ネットサービス・アプリ 医療・医薬・福祉

こどもの体調不良にオンライン診療は不安?オンライン診療サービス「LINE ドクター」、疾患別特集ページ第二弾「こどもの体調不良」について公開

LINE株式会社
利用者からは、「病院嫌いのこどもでも、テレビ電話ならスムーズ」という意見も

LINE 株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:出澤 剛)と、エムスリー株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:谷村 格)の共同出資により設立した合弁会社である LINE ヘルスケア株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:室山 真一郎)は、患者側がオンライン診療を利用する際に、より疾患ごとに利用シーンを把握できるよう、疾患別の特集ページを新設、第ニ弾として、本日より「こどもの体調不良」についての特集を公開しますので、お知らせいたします。



季節の変わり目は、急な発熱や下痢、頭痛など体調が不安定になるお子さんは多いのではないでしょうか。コロナ禍で外出による感染や院内感染が心配、病院へ行く時間が十分に取れないなどの理由で、少し症状が出ていても病院に行くことを控えてしまい症状が悪化してしまうケースも想定されます。オンライン診療サービス「LINEドクター」は、このような お子さんをもつご両親が感染の心配をすることなく、隙間時間でお子さんの体調不良についてご自宅から受診できる手段としてご利用いただけます。こどもの症状について、オンライン診療で受診するのは不安という方向けに、特集ページ内では具体的な利用方法や留意点もご紹介しています。詳細は、特集ページをご覧ください。※受診には条件がございます。
・「こどもの体調不良」特集ページhttps://lin.ee/NsL0hW9/wckk

こどもの体調不良時のオンライン診療においては、特に下記のような時にご活用いただいております。
・上気道炎や気管支炎、咽頭炎、発熱、鼻炎などのかぜ症状
・花粉症などのアレルギー性鼻炎や湿疹、乾燥肌などによる皮膚の病気
・腹痛や嘔吐、下痢、頭痛など心配な症状があるが、病院に連れていくべきかどうかを診てもらいたい時
・いつも処方してもらっている薬が切れた時

実際にオンライン診療「LINE ドクター」をご利用いただいているクリニックの患者様からは、「聴診や触診、検査などができないので少し心配でしたが、その必要があればすぐに対面診療をしてくれると言われたので、安心できました。」「うちの子は病院に入っただけで泣き出すのですが、オンライン診療ではテレビ電話に興味を持ったようでスムーズに進みました。」などのご意見をいただいています。※医師の要請により、オンライン診療不可となる場合もございます。

また、小児科特集ページで監修を務めた「吉田機司クリニック」院長吉田先生からは、以下のとおり、小児科とオンライン診療についてのコメントと、こどもの体調不良時にオンライン診療で受診する際のワンポイントアドバイスをいただいております。

~監修医師・吉田先生からのコメント~
私のクリニックでもインターネットを使いこなしている世代の親御さんは、オンライン診療に興味をもつ方が増えてきたことを日々の診療で実感しております。特に小さなお子さんがいらっしゃる方からは、「病院に行く時間がないときに先生に相談できるのは助かる」「自宅から受診できるので、こどもが病院よりもリラックスした状態で診てもらえて嬉しかった」「感染が心配で病院に行くのをためらっていたが、オンラインだったらその危険がないので次回も利用したい」などの声をいただいております。オンライン診療を初めて利用する方は少し不安を抱くかもしれませんが、実際にご利用いただくといつでも医師とつながることができるという、これまでにはない安心感を抱く方が多いようです。対面診療が必要な場合は、事前に医師側からそのようにお伝えしますので、まずは気軽にご相談していただき早期治療につながればと思います。

~こどもをオンライン診療で受診させる際のワンポイントアドバイス~
お子さんをオンライン診療で医師に診てもらう際は、下記のようなポイントを心がけていただけると良いのではないでしょうか。
・小児の場合、お薬の量を調整しますので、事前にお子さんの体重を測っておく
・母子手帳やおくすり手帳は、手元に置いておく
・子ども医療証を取り扱っている医療機関か否かを予約時に確認しておく
・親御さんがオンライン診療に慣れていないと診療時にきちんと伝えられないことがあるので、問診票(LINE ドクターの場合は、セルフチェックシート)に詳しく記載しておく
オンライン診療だからと構えすぎず、上記の点を留意して対応をすると、よりスムーズかつ効率よくオンライン診療をお子さんの体調不良時にご活用いただけると思います。

オンライン診療サービス「LINEドクター」は、今後も多くの方がどのような時にオンライン診療を活用できるのかを把握いただき、早期の治療や中長期の治療継続にご活用いただけるよう、疾患、症状別の特集を定期的に公開してまいります。

【特集ページ監修医師:吉田明弘(よしだ あきひろ)】



埼玉医科大学卒業後、日本医科大学第一内科へ入局。昭和初期に祖父が千葉県市川市に吉田機司病院を開業し、昭和42年に前院長である父が葛飾区鎌倉に移転。平成20年8月にクリニックへ転換したと同時に院長に就任。専門の一般内科、 小児科の診療に加え、地域のかかりつけ医としてほぼすべての疾患の初療にあたる。患者の一人ひとりと向きあいながら、気軽に健康の不安を相談できるホームドクターを目指している。

吉田機司クリニック 院長 吉田明弘先生
診療科目:内科、小児科
吉田機司クリニック https://yoshida-kiji.clinic
ご連絡先 03-3659-2245
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)