美容・健康

\2021年夏 新発売/ 沖縄県産有機モリンガを贅沢に配合した「Green Up モリンガ酵素青汁」公式オンラインストアより販売開始!

POM UNIVERSAL合同会社
植物にしか生み出すことのできないファイトケミカルを贅沢に配合。腸活ケアでより質の高いカラダ作りへ。

ピーオーエムユニバーサル合同会社(本社:東京都新宿区)が展開する新ヘルスケアラインTHE DAYS PRODUCTSより沖縄県産有機モリンガをはじめ、厳選された7つの素材を贅沢に配合した「Green Up モリンガ酵素青汁」が販売開始。





90種類以上の豊富なビタミン・ミネラル・アミノ酸を含む沖縄県産有機モリンガに、島桑、パイン酵素を加えた酵素青汁に水溶性デキストリン、発酵サトウキビバガスをブレンドし、飲みやすく仕上げた栄養補助食品です。

毎日続けるものだからこそ、不要なものは入れずにからだが喜ぶ優しい素材を惜しまず使用しました。


高い栄養価で注目を浴びるスーパーフード「モリンガ」



脂肪の燃焼を手助けするアミノ酸。体内では作り出せない必須アミノ酸9種類を含む19種類のアミノ酸がモリンガには含まれています。希少価値の高い有機JAS認定・無農薬沖縄県産モリンガを使用。

ビタミンやミネラルを損なわないよう、収穫後2時間以内に乾燥を終えます。特に日が昇る前に原料を収穫することで、刈り取り後の発酵を進行させることなく苦味も抑えるように手間をかけています。


植物の生み出す「ファイトケミカル」を手軽に効率よく




Green Upモリンガ酵素青汁は、一般的な青汁に多い葉っぱだけを使用した青汁ではなく、栄養や食物繊維が多く含まれる皮や実、茎をまるごと使用。また一般的に多いのは1包当たり2~3gですが、本品は5gを1包に贅沢に配合しています。


厳選された7つの素材



1|モリンガ 
90種類以上の豊富なビタミン・ミネラル・アミノ酸を含む。脂肪の燃焼を手助けするアミノ酸。体内では作り出せない必須アミノ酸9種類を含む19種類のアミノ酸がモリンガには含まれています。希少価値の高い有機JAS認定・無農薬 沖縄産モリンガを使用。

2|島桑 
現代人に不足しがちな亜鉛やカルシウムを多く含みます。糖の吸収を抑える働きをする桑の葉特有成分として注目されている「デオキシノジリマイシン」。近年の研究で、沖縄の島桑はその他の品種に比べデオキシノジリマイシンが多く含まれることがわかっています。

3|発酵サトウキビバガス 
沖縄のサトウキビから生まれた新しい食物繊維素材。独自技術で粉砕・醗酵処理を行うことで、ビフィズス菌を増やしてくれるキシロオリゴ糖やポリフェノールの含有量をさらにアップ。

4|水溶性デキストリン
従来の難水溶性デキストリンを超える最新の素材(2017年発表)。水溶性食物繊維の一種であり、大腸まで届き私たちの腸内環境を改善する手助けをしてくれます。

5|パイン酵素
パイナップルの芯から摂れる希少なタンパク質分解酵素。腸内の有害物質を分解する働きや、豊富なクエン酸が消化の促進をサポートしてくれます。

6|大麦若葉
鉄分・葉酸・カルシウム・マグネシウム・亜鉛・カリウムなどの栄養素はもちろん、胃や腸の活動を活発にしてくれるクロロフィルや抗酸化フラボノイドなどの有用成分も豊富に含んでいます。

7|きな粉(遺伝子組み換え大豆ではない)
大豆には抗酸化作用を持つサポニンをはじめ、大豆ペプチドや大豆イソフラボンなどたくさんの機能性成分が含まれています。また私たちのからだを構成するうえで欠かせない成分であるタンパク質。大豆はその中でも栄養価の高い良質なたんぱく質を豊富に含む食品とされています。


自然素材の甘みを活かし、カラダに優しい無添加を実現



遺伝子組み換え・増粘剤・防腐剤・保存料・香料・着色料・甘味料は一切使用しておりません。

また、安心してお召し上がりいただけるようGreen Upモリンガ酵素青汁は、衛生基準が厳しいGMP認証を取得した国内工場で商品製造をしております。




▼公式オンラインストア▼
https://touchofficialstore.com

商品概要
Green Up モリンガ酵素青汁
内容量 150g(5g×30包)
価格 ¥9,450(税込)


本件に関するお問い合わせ先
ピーオーエムユニバーサル合同会社
info@pomuniversal.com
https://pomuniversal.com
お問い合わせフォームよりご連絡いただくか、上記メールアドレスまでお問い合わせください。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)