教育・資格・人材 医療・医薬・福祉

大正大学とシダックスが協働、学生・教職員を対象に新型コロナワクチンの「職域接種」を実施大学と民間企業の連携で、学生の安全確保を推進

学校法人 大正大学
大正大学(学長:高橋秀裕、所在地:東京都豊島区)とシダックス株式会社(東京都渋谷区/代表取締役社長:志太 勤一)は、2021年7月10日(土)より、大正大学の学生および教職員を主たる対象とし、キャンパス内での新型コロナウイルスワクチン「職域接種」を開始します。




 新型コロナワクチン接種に関する自治体の負担を軽減し、接種の加速化を図っていくため、2021年6月21日(月)から、企業や大学等における職域単位での新型コロナワクチンの接種が可能になりました(※1)。これを受け、大正大学のキャンパス内にて、2021年7月10日(土)~8月31日(火)の火曜・土曜の計8回、所属する学生および、教職員を主たる対象としてワクチン接種を、シダックスが受託し実施します。大正大学は人文・社会学系の大学であり、医学部などの医療系学部はありませんが、学校医の協力のもと、早期のワクチン接種実現に向けて調整し、「職域接種」を開始することとしました。
 それに先立ち、2021年7月5日(月)より、大正大学のポータルサイトからの予約開始と、学生への不安や混乱を避けることを目的に、専用のコールセンターを開設します。
 予約システム、コールセンター、キャンパス内接種会場の運営(設営・案内)は、企業の複数業務をワンストップで受託運営しているシダックスのトータルアウトソーシング事業本部が協働で行います。シダックスグループでは、社会サービスを生業とする事業子会社が、すでに10の自治体から30カ所の接種会場の運営を受託しておりますが、大学キャンパス内での職域接種業務受託は初めてとなります。グループ内でも連携しながらスムーズなワクチン接種の実施に努めてまいります。
※1:厚生労働省健康局健康課予防接種室「新型コロナワクチンの職域接種の開始について」
https://www.kantei.go.jp/jp/content/000083412.pdf

【本件のポイント】

 医療系学部を持たない人文・社会学系の大正大学がキャンパス内での新型コロナウイルスワクチン「職域接種」を、いち早く開始します。
 シダックス株式会社のトータルアウトソーシング事業本部との協働により、上記を実現。シダックスグループとしては、大学キャンパス内での職域接種業務受託は初の試み。
 職域接種の受付は、予約システムを用い、また、コールセンターも専用に開設します。


◆大正大学
大正大学は、設立四宗派の天台宗・真言宗豊山派・真言宗智山派・浄土宗および時宗が協働して運営する大学です。その協働の精神を支えているのが、大正15年(1926)の創立時に本学が掲げた、「智慧と慈悲の実践」という建学の理念です。建学の理念のもとに〈慈悲・自灯明・中道・共生〉という仏教精神に根ざした教育ビジョン「4つの人となる」を掲げて教育研究の活動を展開しています。また、令和2年度文部科学省「知識集約型社会を支える人材育成事業」に本学の推進する「新時代の地域のあり方を構想する地域戦略人材育成事業」が採択されました。公式HP:https://www.tais.ac.jp/


◆シダックス株式会社
1959年、東京都調布市の社員食堂で開始した食事提供業務を祖業とし、今日では従業員約36,000名を有する総合サービス企業です。全国の企業、学校、保育園・幼稚園、病院、高齢者施設等において1日72万食の食事提供業務を担うフードサービス、企業・官公庁所有の役員車・公用車等約3,600台を担う車両運行サービス、自治体の公共施設(学校給食、学童保育、観光施設、図書館等)のPFIといった2,000件以上の運営を担う社会サービスの3つを基幹事業としています。
シダックスグループは、クライアント様の「場」をお借りして、当社の従業員がプロフェッショナルなサービスを提供するビジネスモデルを主体とし、事業を通じてさまざまな社会課題の解決をめざしてまいります。公式HP:https://www.shidax.co.jp
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)