暮らし 美容・健康

【高血圧オンライン診療支援【テレメディーズ】】 都営三田線にてマタニティマークとのタイアップで告知を開始

一般社団法人テレメディーズ
女性の高血圧について啓蒙を進めるとともに、産前・妊娠・産後に関連した高血圧のオンライン相談に対応しています。

 高血圧治療においてオンライン診療の利用を推進する一般社団法人テレメディーズ(代表理事 谷田部 淳一、所在地:東京都千代田区、以下:テレメディーズ)は、厚生労働省が利用を推奨するマタニティマークとのタイアップ広告を、2021年6月22日(日)から都営三田線の優先座席エリアに掲出いたしました。


<女性の高血圧と企画の趣旨>

 妊娠に関連した高血圧は妊娠高血圧症候群と呼ばれ、お母さんや赤ちゃんに大きな影響を与えることも少なくありません。また、妊娠高血圧症候群を経験した女性では、出産後も高血圧の再発症や心血管病の罹患リスクが高いとされています。そのため、妊娠中に血圧が高くなった女性の場合、検診をしっかり受診する、家庭血圧を測定する習慣をつけるなどの体調管理がより強く勧められます。
 テレメディーズでは、高血圧領域における専門的サービスの提供経験を活かし、産前・産後を含む女性の高血圧について、オンラインやIoTを活用した相談に対応しています。マタニティマークとのタイアップをきっかけとして、より多くの女性に高血圧ケアの大切さを知って頂くため、今回の企画を実施することといたしました。



<マタニティマークについて>

 妊娠中のお母さんが交通機関等を利用する際に身に着け、周囲が妊産婦への配慮を示しやすくするものです。交通機関、職場、飲食店、その他の公共機関等には、その取組や呼びかけ文を付してポスターなどとして掲示し、妊産婦にやさしい環境づくりを推進することが求められます。
 テレメディーズも、この理念・方針に共感し、今回のマタニティマークタイアップ告知を実施することにいたしました。
(厚生労働省ホームページより引用)
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kodomo/kodomo_kosodate/boshi-hoken/maternity_mark.html

<広告掲出概要>

・都営三田線 1編成
・2021年6月22日~ 1年間掲載

<テレメディーズについて>

 “テレメディーズ(R) BP(2019年度グッドデザイン賞受賞)”は、自宅や職場にいながらにしてオンライン診療を受け、降圧薬などの処方を郵送で受けることを支援するパッケージサービスです。その一部として、総合内科および内科領域別専門医、医療スタッフによる、高血圧をはじめとした生活習慣病などの内科疾患や、妊娠に関連した高血圧に関する医療相談を利用することができます。

 テレメディーズは、脳卒中・循環器病の一次予防として最も重要な高血圧対策を提供することにより、持続可能な社会を志向するために不可欠なサービスの開発・実装を行ってまいります。


<会社概要>
社名:一般社団法人テレメディーズ(URL:https://telemedease.org/
設立:2018年5月17日(高血圧の日/国際高血圧デー)
事務所所在地:東京都新宿区袋町5-1 FARO神楽坂201
代表理事:谷田部 淳一
事業内容:オンライン診療支援事業、ヘルスプロモーション事業

<本件に関するお問い合わせ>
一般社団法人テレメディーズ 真栄田(広報企画担当)
E-mail:info@telemedease.org TEL:03-6869-6938
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)