美容・健康 ビジネス・コンサルティング

夢ふくらむ!世界中から参入相次ぐ3兆円市場「スリープテック・ベンチャー」

Futonto 株式会社
睡眠計測アプリや睡眠学セミナーを通じて幅広く睡眠改善を発信しているFutonto株式会社(本社:東京都町田市 代表取締役社長:齊藤淨一 以下、Futonto)は、2021年6月16日TOKYO創業ステーション主催オンラインセミナー「ヘルスケアベンチャー最前線~スリープテック編~」に、睡眠解析プラットフォームを提供する株式会社ニューロスペース代表取締役、小林孝徳氏と共にスリープテック・ベンチャーの最前線について解説しました。



近年、睡眠障害や睡眠の質をテクノロジーで改善する「スリープテック」市場は、急成長を続けています。

日本における2020年のスリープテック市場規模は1.2兆円以上、潜在市場は3兆~5兆円にのぼると言われ(寝具新聞社の調査より)、世界市場では2024年に約1,000億ドル(約10兆円)規模まで拡大するとも予測されています(Accurize Market Researchの調査より)。
2021年6月16日(水)に、TOKYO創業ステーション主催のオンラインセミナー「ヘルスケアベンチャー最前線~スリープテック編~」にFutonto代表取締役社長の齊藤淨一が登壇し「Startup Hub Tokyo 丸の内」の創業支援サービスを利用する起業家など、参加人数98名がオンラインで参加しました。

齊藤は約90分のセミナーの中で、ヘルスケア・ベンチャーとしてFutontoを起業し「オーダーメイド枕の店 まくらぼ」を立ち上げた経験談を語りました。

コロナ禍で営業自粛を求められながらも、10年間増収、2021年6月には経常利益1億円を超えると予測するビジネスに発展させるまでに経験した成功のノウハウや、起業時の融資やビジネスを展開する中で起きたトラブルなどのリアルな経営話も披露しました。
また、Futontoが無料でサービス提供している睡眠計測アプリ「睡眠ランキング」開発の経緯や、睡眠データを使った睡眠改善法、次世代スリープテックなども解説しました。

経営や収益化の仕組みについて話す中でも、Futontoの齊藤は「一番大事にしているのは『どこに行くのかではなく、誰と行くか』ということです。夢や理念を共有し合える人と仕事することは本当に楽しいです。是非ビジネスを楽しんで、スリープテック業界を共に盛り上げていきましょう」と、起業を目指す参加者にエールを送りました。
Futontoはこれからも「世界を朝から元気にする」という経営理念に沿って、商品だけでなく正しい睡眠法の発信・普及に努めてまいります。
▼イベント詳細(TOKYO創業ステーション)
https://startup-station.jp/eventseminar/TAA0103?event_id=E000101026


■講師紹介:齊藤淨一(Futonto株式会社 代表取締役社長)
寝具で「世界を朝から元気にする」という想いで、2011年Futonto株式会社を設立。スリープマイスターとして自ら睡眠学の講演や人財育成に注力。
睡眠の可視化、いびきの測定ができる無料の携帯アプリケーション「睡眠ランキング」を開発し、オーダーメイド枕や寝具だけに留まらず、睡眠の質向上を目的とした幅広い情報発信を行っています。


■講師紹介:小林 孝徳氏(株式会社ニューロスペース 代表取締役CEO)
自身の睡眠障害の経験をきっかけに、2013年にニューロスペースを設立。
企業向け睡眠改善プログラムで、健康経営や働き方改革を推進する70社以上の企業と1万人以上のビジネスパーソンの睡眠改善をサポート。
同時に高精度の睡眠計測、解析技術そして睡眠改善ソリューションのコアテクノロジーを基にパートナー企業と協業し、スリープテックビジネスを創出しています。
著書:『ハイパフォーマーの睡眠技術 SleepSkill』(実業之日本社)


■Futonto 株式会社
所在地:〒194-0013 東京都町田市原町田6-27-19平本ビル
代表者:齊藤 淨一
設 立:2011年7月1日
まくらぼ 公式サイト https://www.makulab.jp/
Futonto公式サイト https://futonto.co.jp/
事業内容:オーダーメイド枕の店まくらぼを全国30店舗展開。一人ひとりのお客様に合わせた「オーダーメイド枕」を中心とした寝具の企画・販売にとどまらず、睡眠計測アプリの配信、睡眠学セミナー等の情報発信を行う。

■お問い合わせ先
Futonto株式会社 広報部 担当:坂野
TEL:042-732-6667
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)