医療・医薬・福祉

メディカルノート、『ITPお悩みチャットボット』の提供を開始

株式会社メディカルノート
ノバルティス ファーマとの協業で、ITP(特発性血小板減少性紫斑病)患者さんに向けて、デジタルプラットフォームを活用した、日々のお悩みや不安を解消する患者さんサポートを提供

株式会社メディカルノート(本社:東京都港区、代表取締役CEO:梅田 裕真、代表取締役:井上 祥、以下「メディカルノート」)は、この度、ノバルティス ファーマ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:レオ・リー、以下「ノバルティス ファーマ」)との協働のもと、ITP(特発性血小板減少性紫斑病)患者さんのお悩みや不安を解消するためのサービス『ITPお悩みチャットボット』の提供を開始しました。





サービス提供の背景

ITP(特発性血小板減少性紫斑病)は、血液中の血小板の数が10万/μL(マイクロリットル)以下に減少する病気で、難治性疾患の1つです。はっきりとした原因が分かっておらず、国内では毎年新たに3,000人の方がITPと診断されているといわれています。血小板の減少によって出血しやすくなるほか、出血が止まりにくくなるといった症状がみられます。

ITP患者さんのなかには、血小板数や症状が落ち着くと頻繁に通院する必要がなくなる方もおり、それに伴い医師とのコミュニケーションの機会が減っていくことがあります。そうした状況のなかでも患者さん自身が日々の小さな体調の変化を見逃さず、日常生活のなかでの疑問や不安を気軽に相談できるような環境を構築することが、今回の取り組みの目的です。


ITPお悩みチャットボットについて

今回、ノバルティス ファーマと協働し提供する『ITPお悩みチャットボット』は、これまでは通院時にしかできなかった医師に対するささいな質問や悩みをいつでもチャットボットで相談できるようにしたものです。患者さんは、チャットボットにITPに関する質問や不安を相談すると、医師監修済みの回答をいつでも得ることができます。

チャットボット機能で解決しないお悩みについては、メディカルノートが独自に提供するオンライン医療相談サービス「Medical Note医療相談」と連携し、患者さん一人ひとりに合わせたサポートを提供します。

本取り組みによって、ITP患者さんの精神的な負担の軽減や、ITP患者さんが主体的に治療に取り組むこと等が期待されます。


▽ITPお悩みチャットボットへのアクセスはこちらから
https://medicalnote.jp/features/chatbot/itp_p/?pr_m


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
■株式会社メディカルノートの概要

株式会社メディカルノートは、「すべての人が“医療”に迷わない社会へ」というミッションを掲げ、第一線で活躍を続ける医師や専門家の協力のもと、医療・ヘルスケアプラットフォーム「Medical Note」やオンライン医療相談サービス「Medical Note医療相談」、医療機関向けDX支援SaaS「Hospital Manager」などを提供しています。ITを活用することで医療をより身近なものとし、誰もが最適な医療を選択できるとともに、国や医師、医療従事者だけでなく、すべての人の力で“医療”を支え、発展させ続ける社会を実現します。

会社名:株式会社メディカルノート
設立:2014年10月
所在地:〒105-6414 東京都港区虎ノ門一丁目17番1号 虎ノ門ヒルズビジネスタワー14階
代表取締役CEO:梅田 裕真
代表取締役:井上 祥
事業内容:デジタルヘルスケアプラットフォーム事業・ヘルスケアDX事業
コーポレートサイト: https://medicalnote.co.jp/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)