医療・医薬・福祉 ネットサービス・アプリ

認知症・障害の方の道迷いや遺失物の早期発見支援サービスおかえりQR日本郵便 関東支社エリアで販売開始

株式会社昭文社
この10月25日から首都圏1都7県の計4,810局にて展開

当社は、2019年10月25日より、認知症の方、発達障害を始めとする障害者の方や迷子の方、遺失物等の早期発見支援サービス「おかえりQR」を、日本郵便株式会社関東支社および明治学院大学 社会学部 岡本多喜子教授のご協力の下、埼玉県、千葉県、群馬県、栃木県、茨城県の郵便局2,394局(※)にて店頭販売を開始いたしますことをお知らせいたします。 これにより、おかえりQRを販売する郵便局数は、1都7県、計4,810局(※)となります。 ※:2019年9月現在の郵便局数 7月に東京都、9月に神奈川県・山梨県の郵便局窓口にて本格販売を開始したおかえりQRが、このたび日本郵便関東支社エリアの郵便局でもご購入いただけるようになり、東京、神奈川、山梨、埼玉、千葉、群馬、栃木、茨城の各都県、すなわち首都圏全域で対面販売を展開できることとなりました。  今後、さらなる販売エリアの拡大および認知の向上に、鋭意取り組んでまいります。


 株式会社昭文社(東京都千代田区、代表取締役社長 黒田 茂夫、東証コード:9475)は、認知症の方、発達障害を始めとする障害者の方や迷子の方、遺失物等の早期発見支援サービス「おかえりQR」を、日本郵便株式会社関東支社(埼玉県さいたま市中央区、支社長 西澤 茂樹)および明治学院大学(東京都港区、学長 松原 康雄)社会学部 岡本多喜子教授のご協力の下、10月25日より埼玉県、千葉県、群馬県、栃木県、茨城県の郵便局2,394局(※)にて店頭販売を開始いたしますことをお知らせいたします。
 これにより、おかえりQRを販売する郵便局数は、1都7県、計4,810局(※)となります。
※:2019年9月現在の郵便局数
おかえりQR 利用シーンイメージ
シール本体
)) 首都圏全域の郵便局で店頭販売開始! ((
 7月に東京都、9月に神奈川県・山梨県の郵便局窓口にて本格販売を開始したおかえりQRが、このたび日本郵便関東支社エリアの郵便局でもご購入いただけるようになり、東京、神奈川、山梨、埼玉、千葉、群馬、栃木、茨城の各都県、すなわち首都圏全域で対面販売を展開できることとなりました。
 とりわけ埼玉県は昨年1年間の認知症由来の行方不明者数(警察庁調べ)が、全国で2番目、首都圏で一番多く、喫緊の課題となっており、当社でも昨年秋から県内の一部地域で試行販売を行いました。
 今後、さらなる販売エリアの拡大および認知の向上に、鋭意取り組んでまいります。

)) おかえりQR商品概要 ((
商品名  : おかえりQR
体裁・枚数: シール本体 大4枚(H43mm×W60mm)、
       小6枚(H25mm×W35mm)+取扱説明書
発売日  : 2019年7月24日・・・東京都、2019年9月10日・・・神奈川県・山梨県
       2019年10月25日・・・埼玉県・千葉県・群馬県・栃木県・茨城県
       ほかオンラインストア(Amazon、楽天市場)で販売中
定価   : 1,800円+税
公式サイト: https://www.mapple-search.biz/
発売元  : 株式会社 昭文社
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
本コーナーの内容に関するお問い合わせ、または掲載についてのお問い合わせは株式会社 PR TIMES ()までご連絡ください。製品、サービスなどに関するお問い合わせは、それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

関連記事(PRTIMES)

横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会