医療・医薬・福祉 教育・資格・人材

新しい蘇生教育ソリューション、「HeartCode BLS for RQI」と「RQI」を、レールダル メディカル社、アメリカ心臓協会、RQI Partners合同会社のパートナーシップにより開発

レールダル メディカル ジャパン株式会社
最新のガイドラインAHA 2020をもとに、eラーニングとスキルトレーニングを組み合わせた蘇生トレーニング

医療用機器輸入・販売を行うレールダル メディカル ジャパン株式会社はアメリカ心臓協会、RQI Partners合同会社とのパートナーシップにより開発された新しい蘇生教育ソリューション、「HeartCode BLS for RQI」と「RQI」を2021年7月1日より全国発売します。


RQIカートでスキルパートのトレーニング
医療用機器輸入・販売を行うレールダル メディカル ジャパン株式会社(本社:東京都千代田区、代表:スヴェン ホーコン クリステンセン)は2021年7月1日にアメリカ心臓協会(以下、AHA)とレールダル メディカル社のパートナーシップにより開発された新しい蘇生教育ソリューション「HeartCode BLS for RQI」と、AHAとレールダル メディカル社のパートナーシップにより生まれたRQI Partners合同会社で開発された「RQI」を全国発売します。

新型コロナウイルスにより集合型研修の実施が厳しい状況のなか、500万人を超えるお客様に、欧州、中東、北南米、アジアなど15か国以上の国々で導入が急速に進んでいる心肺蘇生教育の質の向上を目指す新しいデジタル プログラムとなります。




HeartCode BLS for RQI

「HeartCode BLS for RQI」は、最新のガイドラインAHA 2020をもとに、eラーニングとスキルトレーニングを組み合わせたトレーニングであり、受講者のペースですすめることができる柔軟で効率的な新しいソリューションです。

【HeartCode BLS for RQI の主な機能と特徴】
・最新の蘇生科学に基づいており、JRC 2020ガイドライン準拠
・付属トレーニング用カートは、24時間いつでも使用可能
・2年間有効な正式なAHA修了証( eCard型BLSプロバイダー) 及び、ご施設向け修了書の発行(オプション:ご施設のロゴを使用可能)
・インターネット接続環境は必須

https://laerdal.com/jp/products/courses-learning/heartcode-complete/


RQI

同時発売いたします「RQI」は、レールダルが提唱します「短時間で高頻度(LDHF:Low-Dose, High-Frequency)の質の高いCPR」を実践できるように設計され、知識やスキルを継続的にトレーニング可能な全く新しい心肺蘇生教育ソリューションです。

【 RQI の主な機能と特徴】
・最新の蘇生科学に基づいており、JRC 2020ガイドライン準拠
・受講者の知識と経験に合わせた初回導入プログラム(準備/導入コース)にてスムーズにBLSトレーニングに参加可能
・初回トレーニング後、3ヶ月毎に短時間(LDHF)で知識とスキルを継続学習可能
・RQI Analyticsツールで多数の受講者のパフォーマンスを収集・分析可能(日本語版は近日公開)
・付属トレーニング用カートは、24時間いつでも使用可能
・AHA BLSプロバイダーマニュアル(日本語電子版)へいつでもアクセス可能
・LearningRQI.comにアクセスすることで、最新の心肺蘇生に関する資料やエビデンスを得ることが可能
・2年間有効の正式なAHA終了証(eCard型BLSプロバイダー)
・インターネット接続環境は必須

CPR(心肺蘇生)教育が継続的に行われ、CPRの質が向上すれば、より多くの命が救われます。




 
将来、「HeartCode BLS for RQI」から「RQI」への移行時でも複雑な手続きは不要でスムーズに移行が可能な共通のプラットフォームを採用し、お客様のニーズに応じたソリューションを選んでいただけます。

https://laerdal.com/jp/services-and-programs/resuscitation-quality-improvement/


【HeartCode BLS for RQI / RQI の各コンテンツと特徴】
▼eラーニング パート
eラーニング
 ・救命の連鎖のステップ
 ・成人、小児、乳児の質の高いCPRの実施方法
 ・AEDの使用方法
 ・複数の救助者が蘇生に当たる場合に効果的なチームダイナミクス
 ・BLSにおける特別な考慮事項の対応法
 ・成人、小児、乳児の異物による気道閉塞の解除方法
 ・4つの認知評価アクティビティインタラクティブな患者ケアシナリオで学習者は仮想環境の中で、心停止の緊急事態の兆候を認識し、応答システムを起動し、CPRを開始する練習を提供

▼特徴
 ・付属スキルステーションでのスキルトレーニングを受講者のタイミングとペースで実施可能
 ・スキルトレーニングをパッケージ化することで、リソースとコストを削減可能
 ・最新の学習方法アダプティブ ラーニングを採用し、個々の受講者の知識に合わせてリアルタイムで学習内容やフィードバックが変化
 ・パソコン、タブレット、スマートフォンなど様々なデバイスからアクセス可能

▼スキルトレーニング パート
スキルパート

 ・成人と小児の圧迫・人工呼吸
 ・成人:2人の救助者によるCPR
 (HeartCode BLS for RQIのみ)
 ・乳児の圧迫・人工呼吸
 ・乳児:2人の救助者によるCPR
 (HeartCode BLS for RQIのみ)





■レールダル メディカル ジャパン について
レールダル メディカル ジャパンは、レールダル メディカル社の日本法人です。レールダル メディカル社は1940年創業。本社はノルウェーのスタバンガーにあり、世界25カ国で業務を展開しています。1960年に近代的な蘇生技術(レサシアン)を発売するなど、「救命への貢献」のミッションのもと60年以上にわたり患者の転帰を改善し救命率を高めるためのトレーニング製品、医療教育サービス、ソリューションを提供し、救命医療に貢献しています。
・社名:レールダル メディカル ジャパン株式会社
・本社所在地:〒102-0075 東京都千代田区三番町6-26 住友不動産三番町ビル
・代表者:代表取締役 スヴェン ホーコン クリステンセン
・URL:https://www.laerdal.com/jp
・事業内容:医療用機器輸入ならびに販売

■本リリースに関するお問い合わせ先
レールダル メディカル ジャパン株式会社
担当者:マーケティング部 吉田/後藤
メール:info.jp@laerdal.com
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)