医療・医薬・福祉 美容・健康

パーソナルドクターサービス「Wellness」を提供する株式会社ウェルネス、β版提供開始とともに資金調達を実施。

株式会社ウェルネス
~「あなたの健康上のリスクや課題」「あなたが健康のために知っておくべきこと」の2点を医師がチェックする無料カウンセリングも受付中~

パーソナルドクターサービス「Wellness(ウェルネス)」を運営する株式会社ウェルネス(本社:東京都渋谷区、代表取締役医師:中田航太郎)はインキュベイトファンドと佐竹義智氏、Windows95の父・中島聡氏、藤岡大祐氏、複数の医師などの個人投資家を引受先とした約3500万円の第三者割当増資を実施したことをお知らせいたします。また同時に、パーソナルドクターサービス「Wellness(ウェルネス)」β版の提供を本日開始したことをお知らせいたします。




■『Wellness』について

『Wellness』は、仕事が忙しく時間も限られるビジネスパーソンが、医師とともに自分自身の身体や心の課題・リスクと向き合い、ヘルスリテラシーを高めて効率的に予防ケアを行うためのパーソナルドクターサービスです。一人一人の健康理解度や課題を踏まえてパーソナルドクターがあなた専用のカリキュラムを構築します。週1回ホテルのラウンジや自宅で行う対面レクチャー(オンラインにも変更可能)と日々のオンラインコーチングを通じて、生涯活きるヘルスリテラシーの習得と、個々に最適な健康行動へと導きます。


<無料カウンセリング>

現在申し込み受付中の無料の体験カウンセリングでは、あなたのお話を医師が専門的な立場からお伺いさせていただき、「あなたの健康上のリスクや課題」「あなたが健康のために知っておくべきこと」の2点をチェックさせていただきます。
詳細・申し込み:https://wellness.jp/trial

<カリキュラム(3種類)>

無料カウンセリングを踏まえて、あなただけのカリキュラムを提案させていただきます。プランは3種類となっており、週1回の対面レクチャー(オンラインにも変更可能)と、毎日のオンラインコーチングによって、一生物の健康知識を短期間で確実に身につけることが出来ます。

ベーシック :168,000円(1ヶ月間/レクチャー計4回)
スタンダード:298,000円(2ヶ月間/レクチャー計8回)
プレミアム :428,000円(3ヶ月間/レクチャー計12回)



<学べる内容(一例)>

・人間ドックの活用法がよく分からない方…年齢や生活習慣に応じてどんな検査を受けるべきかをレクチャーし、検査結果を正確に読み解き、それを踏まえて今後の健康を改善するための知識も提供します
・太っていると自覚している方…ヒトが太ってしまうメカニズムの知識のインプットを元に、ご自身の生活習慣に合わせて食事のタイミングや内容のアドバイスを行います。また肥満がリスクになる病気についても理解を深め、体重だけではなく血圧やコレストロールにも配慮した食事を選べるよう、レクチャーとコーチングを行います

など

■サービス誕生の背景

『Wellness』は代表の中田が医師として働く中で感じた多くの理不尽をきっかけに誕生しました。「そもそも病気を防ぐ方法や健康を維持する方法を知らない」「検査は受けているのに、その結果が全く活用できない」「気軽に聞けるかかりつけ医がいない」といった現実があり、それによって多くの方が健康の課題に一人で悩み、時に命を落としています。忙しいビジネスパーソンは仕事を抜け出すのも一苦労であり、取り返しのつかない状態で初めて病院に来るということもザラです。『Wellness』は、病気になる前からパーソナルドクターを持ち、忙しい中でも正しい知識に基づいた効率的な予防ケアを行うためのサービスです。「壊れてから治す」医療から「壊れないように予防する」医療へのパラダイムシフトを目指し、日本中にウェルネスムーブメントを巻き起こしていきます。

■海外との比較

海外ではパーソナルドクターがいるのが当たり前であり、自分をよく知る医師から必要な情報を効率的に得ることができます。また、ヘルスリテラシーが高いほど保険料が安くなる『Health IQ』、効率的なウェルネスエコシステムを提供する『THE Well』、ドクターによる月額制予防ケアを提供する『Forward』など、忙しく健康意識の高いビジネスパーソンが効率的に予防ケアを行うための環境が整っています。一方、日本で専門知識に基づいた予防を行うことは困難で、ネットの情報や友人からの口コミに容易に流されてしまうのが現状です。『Wellness』は、これからの日本を支える忙しいビジネスパーソンが効率的に予防ケアを行い、高いパフォーマンスを維持するための最適解となります。

■今後の展開について

カリキュラム修了者は『Wellnessメンバーシップ』に加入することができ、専用のアプリケーションを通じて、人間ドックの予約~データ確認、医師を中心としたケアチームへの24hアクセス、日々の健康状態の共有と活用、病院受診時の紹介状作成など、生涯に渡ってトータルケアを施すパーソナルドクターサービスを受け続けられるようになります。また長期的には、健康データ取得、ケアチームによるアドバイス、自分自身のデータに基づいた最適な健康行動(食事、運動、ヨガなど)がシームレスに提供される月額制のウェルネス施設へと展開し、オンラインとオフラインが融合した効率的なウェルネスエコシステムを構築していきます。

■Wellness代表のコメント

・中田航太郎
私たちは全ての人が、病気になる前からパーソナルドクターを持ち、正しい知識に基づいて効率的に健康を維持できる世界を目指しています。防ぎうる病で苦しむ人を一人でも減らすことは勿論、健康を維持することで人々のパフォーマンスを向上し、世に蔓延る理不尽をなくし、日本全体を明るくしたいと思います。僕が抱く笑われてしまうような壮大なビジョンに共感し、サポートしてくださる投資家の方々がいることに心から感謝しています。治療主義の医療から予防主義の医療へパラダイムシフトを起こし、『Wellness(ウェルネス)』という新しい価値を広めるべく、一歩一歩着実に事業展開をして参ります。

■シードラウンド 引受先からのコメント

・本間真彦氏(インキュベイトファンドGP)
人生100年時代。個人の健康の観点からも、マクロ的な医療費削減の観点からも、予防医療の重要性は高まっています。何か病気になってから病院へ行く、という世界観ではなく、自分の体を自分自身が知り、それを自分自身で管理する。その為のパーソナルドクターによる自己学習・コーチングサービスに将来性を感じています。予防医療に人生をかける、若き医師である中田さんの挑戦を応援したいと思います。

・佐竹義智氏(エンターモーション創業者)
ウェルネスのサービスは医療分野で未開拓の「病気になる前に対処する」市場で、今後伸びていくマーケットだと確信しています。中田社長のビジョンに強く感銘を受け、今回の投資家として初めて参画させて頂けましたこと、大変光栄に思います。

・中島聡氏(Windows95の父)
米国に来て、日本と大きく違うと感じたのは「プライマリケア医」の存在です。どんな症状があってもまずは一人の医者に相談し、その医者が緊急を要するか、何科の医者に会えば良いのかなどを判断してくれるのです。日本にもそんな存在が必要だと常々考えていました。

・藤岡大祐氏(公認会計士)
日本では40兆円を超える医療費のさらなる急増が見込まれており、重要な社会的課題となっています。ウェルネスのサービスは予防医療の拡充を促進するものであり、医療費抑制という社会的課題の解決に不可欠なサービスになると確信しております。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)

横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会