美容・健康

トイメディカル株式会社は、熊本大学との共同研究によりアルギン酸類が生体内で過剰な塩分を吸着し、『排塩』を促すことを明らかにしました。

トイメディカル株式会社

トイメディカル株式会社(本社:熊本県上益城郡御船町)は、熊本大学との共同研究によりアルギン酸類が生体内で過剰な塩分を吸着し、『排塩』を促すことを明らかにしました。学術誌である「Heliyon」に論文が掲載されましたので、ご紹介いたします。この研究結果に基づき、アルギン酸類を配合して開発したのが弊社製品の排塩サプリメント「Del Salt (デルソル)」 です。


概要

無塩・減塩ではない新たな塩分コントロールのカタチとして『排塩』を実現できる化合物をスクリーニングにより
探し出し、食物繊維の一種であるアルギン酸類が食後の塩分吸収を抑え『排塩』を促すことを明らかにしました。
アルギン酸類のなかでも『排塩』を促す化合物の候補として見出した「アルギン酸カルシウム」と「アルギン酸アンモニウム」は、塩分摂取モデルマウスに投与することで、対照群と比較して血液中の塩分 (NaCl) 濃度を有意に低下させました。また、これらのアルギン酸類は糞便中に排泄される塩分量を増加させたことから、まさに『排塩』という新たなメカニズムで機能していることをマウスを用いた研究にて明らかにしました。

原文はこちら:https://bit.ly/3tsI4jp

論文筆頭著者:藤原 章雄〔略歴〕
熊本大学大学院薬学研究科博士課程修了、博士(薬学)
熊本大学大学院生命科学研究部 助教(2007年-2014年)
ピッツバーグ大学(アメリカ ペンシルバニア州)短期留学(2012年)
熊本大学大学院生命科学研究部 講師(2015年-)
研究室HP:http://srv02.medic.kumamoto-u.ac.jp/dept/patho2/pages/fujiwara.html


今後の弊社の展望

今後は、弊社製品のDel Salt (デルソル)を塩分摂取制限に苦しむ食塩感受性高血圧や腎不全患者様への新たな塩分コントロールを提供する健康補助食品やサプリメントとして発展させていけるように効果を検証していく予定です。


原文(日本語訳)

<研究の背景・目的>
現在世界では10億人を超える人々が高血圧に罹患しており、高血圧に伴う脳血管疾患や腎機能障害などの疾患リスクにさらされています。この高血圧の原因の一つとして、生体への塩分の過剰蓄積が知られていることから、この過剰摂取した塩分を効果的に排泄する方法、例えば、食物による塩分吸着を利用した『排塩』が実現できれば、食塩感受性高血圧の改善を含め、健康の維持に貢献することが期待できます。

海藻は古くから親しまれている食材であり様々な生理学的機能を有することが知られています。また、海藻に含まれる代表的な成分であるアルギン酸類(多糖類の一種)は、食品添加物として増粘剤。ゲル化剤、安定化剤として汎用されています。このアルギン酸は 2 種類のウロン酸 (マンヌロン酸、グルロン酸) から構成されており、高いイオン交換能を有することが知られているため、アルギン酸はNa+(ナトリウムイオン)、K+(カリウムイオン)、Ca2+(カルシウムイオン)などのアルカリ金属イオンと金属塩を形成します。このような性質から、多糖類であるアルギン酸は消化管において、食塩(NaCl)を構成するNa+(ナトリウムイオン)と結合(吸着)すると考えられます。

これまでにアルギン酸類の中でも、アルギン酸カリウムが食塩感受性高血圧モデルラットにおいて血圧降下作用を示すことが報告されていますが、アルギン酸カリウムは上記のように食塩(NaCl)を構成するNa+(ナトリウムイオン)を吸着するものの、高血圧の合併症である腎障害の悪化に関与するK+(カリウムイオン)を逆に放出してしまうため、その問題点を有さない新たな候補素材の探索が必要でありました。

<方法・結果>
そこで、本研究では候補素材として約20 種類の食物繊維に着目し、それらのナトリウム吸着能およびカリウム放出能を評価しました。その結果、アルギン酸カルシウム (CAL) ならびにアルギン酸アンモニウム (AAL) では、カリウムの放出を認めることなく、優れた塩分吸着能が認められました。 そこで、これらCALおよびAALを用いて、食塩負荷マウスにおける効果を検証したところ、これら候補素材はいずれも対照群と比較して血中ナトリウム濃度を有意に低下させ、糞便中ナトリウム排泄を促進しました。ゆえに、アルギン酸カルシウムおよびアルギン酸アンモニウム (AAL)は「排塩」により体内への塩分吸収を制御していることが示唆されました。


会社概要

会社名:トイメディカル株式会社
設立年月日: 2013年10月9日
本社所在地:熊本県上益城郡御船町豊秋750-1
代表者:代表取締役社長 竹下 英徳
事業内容:医療機器・健康食品・美容品の開発及び販売
URL: http://www.toymedical.jp/
TEL:096-281-0007
FAX:096-281-0008
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)