美容・健康

ポーラ化成、ウェルネステック※プロジェクト“me-fullness”をスタート

株式会社ポーラ・オルビスホールディングス
プロジェクトの推進のため小沼敏郎氏がme-fullness特別顧問に就任

 ポーラ・オルビスグループの研究・開発・生産を担うポーラ化成工業株式会社(本社:神奈川県横浜市、社長:釘丸和也)は、ウェルネステックプロジェクト“me-fullness(ミーフルネス)”をスタートします。またマルチクリエイターとして活躍する小沼敏郎氏を「me-fullness特別顧問」に迎え、プロジェクトの動きを加速させます。 ※ 心も体も健康で満たされた状態(Well-being)を叶える技術のこと



誰もが十分に「自分の能力」を発揮できる世界の実現を目指すプロジェクト“me-fullness”


 “me-fullness”とは、心(mind)と体(body)、つまり自分自身(me)が満たされている状態を表す造語です。
 ポーラ化成では、リラックスできない、集中できない、本来の能力を発揮できないといった悩みを抱える方が多く存在する現状に着目し、me-fullnessの実現を通じて、誰もが十分に「自分の能力」を発揮できる世界を目指しています。今後、「ありたい状態」へシームレスに切り替えられる技術を活用し、QOL(クオリティ・オブ・ライフ)の向上を通じてウェルビーイングの実現に貢献していきます。



「自己の状態分析」×「五感を通じた体験」で、ありたい状態への切り替えを助ける

 この度、第1弾としてこれまで自社内で蓄積されてきた技術をベースにスマートフォン向けアプリを開発しています(図1)。自己の状態分析には、顔の動画から心や体の状態を推定する機能を搭載。また、化粧品の感触を起点とした触覚研究をもとに、五感を通じて心や体を満たす体験プログラムを構築しました。これらにより、そのときどきの状態に基づき自分のありたい状態に近づける体験が可能です。例えば集中するために頭をシャキっと活性化させる、頑張った後などに思考をクールダウンさせる、オフタイムなどに心身を開放させるといったメニューを用意しました。
 本アプリの実証試験では、多くの方が心や体の切り替えを実感したことが確認できたため(補足資料1)、今後本アプリを活用して事業化を目指します。本アプリは7月から先行して企業向けにテスト導入をはじめ、本年秋までに一般向けにもリリースする予定です。




オープンイノベーションのパートナーを募集

 本プロジェクトでは、アプリの機能拡充にとどまらず、分析技術の進化(睡眠・脳活動・メンタルヘルス・パフォーマンスなど)や五感を通じた体験メニューの拡張(食・香り・コーチング・スポーツ・玩具・旅行・教育など)を目指しています。そのためこの度、プロジェクトの特別顧問に小沼敏郎氏をお招きし(補足資料2)、広くオープンイノベーションのパートナーを募集することとなりました。詳細およびお問い合わせについてはme-fullness公式ホームページを参照ください。 https://me-fullness.com/


【補足資料1】 アプリ開発の背景と実証試験について


【アプリ開発の背景】
 心や体のバランスの崩れはQOLの低下や心身の疾患リスクにつながることから、社会課題となっており注目されています。実際に、「気持ちの切り替えがうまくいかず、本来の力を発揮できない」という悩みを持った方が31%存在していました(下記の実証試験時の調査)。
 本アプリはこの課題解決に向けて作られました。企業や団体が、従業員の心や体の健康状態を維持管理する際にも役立つと期待しています。
【実証試験】
 20~40代の男女1,487名に、約1週間にわたり、1日1回以上、本アプリを自由にお使いいただいたところ、参加者の約7割が気持ちの切り替え効果を実感したと答え、9割以上がさらなる体験メニューにも期待を抱いていました(図2)。なかでも「気持ちの切り替えができず本来の力を発揮できない」と感じている方々は当てはまる割合が高く、本アプリの力をより実感しやすかったと言えます。そのほか、継続的に使用したい、セルフケア意識が高まったと答えた方も7~9割となりました。




【補足資料2】 小沼敏郎氏が 「me-fullness特別顧問」 に就任し、トータルプロデュース

 me-fullnessプロジェクトでは、本プロジェクトの構想段階からサポートしてくださっている小沼敏郎氏をこの度「me-fullness特別顧問」に迎え、オープンイノベーションからブランド世界観/コンテンツクリエイティブまで、トータルでプロデュースいただきます。

【小沼氏メッセージ】
 ポーラ化成研究所のユニークな技術と、これからの社会・世界でキーになる「ウェルビーイング」というコンセプトが出会い生まれたウェルネステック プロジェクトがme-fullnessです。研究領域・サービス領域・プロダクト領域・デジタルコンテンツ領域、それぞれでオープンイノベーションを加速させ、やさしい世界をつくっていきます。


▼小沼 敏郎 Toshiro Konuma
 マルチクリエイター / ビジネスプロデューサー /
 テクノロジーストラテジスト / 作家
 幅広い領域でクリエイティブを手掛けるほか、
 企業経営(コーポレイト・ストラテジー)アドバイザリー、
 新規事業・オープンイノベーション戦略パートナー、
 ベンチャー経営への参画等、ビジネスサイドでも活動。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)