医療・医薬・福祉

ポラリス、日本自立支援介護・パワーリハ学術大会で「会長特別賞」を受賞

株式会社ポラリス
~歩行困難な80代男性、1年で登山ができるまで回復した事例を評価~

全国で自立支援特化型通所介護施設(以下、「デイサービス」)を運営する株式会社ポラリス(代表取締役:森剛士、本社所在地:兵庫県宝塚市、以下「ポラリス」)は、6月19日(土)、20日(日)にタワーホール船堀(住所:東京都江戸川区船堀4-1-1)で開催された第19回・第20回合同日本自立支援介護・パワーリハ学術大会(以下「本大会」)にて「会長特別賞」を受賞したことをお知らせします。



1. 日本自立支援介護・パワーリハ学術大会とは
日本自立支援介護・パワーリハ学術大会は一般社団法人日本自立支援介護・パワーリハ学会が主催で、毎年定められたテーマに沿い、学会の会員が自立支援介護に関する研究成果や優秀な事例について発表する大会です。新型コロナウイルス感染症の影響により、2020年度(第19回)の大会は中止されましたので、今年は第19回と第20回を合同し、「介護学」への出発というテーマでリアル・オンラインの併用でタワーホール船堀(東京)で開催されました。
2. 2021年限りの「会長特別賞」
本大会では例年通り、優れた3つの発表に「会長賞」と「優秀賞」が与えられていますが、今年は優秀な事例が多数ありましたため、大会長 竹内 孝仁先生は通常の賞を加えて、今回限りの「会長特別賞」をさらに3つの発表に与えることを決めました。
その中で、ポラリスは石川県にあるトレーニングセンター三馬の発表が選出いただきました。
3. 受賞の背景
ポラリスでは介護保険を使わなくても、ある程度日常生活が送れることを卒業と呼び、本大会で受賞されたのは 「介護保険からの卒業を目指すデイサービス」という事例です。
【事例紹介】
81歳の男性、介護度:要支援2。日常生活でほぼ自立しているが、歩行は杖で、外出が困難。
【背景】
2019年5月2日山菜取りに行った際に滑落し、左脛骨近位関節内粉砕骨折と腰椎圧迫骨折の診断を受け入院。退院後、「体力をつけてまたグランドゴルフに参加したい」、「山登りもしたい」との思いからポラリスの利用開始。
【経過】
2019/09/12: 利用開始 パワーリハビリ6機種20回、Pウォーク(安全措置付きトレッドミル)1.5km/h 5分(125m)。屋外杖歩行20m。
2019/10: 自宅でのノルディックウォーク(840m)開始。
2020/04: 屋外ノルディックウォーク(1000m)13分。畑仕事ができるようになりました。
2020/10/31: 観音山(全長1260m)登山に行けました。
2020/12/29: 卒業
【まとめ】
歩行困難な状態に対し、運動学習理論に基づきパワーリハビリと歩行練習を行うことで、基本体力が向上し屋外歩行への意欲、「自信」も高まり、新たな目標が次々と持てるようになりました。今後の課題としては、卒業後の生活と活動が問題なく行えているか確認し、楽しみにされていた山菜取りに同行して、自信を持ってご自宅での生活が送れるように支援していきます。

【一般社団法人日本自立支援介護・パワーリハ学会について】
代表者:理事長 竹内 孝仁
所在地:新宿区四谷三栄町3番7号 森山ビル東館5階
TEL:03-5919-3824/FAX:03-5919-3827
URL: https://jsfrc-powerreha.jp/
主要事業:自立支援介護、パワーリハビリテーションに関する教育・研修を含む普及活動・学術研究等

【株式会社ポラリスについて】
代表取締役:森 剛士(もり つよし)
設立:2002年7月(2000年4月創業)
所在地: 兵庫県宝塚市旭町3丁目9番1号
TEL: 0797-57-5753(代)/ Fax: 0797-51-0210
URL:https://www.polaris.care/
事業内容:通所介護事業・居宅介護事業・研究開発事業・その他
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)