美容・健康 食品・飲料

生きて腸まで届く「植物乳酸菌」を含む乳酸菌飲料が粘膜免疫「IgA抗体」を増やす

野村乳業株式会社
野村乳業株式会社(本社:広島県安芸郡府中町、代表取締役社長:野村 光男)は、「ウィズ・コロナ時代」の健康管理に重要な「免疫」に関する試験・調査を行いました。生きて腸まで届く植物乳酸菌を含む乳酸菌飲料を継続摂取することで、粘膜免疫「IgA(免疫グロブリンA)抗体」が増加するという調査結果が出たことをお知らせいたします。



【試験・調査の背景と目的】
新型コロナの感染拡大は、消費者の健康志向をさらに刺激することになり、感染症に対して免疫力を高めるとされるヨーグルトや乳酸菌飲料をはじめとする発酵食品への関心を急速に高めています。しかし、その科学的な裏付け(エビデンス)は十分なものとは言えません。「免疫」とは文字通り「病気にかからない」ための体のしくみです。体の最前線である口や鼻、腸粘膜で活躍している免疫物質に「IgA(免疫グロブリンA)抗体」があります。IgA抗体は外から体内に侵入しようとする敵(ウイルスや細菌)を包んで排除してくれます。IgA抗体はとくに母乳に多く含まれ、生まれたばかりの赤ちゃんの健康を守ることで知られていますが、唾液や鼻水にも多く含まれています。「乳酸菌」には経口摂取によりIgA抗体を増やす働き(免疫賦活作用)があることが知られていますが、野村乳業が発酵に使用している植物乳酸菌も免疫賦活作用が示唆されていました。今回、消費者に植物乳酸菌が免疫に与える影響を正しく伝えたく、乳酸菌摂取による唾液中のIgA抗体量の変化を試験・調査を行いました。

【調査期間】
2021年3月1日(月)~3月28日(日)

■リリース全文は以下URLよりダウンロードください。
https://prtimes.jp/a/?f=d55083-20210701-6726.pdf
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)