医療・医薬・福祉 その他

定時社員総会開催と会長選出に関するお知らせ

株式会社日本アメニティライフ協会
公益社団法人日本認知症グループホーム協会 

2021年7月1日





公益社団日本認知症グループホーム協会は、6月24日に、東京都千代田区・主婦会館プラザエフで第13回定時社員総会を開催した。総会では、全国の代議員から信任を得て、社会医療法人慈薫会理事長の河崎茂子氏が会長に重任となった。
その後、河崎氏は業務執行理事の選定に入り、理事会において、医療法人サンメディコ理事長の下田肇氏と、慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科特任教授(元・厚生労働省保険局長)の唐澤剛氏を指名し、出席理事の同意を得た。下田氏は重任、唐澤氏は新任。
河崎会長は任期2年間の目標として、令和6年度の医療・介護ダブル改定に向けて「グループホームの経営安定を図ること」、「人手不足の中でも人材を確保すること」、「認知症ケアの質を向上させること」、「協会の基盤を強化すること」の4点をあげ、正副会長を中心に全員でその達成に力を注ぐことを宣言した。
以上
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)