ネットサービス・アプリ 医療・医薬・福祉

量子アニーリング技術研究開発ソリューションを提供するシグマアイから仙台市コールセンターの業務を支援するwhis+を提供開始

株式会社シグマアイ
量子アニーリングマシンを活用した総合ソリューション・アプリケーションを提供する、株式会社シグマアイ (東京都港区港南、代表取締役:大関真之・観山正道)は、コロナ感染症の拡大を受けて様々な社内プロジェクトを進行してまいりました。その中で仙台市の「クロス・センダイ・ラボ」を活用したシグマアイの自治体支援共創プロジェクト「Project MASAMUNE」(プロジェクトマサムネ)から、仙台市コールセンター業務支援ツール「whis+」(ウィズプラス)の提供を開始しました。 仙台市ではコロナ感染症の感染の疑いのある市民向けに、医療機関に関する情報の提供や電話による相談を受け付けるコールセンターを設置しています。感染症の拡大に伴い、そのコールセンター業務における従事者の負担も増大しています。その業務支援のために、相談者の状況と自治体に寄せられた電話相談、医療機関への案内実績に基づき、最適な医療機関を相談者・従事者に提案するツールとして「whis+」を開発しました。


whis+は2021年7月1日より仙台市のコールセンターの業務に採用され、仙台市・近隣の方々の生活を支援の現場にて利用されます。健康上の不安を抱えた相談者に寄り添った対応を行うために、従事者にできるだけ負担のない最低限の操作で、速やかに必要な医療施設情報にアクセスし、近隣地域の情報や、案内実績に基づくリアルタイムの混雑度合いから適切な医療機関の選定を支援します。

このwhis+を始め、仙台市と進めて参りましたProject MASAMUNEは、市民の生活を支える人、仙台市・近隣に居住する人々が輝く未来を作ることを目指して発足しました。便利な種々のデジタルツール、量子コンピューティング、データサイエンス、ありとあらゆる科学技術を駆使し、自治体に潜む問題を解決します。whis+については、今後相談者に直接語りかけるように安心を届ける個別サービスへの発展、他の地方自治体への速やかな展開、そして共通プラットフォームへの進化を目指します。さらに地域住民に寄り添ったサービスとしての方針を突き詰め、新しいコミュニケーションのスタイルを確立する新しいデジタルツールを開発し、自治体や医療業務の軽量化、質の向上、新しい価値創造に挑んで参ります。


■事業内容
シグマアイは、子供たちのために未来を描き、私たちの技術で形にすることを目指す企業です。最先端科学技術を駆使して、豊かで健康で安全な活力ある社会を創造します。社会の効率化技術として、量子アニーリングに注目して顧客企業の皆様とともに、D-Wave Systems社の量子アニーリングマシン(2019年7月に日本初の大型利用契約を締結)を始めとした新しい計算基盤を用いた研究開発事業、および多くの顧客ユーザーの生活に寄り添い、身近でありながら、優しく社会に浸透するアプリケーション開発を行っています。

■企業概要
近年注目を集める量子科学技術を活用した量子アニーリングに、大規模で高次元データを瞬時に処理するための要素技術として強い期待が寄せられています。特に工場や物流、農業、防災などをはじめとした広い範囲で、組合せ最適化問題による効率的なスケジュールの設計や、機械学習による予測に量子アニーリングを活用する動きが活発となっています。黎明期から発展期を迎える量子科学時代において、シグマアイは、独自の量子アニーリングマシンの性能の限界を超える根幹技術を持ち、量子アニーリングの活用事例を豊富に持つ東北大学の研究成果を社会に還元するために、様々な研究開発機関、事業会社との共同開発を進める世界でも屈指のスタートアップ企業です。

会社名 :株式会社シグマアイ
所在地 :東京都港区港南1-2-70 品川シーズンテラス6階
代表者 :大関真之・観山正道
設立 :2019年4月
会社HP: https://sigmailab.com

■ 本件に関するお問い合わせ先
株式会社シグマアイ 担当:藤倉
info@sigmailab.com
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)