医療・医薬・福祉

デイサービス向けクラウド機能訓練ソフト「リハプラン」がLIFE提出サポート機能の提供を開始

株式会社Rehab for JAPAN
リハプランを通じて、厚生労働省の科学的介護情報システム「LIFE」へのデータ提出をなめらかに

デイサービス向けクラウド機能訓練ソフト「リハプラン」を運営する株式会社Rehab for JAPAN(本社:東京都品川区、代表取締役 大久保 亮)は、2021年6月28日より、厚生労働省の科学的介護情報システム「LIFE」へのデータ提出をサポートする機能の提供を開始しましたのでご報告します。個別機能訓練加算(II)のLIFEへのデータ提出を簡単・安心に行うことができるようになりました。




リハプランは、「デイサービス向けクラウド機能訓練ソフト」として2018年2月にリリースして以来、順次導入事業所を拡大しており、累計導入事業所数は966事業所になります。(2021年6月時点)



背景

2021年度介護報酬改定では、高齢者の自立支援・重度化防止の取組の推進が柱の1つに据えられ、厚生労働省の科学的介護情報システム「LIFE」へのデータ提出による新たな加算が創出されました。

LIFEとは、日本中の介護事業所のリハビリ計画や評価などのデータが蓄積されたデータベースです。
介護事業所はLIFEにデータを提出することで、そのデータから導き出されるフィードバックが得られ、リハビリの質を向上させるPDCAサイクルをまわすことができるようになります。
LIFEに蓄積されるデータの質・量の向上が「科学的介護による高齢者の自立支援・重度化防止」の要になります。


課題と目的

一方で、LIFEへのデータ提出は、介護現場に新たな業務負担を生じています。
これまでのリハビリ計画作成に加えて、評価データや分析用のコードを新たに入力する必要があります。
また、提出タイミングが利用者毎に異なるため、複雑な管理も必要となります。
デイサービス事業所の皆様から、「データ入力が難しい、時間がかかる」「正しく提出できたか不安」といった声を多数頂いており、この新たに生じた業務負担を軽減できなければ、科学的介護の推進が滞ってしまうリスクがあると考えました。

私たちは「LIFEへのデータ提出に伴う業務負担の軽減」が、科学的介護の推進に不可欠であると考えます。
そこで、より簡単・安心にLIFEへのデータ提出が行える「LIFE提出サポート機能」の提供を開始いたします。
事業所スタッフの方が、さらに高齢者と向き合う本業に集中しながら、科学的介護を推進できる環境を整備いたします。

今回、「LIFE提出サポート機能」の第一弾として「個別機能訓練加算(II)」への対応をリリースいたしました。
個別機能訓練加算(II)のLIFEへのデータ提出を簡単・安心に行うことができるようになります。

「LIFE提出サポート機能」は、リハプランの標準機能としてご提供します。リハプラン利用ユーザーであれば、新たな申込手続や追加料金の支払いなくご利用いただけます。


「より簡単に」提出データ入力

■LIFEに必要な項目を自動セット
リハプランを使用して個別機能訓練(I)計画書を作成すると、LIFEに必要な項目(※)を自動でセット。そのままLIFEにデータ提出できます。
※病名のICD-10コード、目標のICFコード、運動プログラムの支援コード




「より安心に」データ入力漏れや提出漏れを防止

加算の算定要件を満たすためのアラートが充実。入力漏れや提出漏れを防止できます。

■入力内容アラート機能
入力内容の漏れや誤りがある場合にアラートが表示され、一目で修正内容を確認をすることができます

■提出状況の管理機能
LIFEへの提出締切日までに、入力が完了していない利用者やCSVファイル出力が完了していないデータが一目でわかるので、提出漏れを防止できます。利用者毎に提出タイミングを管理する業務負担を削減できます。

自然な流れで、個別機能訓練(II)加算の算定要件を満たすことができます。



今後の予定

科学的介護推進体制加算・口腔機能向上加算(II)・ADL維持等加算につきましても、7月以降順次リリース予定です。
リハプランは、「エビデンスに基づいた科学的介護」の実現を目指して、今後も介護事業所の業務に即した機能開発・改善を行っていきます。


リハプランについて

リハプランは、機能訓練業務を誰でも簡単・安心・効果的に行える「デイサービス向けクラウド機能訓練ソフト」です。最新の高齢者データベースをもとに2,200種類、目標・運動プログラムから最適な計画・訓練を自動で提案。リハビリ業務に必要なすべての機能があり、職員の書類業務負担を軽減、介護事業所の差別化・売上アップを支援します。





株式会社Rehab for JAPANについて

当社は「介護に関わるすべての人に夢と感動を」をビジョンとし、より多くの高齢者が健康的に長生きすることで幸せに長く暮らせる世界(健康寿命の延伸)に向けて、「エビデンスに基づいた科学的介護」の実現を目指すスタートアップ企業です。介護現場のリアルデータを収集し、高齢者が元気になることを科学していきます。
・称号 :株式会社Rehab for JAPAN(リハブフォージャパン)
・創立 :2016年6月10日
・代表者:大久保亮
・所在地:東京都品川区西五反田8丁目8-15カーニープレイス五反田8F
・資本金:968百万円(資本準備金含む)
・URL
-コーポレートサイト:https://rehabforjapan.com/
-リハプラン:https://rehaplan.jp/training/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)