がつくのが難しいこともあり、SelfBaseの解析システムを活用して様々なメトリクスによる解析を行い、行動変容につながるストレスの状態の可視化を行いました。
本取り組みでは、自分自身の脈拍/睡眠/運動データから様々な解析を行ったデータを自分で見ることによって、行動変容がおこっているのかを定量化し評価しデータによる見守りの効果を確認することを目的としています。

2.本取り組みの概要


TechDoctorではウェアラブルデバイスであるFitbitから脈拍/睡眠/運動データを取得して毎週平日にそれぞれのスコアを可視化させる社内検証を2021年4月から開始
社内検証では被験者15名をランキング形式で比較を行い毎週ランキングの変動を見ながら自分の健康意識の向上を図った
5月より各曜日ごとに同じランキングを毎週出しただしそれぞれを毎日「面白い/役立つ/わかりやすい」の3項目をそれぞれ5点満点で採点


3.検証概要
【参加人数】15名(男性13名 女性2名)
【期間】2021年4月1日~現在継続中
【内容】
 ウェアラブルデバイスfitbitより取得したデータを用いて数値の可視化
 可視化されたものを参加者が3つの観点から評価の実施し見やすいデザインの発見
【データ】
 運動データ:歩数/消費カロリー/各種運動時間
 睡眠データ:睡眠時間/入眠・起床時間/各種睡眠ステージ割合/睡眠効率
 脈拍データ:安静時心拍数(脈拍から推測)/時間ごとの脈拍数 / 独自に算出した指数等


4. 「ストレス状態の見える化」検証結果
上記概要に沿って、約1ヶ月半、本人同意を得た15名を対象にFitbitを配布し取組みを行いました。
取組みは4月上旬に取組みを開始し、fitbitから取得できるデータをAPIを通じて認証を行い取得し解析。当社解析用プロダクトSelfBaseを活用して、取得したデータから様々な本人へのフィードバックをSlack上にて実施しました。フィードバックは下記のような「自分の状態を知る」ことができる内容をカード形式でまとめて平日昼頃に毎日伝える形で行われました。


また、Fitbitから取得できる脈拍データを用いて副交感神経の優位度を算出しストレスフリー度として時系列における自分の変化をカードとして表示するなど工夫を行い、その都度、それに対しての参加者側の反応数なども定量化。「時間帯ごとで自分がいつストレスを感じやすいか」「他の参加者と比較した時に自分の特徴がどこにあるか
」などのフィードバック内容や見せ方ごとでも反応の評価を行いました。
(ストレスフリー度とは相対的な副交感神経の優位度合い。数値が高くなるほどストレスなく過ごすことができていることを表しており、低いほどストレスが高い状態であることを示す。)




ストレス関連レポートを中心に、睡眠や運動などのレポートも曜日ごとに配信しました。


5.行動変容の事例
下記は参加者の一人である弊社社員のストレスフリーランキングの5月の推移を示しており、この取組を通じて改善が行われたことが確認できました。最初の1,2週間目では10位と社内15人の中でも下の方であったが3,4週目には3,2位と改善されました。

Aさんが意識したことは以下


朝に脈拍数を高めるとその日1日負荷がかかってしまうので朝に行っていたランニングを夕方にした
寝る時間をそろえることで睡眠時間のばらつきを無くすことを意識した
意識的にミーティングとミーティングの間を開けて連続したミーティングを避けた

今回紹介したストレスフリー度 以外にも様々なランキングやFitbitアプリに表示されているデータを見ながら自分の習慣を見直してランキングを向上させることに成功したと考えられます。

また、取り組みを行ったチーム内では、睡眠や運動などに関して意見がかわされ、お互いにアドバイスをするなどコミュニケーションにおける健康に関しての話題も増え、健康意識の高まりが確認できました。

6.今後の展開について
1ヶ月半にわたって、データを可視化し個人にフィードバックすることで、個人の日々の生活における特徴などを可視化することをデータの解析とビジュアライゼーションを組み合わせることで、参加者が自分自身に気づきをもたらす事を実現しました。また、一部の参加者では約1ヶ月程度で行動変容し改善することも確認できました。
今後、さらにデータの解析を進め、より効果的なアウトプットを行っていくとともに、継続的な行動変容が起こるかを継続的に確認を進め、約4ヶ月後での効果の成果をまとめる予定です。

7.デジタルヘルス活用の意義
日々の生活におけるストレスは、人によっては自分では気がつくのが難しいこともあり、社会情勢の変化の中で自分のリズムが崩れたり、他人とのコミュニケーションの機会が減るなどの状況から、よりストレスを抱え込む傾向があると考えられます。

海外においても、デジタルヘルスの取り組みは様々な分野において進んでおり、ストレスの状態把握にも有意義です。Fitbit等は医療機器等ではありませんが、それらから得られるデータは、本来のストレスの状態を確実に知ることはできないものの、状態の変化を捉えるためには活用可能であるということを取り組みから確認したいと考えております。当社は引き続きコロナ禍で社会が変化していくなかで、実生活内での活用方法を進め、人々が自分自身の状態を確認する方法として確立し、社会全体のレジリエンスが向上できるよう取り組んでまいります。


今回本記事に載せられなかった実施中の検証の様子や解析内容については詳細資料に関しても以下のURLよりお問い合わせ下さい。
URL:https://www.technology-doctor.com/#top-contact


会社概要
株式会社TechDoctorは、データで調子を良くする時代へをビジョンに、デバイスやアンケートを用いたメンタルヘルスサポートSelf Doc.とデータ解析基盤Self Baseを展開しております。医学部での研究活動を背景とした医学的視点と、各種ウェアラブルデバイス等のAPI開発パートナーとして心拍や体動、睡眠などのデータ解析の技術力とを組み合わせて、ビジョンの達成を目指しています。

【代表】湊 和修
【所在地】〒106-0032 東京都港区六本木7-14-23 クロスオフィス六本木
【メールアドレス】support@technology-doctor.com
【ホームページ】https://www.technology-doctor.com
【note】https://note.com/techdoctor/followers
【twitter】https://twitter.com/TechDoctor13
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)