食品・飲料 広告・マーケティング

製菓会社・UHA味覚糖と電気の繊維の会社ピエクレックスが咀嚼に注目し“マスクをしてグミを噛む”新スタイルを提案 秋に向けてニューノーマル時代のオーラルウェルネス共同プロジェクトを開始

UHA味覚糖株式会社
 このたび、UHA味覚糖株式会社(本社:大阪府大阪市、代表取締役:山田泰正)と株式会社ピエクレックス(本社:滋賀県野洲市、代表取締役社長:玉倉大次)は、コロナ禍における新たな口腔ケアの課題に取り組むため、「オーラルウェルネス共同プロジェクト」を始動いたします。  本プロジェクトは、ニューノーマル時代のマスク装着下におけるオーラルウェルネスを、楽しみながら実践していただく取り組みを提案するため発足いたしました。




■共同プロジェクトの背景
 UHA味覚糖は、舌の汚れに働きかける口腔ケア成分であるアロマ成分複合体「DOMAC(ドゥーマック)」を活用した口腔ケアに取り組む中で、この技術を「咀嚼による口腔機能維持」にも活用できないか検討していました。
 また、ピエクレックスは、人の動きを電気エネルギーに変え、抗菌効果を生む新素材「PIECLEX(ピエクレックス)」を開発し、製品化に向けた検討を重ねていました。この抗菌効果を生かし、自分の「口の動き」を利用することにより楽しみながら着用できるマスクを提案したいと模索している最中でした。

■“マスクをしてグミを噛む”共同試験の結果
 それぞれの課題であった「口の動き=咀嚼」に着目し、「PIECLEX」を使用したマスクを装着した状態でグミを噛む共同試験を行ったところ、やわらかいグミを噛むよりも、硬いグミを噛んだ方がマスクの抗菌効果に必要な伸長が大きくなり、かつ咀嚼動作も大きくなることがわかりました。両社の技術に相乗効果があることがわかったことから、マスクとグミの関係を生かした共同プロジェクトを始動することとなりました。

【UHA味覚糖とピエクレックスの想い】


【共同試験の結果】

■今後の取り組み
 共同試験結果内容をもとに、UHA味覚糖では咀嚼による口腔機能維持も考えたDOMAC含有の高弾力グミの開発を、ピエクレックスでは多くの皆様に試してもらえるよう、アパレルブランドとともに「PIECLEXマスク」の更なる改良を進めます。
 さらに両社の取り組みとして、DOMAC含有高弾力グミとPIECLEXマスク着用によるマスク着用時のDOMAC含有高弾力グミの抗菌力および舌キレイデータの取得など、相乗効果に関するエビデンスの取得を進めていきます。DOMAC含有高弾力グミ発売時には、ピエクレックスマスクが当たるコラボキャンペーンなど、生活者に向けてオーラルウェルネスの重要性と、口の中と外からケアする“マスクをしてグミを噛む”という新スタイルを提案いたします。今回の共同プロジェクトを通じて、生活者のマスク生活を少しでも楽しめるきっかけとなり、モチベーションを高めるお手伝いになればと考えています。

■UHA 味覚糖の口腔ケアへの取り組み・DOMAC 技術について
 UHA味覚糖株式会社は創業から70年余、「おいしさは、やさしさ」を理念に、ロングセラー商品の「特濃ミルク8.2」や“まるで果実”を感じられる新感覚グミ「コロロ」、グミの技術を生かし新しいサプリメントを創出した「UHAグミサプリ」など、様々な分野で、その時代時代にあった魅力的な商品を創り続けてきました。
 2012年よりオーラルケア研究への取り組みを開始し、2015年に独自成分「DOMAC」含有のキャンディ「UHAシタクリア」の発売にいたりました。「DOMAC」は帝京大学 医真菌研究センターとの共同研究によって生まれたアロマ成分複合体で、舌の汚れに働きかける口腔ケア成分です。このアロマ成分複合体はシナモンやライチの食品由来成分や様々な香り成分などからなり、それら各成分が相乗効果を発揮することで、口腔環境を整えていきます。現在ではキャンディ、タブレット、ジェルといったラインナップを揃え、一人ひとりに合った手軽で新しい健康習慣の提案をしてまいりました。
 そしてこのたびDOMAC技術によりオーラルケア研究に取り組むUHA味覚糖が出会ったのがピエクレックスさんです。マスク生活は口腔環境に悪影響を及ぼすことが知られています。最先端の繊維を用いたピエクレックスさんのマスクと、当社のDOMAC技術を応用したグミは、口腔環境改善に相性が良いのではないかと考え、取り組みをスタートしました。
 UHA味覚糖は、 『キャンディ・タブレット・ジェルを舐めて健康習慣』という新しい生活様式の提案と共に、「人がおいしいと感じるものは体にいい」という確信をもって、これからもたくさんのお客様にたくさんの商品をお届けしてまいります。




■新素材 PIECLEX の紹介とマスクに関する研究について
 株式会社ピエクレックスは、株式会社村田製作所と帝人フロンティア株式会社が共同開発した、世界初となる「力が加わることで電気エネルギーを生み出し、抗菌効果を発揮する圧電繊維(PIECLEX)」を扱う会社です。「PIECLEX」は、とうもろこしを原料とする植物性由来のポリ乳酸(PLA)が原料です。伸縮したり、ひずみを加えることで電気が発生し、抗菌効果を発揮します。歩く、走るなどの“ヒトの運動エネルギー”に着目し、動けば動くほど効果が高まることから、「環境にやさしいMotivational Fiber」をブランドコンセプトに掲げて、これまでにない新しい価値を提案します。

 「PIECLEX」製品の第一弾として、マスクをBtoB向けに販売開始いたしました。その「PIECLEXマスク」の効果を最大限にできる、自然に口を動かすような動作はないかと検討した際に出会ったのがUHA味覚糖さんです。グミを噛む際の「咀嚼」という口の動きに注目し両社での取り組みをスタートしました。現在、株式会社ピエクレックスでは、村田製作所をはじめ、Motivational Fiberというコンセプトに賛同いただいた、京都銀行、滋賀銀行、戸田建設といった企業様に向けて、供給を始めています。ニューノーマルの時代に向けて、PIECLEX技術で貢献できるよう努めて参ります。

【PIECLEXの特徴】


【PIECLEXのブランドコンセプト】

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)