インテリア・雑貨 美容・健康

昭和のおもちゃ「ごえん予防」グッズに進化

株式会社アメイズプラス
介護予防王子が監修。11月末より発売

あの懐かしい「昭和のおもちゃ」吹上パイプが、<喉・胸・お腹>を効率的に鍛えることができる新商品「長息パイプ」へ進化しました。“介護予防王子”として活躍中の久野秀隆先生と株式会社アメイズプラスが共同開発した本商品は、高齢者の死亡原因上位にランキングされている「誤嚥(ごえん)性肺炎」を予防することを目的とし、11月末より発売予定です。 ▶先行予約を受付け中:https://ux.nu/plp0h



■下腹ぽっこりも解消!「長息パイプ」の特徴

1.重さが異なるボールで身体を鍛える
ライト球 → 肺活量トレーニング
ミドル球 → 下腹ぽっこりエクササイズ
ヘビー球 → 誤嚥(ごえん)予防

2.「流体力学×人間工学」構造
本体の中にチューブを入れることで、吹いた息の流れが漏れることなく直接ボールに伝わり流量もUP。吹き口も息がもれないように唇に密着する形状を追究し、手軽にお手入れができるように取り外しも可能。


■「介護予防王子」久野氏の監修


神奈川県を中心に70市区町村にて年間2400件の講演・講座、8年間で述べ15万人の元気な高齢者の健康づくりを担当し、行政の事業設計やアドバイザーも行う久野秀隆先生はルックスの良さから「介護予防王子」としてシニアの間で大人気です。

自身が開催する体操教室等でおもちゃの「吹き上げパイプ」を使い、実際に「誤嚥(ごえん)予防」トレーニングを取り入れていました。


書籍:こわい肺炎から命を守る!ゴエン予防体操
著者:久野秀隆
出版社:SDP


■死因の第2位…誤嚥の原因は「のどの筋肉の衰え」

超高齢化社会が進む今日、肺炎の死亡率が増加傾向にあります。一般社団法人日本呼吸器学会によると、肺炎で死亡する人の94%が75歳以上のお年寄りで、90歳以上の高齢者の死亡原因第2位が肺炎です。誤嚥性肺炎とは、雑菌を含んだ食べ物や唾液、痰などを、誤って肺に入れてしまう“誤嚥”が原因で起こる“肺炎”のことを指します。

\アマゾンで「長息パイプ」と検索/






商品名:長息パイプ
価格:3980円(税別)
発売元:株式会社アメイズプラス
発売日:11月末
先行予約を受付け中:https://ux.nu/plp0h


【本件に関する報道関係者からのお問合せ先】
株式会社アメイズプラス 広報担当:志村
電話:03-5475-6501 メールアドレス:t.shimura@amaze-plus.com FAX:03-5475-6502
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)

横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会