美容・健康 自然・環境

ネイチャーズウェイが参加している容器再利用のショッピングプラットフォーム“Loop”、7月12日よりLoop ECサイトの利用希望者の受付開始

株式会社ネイチャーズウェイ
株式会社ネイチャーズウェイ(本社:愛知県名古屋市、代表取締役社長:萩原吉晃 )は、テラサイクル(アメリカ・ニュージャージー州)の子会社であるLoop Japan 合同会社のショッピングプラットフォーム“ Loop ”にブランドパートナーとして参加しています。2021年8月31日のオープンを予定しているLoop ECサイトの利用希望者の第一次受付が、7月12日より開始します。






Loop参加背景

「自然との融和による美と健康の創造」を企業理念に掲げるネイチャーズウェイは、1974年の創業以来、自然素材に拘った製品作りだけでなく、企業活動で生じる環境負荷を可能な限り低減するよう努力してきました。

2020年2月より、リサイクル事業を推進されているテラサイクルと協働し、従来自社だけでは難しかった使用済み化粧品容器の回収し、リサイクル・アップサイクルを実施しております。

今回、Loopの取組みの内容・理念に共感し、容器のリユースに着目したショッピングプラットフォームであるLoopにパートナー企業として参加しております。当社が開発・製造しているヘアケアブランド「エレキュイール」と日本の正規代理店を務める「ドクターブロナー」ブランドの一部の商品を、2021年5月25日(火)よりAEONの一部店頭とネットスーパーにて販売しております。本プログラムを通じて、プロダクトライフサイクルの循環を実現できるとともに、世界的に注目されているプラスチック問題へ貢献してまいります。


Loopについて(ECモデル)



従来使い捨てされていたプラスチック製の一般消費財容器や食品パッケージを、ステンレスやガラスなど繰り返し利用が可能な耐久性の高いものに変えることで、サーキュラーエコノミーの実現を目指すシステムです。
2019年1月に発表以降、既に世界 5か国(米、仏、英、加、日)で展開されており、今後オーストラリアやドイツなど計7か国で展開する予定です。日本では2021年5月25日より一部AEONにてサービスを開始しておりますが、今夏のオープンを予定しているLoop ECサイトの実証実験への参加希望者の第一次受付を7月12日より開始いたします。
Loop ECサイト⇒https://loopstore.jp/


展開製品

■ナチュラルスキンケア処方のヘアケアブランド「エレキュイール」


スリーエレメントシャンプー (L&F)
グロッシー&スムースコンディショナー(L&F)
各400mL 4,510円(税抜価格:4,100円)※容器代550円(税込)含む

私のキレイだけでなく、環境のキレイも叶える「エレキュイール」。頭皮の油分・水分・美髪フローラ*1に着目し、厳選したオーガニック植物配合のナチュラルスキンケア処方のヘアケア。頭皮のニオイを抑えて*2扱いやすいサラサラ髪へ。前向きな気持ちをもたらすオリジナルブレンドの香りのシャンプーとコンディショナーです。
「エレキュイール」ブランドサイト⇒http://www.elecuir.jp

*1 頭皮にある表皮ブドウ球菌、アクネ菌、黄色ブドウ球菌、マラセチア菌 *2香りによる

■カリフォルニア発、アースフレンドリーなオーガニックボディケアブランド「ドクターブロナー」


ドクターブロナー マジックソープ
全2種(CI:シトラスオレンジ、BA:ベビーマイルド)*Loopでの取扱いは2種のみとなります。
各450mL 3,300円(税抜価格:3,000円)※容器代550円(税込)含む

天然由来成分100%で、無農薬有機栽培で育てられたオーガニック原材料を使用。少量でもしっかり泡立ち、肌のうるおいを守りながらすっきりと洗い上げるので、デリケートな肌の方にも心地よくご使用いただけます。濃厚な天然洗浄成分配合なので、使い方も色々。エコロジカルで高い品質が支持されて、2000年から全米売上げNo.1*のナチュラルソープに選ばれています。
「ドクターブロナー」ブランドサイト⇒https://www.drbronner.jp

*SPINS社調べ 2000年~2020年


<株式会社ネイチャーズウェイ>
ネイチャーズウェイは1974年の創業以来、肌へのやさしさを追求し、自然素材にこだわった化粧品を提供し続けています。環境問題にもいち早く取り組み、「ネイチャーズウェイ環境基金」を設立。売上の一部を環境保護活動や、社会貢献活動に役立てています。また、製造や販売などの企業活動で生じる環境負荷を低減する取り組みも行っています。自然化粧品を通じ社会貢献を願うネイチャーズウェイは、これからも自然との関わりの中で歩んでまいります。
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)