流通 医療・医薬・福祉

「漢方×テクノロジー」で急成長中の株式会社ハーバルアイ、ピアラベンチャーズを引受先とする第三者割当増資を実施

株式会社ハーバルアイ
800社以上のマーケティング実績と連携し、医薬品通販事業、海外進出をさらに強化



◆高まる「予防医療」産業の中でテクノロジーを組み合わせ急成長
現在、病気を未然に防ぐ「予防医療」のニーズが世界的にが高まっています。

厚生労働省でも「セルフメディケーション税制」という、医療費控除の仕組みが導入され、病気になってから治療する「対症療法」から、健康の維持増進をする「予防医療」への関心と必要性が高まっております。

こうした社会潮流の中で、ハーバルアイは「自身の体質を改善する」という東洋医学の考えに基づき、「予防医療」に特化した商品・サービスを展開しております。


◆2015年の創業以来、成長産業の中で新商品を続々投下
ハーバルアイは、医薬品のネット通販が解禁された直後の2015年に創業し、漢方を中心とした医薬品のネット通販にいち早く参入。2016年10月には体質の遺伝的傾向を検査できる「遺伝子検査キット」の提供を開始しました。



その後、2019年10月には日頃からバランスの取れた美味しい食事をとることで病気を予防する医食同源の考えのもと、飲食事業をスタート。

漢方薬剤師のレシピに基づいたおかゆをデリバリーする「薬膳専門店おかゆや」を出店し、飲食事業を活用した「D2C型ビジネスモデル」の展開を進めています。

◆2020年、コロナ禍で売り上げアップ。マーケティングをさらに強化
コロナ禍により、2020年より開始した飲食店舗はシビアな影響を受けますが、宅配専門への業態転換や、デリバリーブランドの卸販売を行うことで、売上高を伸長させることができました。

売上高に伴って会員数も増加しております。
前回2020年5月のFUNDINNOでの募集時の顧客数は9万人でしたが、2021年5月現在、顧客数は14万人を突破いたしました。

さらに2021年3月に発売いたしました新商品のトーチラックは、これまで使われていなかった漢方を発掘し、弊社でリデザイン・リブランディングを試みたことで、リリース以降大変好評をいただいており、ECでも好調な売り上げを記録しております。

他にも下記の新商品をリリースしております。

・冬虫夏草マカ
有機栽培で育てた冬虫夏草とマカを原料に用いた商品です。

・&ginseng
高麗人参の枝根が丸ごと入ったクラフトビールです。

今後も、オーガニックや自然食品に係る商品開発と、漢方を中心とした医薬品の商品開発を並行して行ってまいります。

◆800社以上のマーケティング支援実績とシナジーを起こし、さらなる飛躍を。
今回の資金調達の経緯についてご説明いたします。

引受先のピアラベンチャーズが保有するヘルスケア、ビューティー、食品領域に特化した800社以上のデータやマーケティング実績は、ハーバルアイがデジタル領域で漢方を広めるうえで、相乗効果があると判断していただき、第三者割当増資に至りました。

近年、クリニックや薬局運営の問題解決の一つの手段として、オンライン診療やオンライン服薬指導のニーズが高まっており、より「漢方×テクノロジー」の市場は拡大していくことは間違いありません。そこで既存の薬局との連携も進めていきたいと考えております。

具体的には、マーケティング・集客に困っているクリニックや薬局の集客支援を行うことで、リアルとデジタルの両面から予防医療市場拡大に合わせたソリューションを提供して参ります。

◆「漢方×○○」で無限の可能性を

今回、高麗人参入りのクラフトビールを発売したように、今後は漢方と組み合わせたさまざまな食材とのコラボレーションも進めて参ります。

弊社で企画開発からマーケティング、EC含む販売まで一貫して行える体制を活かし、漢方を媒介とした全国の生産者様を支援する取り組みを進めて参ります。

今後の展開に相乗作用を感じられたクリニックや薬局、生薬原材料の生産者様や法人からのお問い合わせも募集しております。

【企業情報】
健康の維持増進や疾病の予防に自ら取り組む「セルフメディケーション」「予防医療」の重要性とニーズに着目し、漢方製剤の医薬品開発・販売や、薬膳レストランの運営を行なっている。
会社名:株式会社ハーバルアイ
代表者:代表取締役 橋口遼
設立 : 2015年12月
資本金 : 3,860万円
本社 : 福岡県福岡市中央区天神5丁目7-3福岡天神北ビル6階
電話:092-717-6346
URL : https://www.herbal-i.co.jp
株式会社ハーバルアイ 広報担当者:横尾
本件に係る問い合わせ先メールアドレス:pr【@】herbal-i.co.jp
※メールをお送りする際は【】をとってください
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)